サンリオピューロランド 入場券を高価買取します。

サンリオピューロランド 入場券 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
サンリオピューロランド 入場券
サンリオピューロランド 入場券 詳細はこちら
サンリオピューロランド 入場券
サンリオピューロランド 入場券

(2013年7月16日現在のデザイン)



サンリオピューロランド

サンリオピューロランド(Sanrio Puroland)は東京都多摩市にある屋内型テーマパーク。株式会社サンリオの100%子会社である株式会社サンリオエンターテイメントが運営している。 サンリオが抱えるハローキティなどのキャラクターをモチーフとしたキャラクターテーマパークで、ショー系のアトラクションを主に展開する。


概要

園内は1階の広場「ピューロビレッジ」に設置された「知恵の木」と「知恵の木ステージ」を中心として、周囲にショー系のアトラクション4つ(「ディスカバリーシアター」「メルヘンシアター」「フェアリーランドシアター」「エンターテインメントホール」)が設置され、ピューロビレッジの周囲上部をライド系のアトラクションが周回する構造になっている。園内1階から2階は吹き抜けになっており、3階に出入口とホール、物販施設が位置する。4階は飲食施設3箇所と物販施設がある。館内には段差が存在するためベビーカーは使用不可となっており、ベビーカーを利用して来園した場合は入園口で預ける事となる。車椅子利用者は入館可能で、館内の移動はエレベーターを利用する。また車椅子利用者に対するパレード・ショーの優先入場エリアも存在する。

地下は2層構造になっており、駐車場のほか、バックヤードと各種設備(給排水、電源、給排気、空調など)がある。建物の総面積は「およそ武道館の4倍」で、消防法で定められた園内(館内)の最大定員(ピーク・イン・ピーク)は6200名と決められている。

開園当初は完全前売り予約制だったが、後に当日券の販売も開始した。入園チケットには、入園と無料ショーなどの観覧のみが可能な「入場券」と、各種アトラクションが無制限に利用できる「パスポート」券がある。また、入場券のみで入園した場合でも、園内で別途「アトラクション・チケット」を購入することで、アトラクションの利用も可能となる。アトラクション・チケットは、パスポート券と同等の効果を追加できる「フリーアトラクション券」と、点数使い切りの「JOY券」とがある。

園内には数箇所の物販施設が点在し、サンリオのオリジナルグッズやキャラクター商品、映像・音楽ソフト、衣料品、菓子、飲料水などが販売されている。また子供向けの有料ゲームコーナーなどのアミューズメント設備もある。飲食施設は園内の1階と4階に合計4箇所あり、フードコートやカフェテリア、食べ放題形式などがある。1階のピューロビレッジと、3階のホールや4階のフードマシンレストランなどでサンリオキャラクターのグリーティングが行われる。

飲食物の持ち込みについて特に禁止はされていないが、弁当などを広げて食べるスペースは設けられていない[1]。出入口で手にスタンプを押してもらうことで、同日の再入園が可能となる。

鉄路の場合、多摩センター駅(京王相模原線、小田急多摩線、多摩都市モノレール線)が最寄り駅となり、羽田空港や成田空港からは、同駅まで東京空港交通のリムジンバスも出ている。

サンリオピューロランドには、当初「ピューロキャラクター」というキャラクターが存在した。「サンリオピューロランド誕生物語」(テーマパークとしての誕生ストーリー)の基礎を成す重要なキャラクター達だったが、サンリオピューロランドのテーマ性変更に伴い存在自体が消滅していった。現在でもピューロビレッジなど館内の一部にピューロキャラクターが残っている。


ライブショー、アトラクション

ライブショー

館内1階の「ピューロビレッジ」、または1階中央の「知恵の木ステージ」で上演されるショー。入場券のみで観覧できる。

  • 『サンリオハートフルパレード “Believe”』(2007年6月15日 - )ピューロビレッジで展開されるパレードショー。テーマ曲『ココロつなぐリズム』(作曲 : 大江千里、テーマ曲振り付け : KABA.ちゃん[2])(協賛 : 伊藤ハム・ECC)
  • 知恵の木ステージ
    • シナモン10周年記念レビューショー「シナモンせかい旅行」(2012年12月14日 - )
      • ショーで仕様される楽曲はシナモロールのファンであるOSTER projectによる提供。
    • 『ジュエルペットのどきどき!マジカル☆マーチ』(2010年7月17日 - )
    • 『ハッピー はっぴ〜 バースデー SHOW』

ショー型アトラクション

パスポートもしくはアトラクション・チケットの購入で入場できる劇場形式のアトラクション。「 メルヘンシアター」「ディスカバリーシアター」「フェアリーランドシアター」「エンターテイメントホール」の4箇所で、それぞれ異なった演目が上演される。

  • メルヘンシアター(協賛 : セディナ)
    • 『不思議の国のハローキティ』(2013年4月20日 - 、協賛 : 三城)ハローキティ プレ40周年記念ミュージカル。
  • ディスカバリーシアター(協賛 : 富士通)
    • 『ジュエルペット きら☆デコッ!ミュージカル 〜めざせ!NO.1アイドル〜』(2012年6月23日 - )
  • フェアリーランドシアター(協賛 : セディナ)
    • 『マイメロディの星と花の伝説』(2011年6月25日 - )
    • 『バラエティ→でいこう!』
    • フェアリーランドシアターでは結婚式を挙げることも可能である。
  • エンターテイメントホール
    • 『パワー・ザ・キティ』(2012年10月27日 - 2013年6月9日)

ショー以外のアトラクション

利用にはパスポートもしくはアトラクション・チケットが必要。

  • サンリオキャラクターボートライド(協賛 : 富国生命保険)
    • 園内唯一のライド型アトラクション(「ゲームコーナー」のアミューズメント遊具を除く)。園内上部を一周するように設置されている。
  • キティズハウス(協賛 : 大昭和紙工産業)
    • 「ハローキティの家」を見物し、最後にハローキティのキャラクターグリーティングと記念写真を撮ることができるアトラクション。

その他ショー

  • 飲食施設「館のレストラン」内で飲食しながら観覧するショーやキャラクターグリーティング。
    • 『レストランプチライブ「join!☆Kitty」』
    • 『ディナーショー』(予約制)
    • 『キャラクターバースデーパーティ』(ファンクラブ会員限定・予約制)キャラクターそれぞれに設定された「誕生日」に開催されるショーイベント。

運営企業

1987年11月に運営会社となる株式会社サンリオ・コミュニケーション・ワールドを設立し、1988年11月に着工、1990年12月に開園した。サンリオ社長の辻信太郎は、ピューロランドの用地は、当初サンリオの倉庫を建設する目的で購入したとしている(2006年度株主総会の談話より)[3]。初期投資額は約720億円で、1980年代のサンリオによる株式投資の利益を充当した[4]。1999年8月に、サンリオ・コミュニケーション・ワールドの社名を株式会社サンリオピューロランド (Sanrio Puroland Co.,Ltd.) へ変更。2009年7月1日より、同じサンリオグループのテーマパーク運営会社である株式会社ハーモニーランドと経営を統合し、新設会社の株式会社サンリオエンターテイメントが運営している。

一時期、東京都内都心部への移転計画も持ち上がったが用地確保の問題で立ち消えとなった。社長の辻は折に触れピューロランドを訪れ、来園客と接したりショーに出演したりしているが、家族連れのうち父親が退屈しているのを見て、踊り子の衣装をセクシーなものに替えさせた逸話がある[4]。

開園日の新聞には「本日オープン」の全面広告が展開され、フジテレビとテレビ朝日の夕方のニュース枠で生中継も行われた。特に、テレビ朝日「600ステーション」の生中継では、着工からパーク完成、そして、オープン当日の館内の模様も交えて特集された。

開園当初から1992年初頭までは、仕事帰りの社会人層を狙って閉園時間を23時に設定していたが(朝10時~夜23時の営業)、多摩センター駅発の終電に乗り遅れる苦情が寄せられたことから閉園時間を20時に繰り上げた[5](2012年現在での平日の通常営業時間は、終電の時間とは無関係に18時までとなっている)。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/7/16現在



サンリオピューロランド 入場券の買取の注意事項

■サンリオピューロランド 入場券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびサンリオピューロランド 入場券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■サンリオピューロランド 入場券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はサンリオピューロランド 入場券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のサンリオピューロランド 入場券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ