マザー牧場入場券を高価買取します。

マザー牧場 入場券買取表

金券 - レジャー 買取価格
マザー牧場
マザー牧場入場券 詳細はこちら
マザー牧場 入場券
マザー牧場

(2012年4月30日現在のデザイン)



マザー牧場

マザー牧場(マザーぼくじょう)は、千葉県富津市田倉、鹿野山の隣の鬼泪山(きなだやま)の山頂付近に位置する、牧場のテーマパーク。「マー牧」と省略して呼ばれることがある。


概要

東京タワーグループの観光牧場。広い園内には牧畜が多種(牛、馬、ヤギ、羊、豚、アヒル、ダチョウ、ラマ、アルパカ等)飼育され、触れ合いを売りにする。羊の毛刈りで有名なシープショーが見られるアグロドーム、東京湾を一望可能な観覧車を擁する遊園地『わくわくランド』、高さ21メートルのバンジータワー、マザー牧場オリジナルの乳製品やハム、ソーセージなどを扱った土産物店、生ジンギスカン鍋レストラン、いちご狩りやフルーツトマト狩りが楽しめるフルーツ農園、長期滞在も出来る宿泊コテージなどがある。


沿革

日本電波塔(東京タワーの運営会社)のほか、産業経済新聞社、ラジオ大阪(以上フジサンケイグループ)、関西テレビ放送の創業者で、参議院議員の前田久吉が1962年に開設。

「マザー」の由来としては生家が貧しい農家であった前田の母親が「家に牛が一頭でもいたら暮らしはずっと楽なのに」と口癖のように言っていたのが心に残り、母にささげる牧場という事で名づけられた。

東京タワー建設候補地の一つとして前田が事前に取得していたものの、東京都港区の現在地に決定したため観光施設に転用された。前田はこのマザー牧場にも電波塔を建設し、事実上関東一円をサービスエリアとする千葉県域民放FM局の計画を進めていたが、死去で頓挫したことでベイエフエムに一本化された。

1992年より、久吉の子息である前田伸が代表取締役を務めている(2005年より日本電波塔の社長も兼務)。


アクセス
  • ・東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線佐貫町駅からマザー牧場行/神野寺行の天羽日東バスで約25分、「マザー牧場」下車。
  • ・同、木更津駅(東口バスのりば)から直行の日東交通急行バスで約40分(3月 - 11月の土曜日・休日と春休み・お盆休みのみ)。
  • ・同、君津駅南口から無料送迎バスで約40分(要予約)。
  • ・東京湾フェリー金谷港から直行の天羽日東バスで約40分(3月 - 11月の土曜日・休日のみ)。
  • ・館山自動車道君津PAスマートIC(ETC専用、二輪車・軽自動車・普通車のみ)より約10分。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/5/31現在



レジャー券の買取の注意事項

■レジャー券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびレジャー券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■レジャー券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はレジャー券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のレジャー券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ