ミラノボウルゲーム券を高価買取します。

ミラノボウルゲーム券買取表

金券 - レジャー 買取価格
ミラノボウルゲーム券
ミラノボウル1ゲーム券 詳細はこちら
ミラノボウルゲーム券
ミラノボウルゲーム券

(2012年5月25日現在のデザイン)



ボウリング

ボウリング(英: bowling)とは、プレイヤーに対して頂点を向けて正三角形に並べられた、10本のピンと呼ばれる棒をめがけてボール(英: bowling ball)を転がし、ピンを倒すスポーツ。日本での漢字表記は十柱戯。ワールドゲームズ参加競技、アジア競技大会の正式競技種目、国民体育大会の競技である。


表記

文部科学省の国語審議会では答申「外来語の表記[1]」で、球技を意味する場合は「ボウリング」と表記するという凡例が1991年(平成3年)に出されている。なお、従来から存在している表記「ボーリング」使用する分にも問題は無いが、掘削(boring)のボーリングと同じ言葉と誤解されることがある。[2]

ボウリングの球は、英語で「Bowling ball」と表現するため、ボールと表記するのが一般的である。ボウルと表記されることもあるが、これはローンボウルズ(ローンボウリング)で使われる球のことである。


概要

1ゲームは10のフレームから構成される。 通常、ボウリングを行うための専用施設であるボウリング場で行われる。ボウリング場は中にいくつものレーンがあり、ピンセッター(ピンを自動的に並べる機械)やボールリターン(ボールをプレイヤーの元に送り返してくる仕組み)などを備えているのが普通である。様々な重さのボールの他に、専用の靴なども貸し出している。

なお、ボウリングをすること等を意味する bowl という語は、ラテン語で泡や瘤を意味する bulla に由来する。一方、同じ綴りで食器や容器(ボウル)を意味する bowl や、球を意味する ball は、それぞれゲルマン語に由来し、本質的に異なる。


起源

もともとボウリングは倒すピンを災いや悪魔に見立てて、それを沢山倒すことが出来たならば、その災いなどから逃れることが出来るという一種の宗教儀式であった。その歴史は古く、紀元前5000年頃には古代エジプトにおいて墓から木でできたボールとピンが発掘された[3]事から、その頃からもボウリングに似たようなものがあったとされている。

しかし倒すピンの数やそれに応じた並べ方も場所や地域によってさまざまであった。それを中世ドイツのマルティン・ルターが倒すピンを9本にし、並べ方もひし形に統一していったことが近代ボウリングのルールの原型になっていったと考えられている。9本という決められた数のピンを倒すという行為は、やがてナインピンズ・ボウリングという一つのスポーツとして派生し宗教家の間では人気のあるスポーツとして栄えた。このことから宗教革命家と知られるルターは、現在のボウリングの基本的なルールを統一した意外な功労者でもあるといえる。また、ドイツの一部の地域では、いまだにその名残としてピンの数が9本でプレイする地域も存在する。

17世紀になると多数の宗教家(清教徒)たちがアメリカに移住した事で、アメリカでもボウリングが盛んになった。アメリカでは更にボウリングを面白くするためにピンの数を10本に増やし、並べ方も正三角形に変化していったのが現代のボウリング(テンピンズ・ボウリング)だとされている[4]。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/5/25現在



レジャー券の買取の注意事項

■レジャー券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびレジャー券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■レジャー券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はレジャー券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のレジャー券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ