ナンジャタウン パスポートを高価買取します。

ナンジャタウン パスポート 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
ナンジャタウン パスポート
ナンジャタウン パスポート 詳細はこちら
ナンジャタウン パスポート
ナンジャタウン パスポート

(2014年2月11日現在のデザイン)



ナンジャタウン

ナンジャタウン(NAMJATOWN / NAMCO NAMJATOWN)は、アミューズメントスポット事業会社ナムコが運営する屋内型テーマパーク。1996年7月6日に東京・池袋のサンシャインシティに開園した。パークのテーマは「思い出とオドロキとトキメキの街」。なお開園当初のパークのテーマは、「思い出とトキメキのテーマパーク」だった。


バックストーリー

開園当初のナンジャタウンはディズニーランドのようなテーマ性の高い遊具やアトラクションを中心とした構成だった。

2001年10月23日にセガの運営する東京ジョイポリスと“遊好姉妹都市”をナンジャタウンは締結した。

2002年7月19日にナンジャタウン内の「福袋七丁目商店街」に「池袋餃子スタジアム」がオープンして以降、ナンジャタウンはフードテーマパークとしての色彩を強めていった。ナンジャタウンを開園するにあたり設立されたプロジェクトチーム「チームナンジャ」は、フードテーマパークプロデュース集団としてナンジャタウン内で「アイスクリームシティ」「東京デザート共和国」等の企画を手がけたほか、各地に多くのテーマパークを送り出した。テーマパーク一覧については関連項目ナムコに詳述。

2005年7月15日には「りらくの森」という新しい業態(癒し、リラクゼーション)もオープンさせたが、2010年5月5日に営業終了した。

リニューアルのため、2013年1月15日から7月10日(発表当初は「2013年夏頃」)まで休園した。

リニューアルに伴い、サンシャインシティワールドインポートマートビルの2階・3階と一部1階から、2階部分のみの1フロアに規模を縮小。正式名称を、従来の「ナムコ・ナンジャタウン」から「ナムコ」を外した「ナンジャタウン」に変更。3階部分および吹き抜け部分の2階と1階の一部はナムコ運営による新テーマパーク"J-WORLD TOKYO"に転換された。

2013年3月28日付のプレスリリースで、リニューアルオープン日が2013年7月11日に決まり、「福袋七丁目商店街」・「もののけ番外地」に加え、新街区「ドッキンガム広場」が新たにオープン、また デザート全般を扱ったフードテーマパーク「福袋デザート横丁」が「福袋七丁目商店街」にオープンすることが明らかになった。なお、既存の池袋餃子スタジアムもナンジャ餃子スタジアムとしてリニューアルされた。リニューアルに合わせて「ナンジャタウン」のロゴマークのデザインが変更され、2013年3月28日付のプレスリリースにて新しいロゴマークが発表された。


特徴

サンシャインシティ内のビルの1つであるワールドインポートマートの、それまで三越が入居していた2・3Fと1Fの一部を利用してナンジャタウンは開園した。既存の建物のテナントとして開業したので、天井高や床の強度、フロア内の柱などの制限により大型アトラクション装置などの設置は不可能だった。そのためアトラクションは「園内を回遊する」タイプの物が非常に多く、ただ歩くだけでも楽しいテーマ性の高い園内に、ゲーム性を付加している。この特徴を持つ代表的なアトラクションとしては、推理ゲームの「ナンジャ探偵団」、占いの「占者ストリート」、かつて存在したスタンプラリーの「ナンジャスタンプコレクション」などがある。

パーク内は昭和30年代の商店街を再現した「福袋七丁目商店街」(→「福袋餃子自慢商店街」)をはじめ、怪談の世界やお化け屋敷風のエリアの「もののけ番外地」といった街区(がいく)と呼ばれるブロックに区切られ、それぞれに独自のカラーを持たせている。

夏休みなどを中心としたイベントなどが他のテーマパークに比べるかなり充実していることも特徴の一つである。最近では、漫画作品のコミック・単行本の発売記念やアニメ作品のテレビ放映開始・劇場公開作品(主にアニメ映画)の公開記念・DVD販売記念やゲームソフトの発売記念などのタイアップイベントを開催し、得意とするフードテーマパークでの期間限定メニューの販売も同時に行なっている、

また開園当初から現在まで、室内テーマパークとしてはリピーターが多いことも特徴である。これは上記のように年間を通して様々なイベントがあり常にパークの新鮮さを維持していることと、アトラクションやイベントの難易度が全体的に高く、いわゆる“はまりやすい”内容であることが考えられる。特にかつて存在した「スーパーナンジャビザ」はクリアすれば様々な特典が受けられるため利用者が多かったが、108つのスタンプを集めるのは思いのほか難しく、1回の入園ではすべて集めきることが出来ないため、リピーターを作る要因となった。


構成

ナンジャタウンは1フロア3街区とナンジャコアで構成されている。2013年7月11日のリニューアル時点での構成は以下の通り。

  • ナンジャコア - ナンジャタウンの中心部エリア。かつて1Fにあったアトラクションエリア「ドレッサールーム」もナンジャコアに含まれていた。2013年のリニューアルにより、ナンジャコアの1階と3階部分は消滅、2階部分はエントランス(入園ゲート)と入ってすぐのタウンガイド(園内地図案内板)周辺のみとなり、大幅にエリアが縮小した。
  • 福袋七丁目商店街 - 街区の一つ。昭和30年代の日本を思わせるノスタルジックな雰囲気のエリア。後述のフードテーマパーク「ナンジャ餃子スタジアム」と「福袋デザート横丁」はこのエリアにある。ナンジャ餃子スタジアムの前身、池袋餃子スタジアムのオープン時に「福袋餃子自慢商店街」へ改称。2013年7月のリニューアルにより「福袋七丁目商店街」の名称に戻している。
  • もののけ番外地 - 街区の一つ。和風ホラーエリア。神社、学校、旅館などをモチーフとしたアトラクションがある。イベント会場として使用されていたナンジャミュージアムがあった場所とゴースト13番街の一部を改装して1997年7月26日にオープンした。福袋七丁目の郊外にある「袋小路十三丁目」にゴースト13番街のゴーストたちがとり憑いたという設定。
  • ドッキンガム広場 - 2013年7月11日のリニューアルオープンに合わせて登場する新街区の一つ。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/2/11現在 Copyleft(c)



ナンジャタウン パスポートの買取の注意事項

■ナンジャタウン パスポートの各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびナンジャタウン パスポートの各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のナンジャタウン パスポートをお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ナンジャタウン パスポートの各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はナンジャタウン パスポートの各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のナンジャタウン パスポートの各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ