海遊館 入館券 を高価買取します。

海遊館 入館券 買取表

金券 - レジャー 買取価格
海遊館 入館券
海遊館 入館券 詳細はこちら
海遊館 入館券
海遊館 入館券

(2012年9月14日現在のデザイン)



海遊館

海遊館(かいゆうかん、Osaka Aquarium KAIYUKAN)は、大阪府大阪市港区天保山にある水族館。1990年に開館した。「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」と「リング・オブ・ライフ(環太平洋生命帯)」をコンセプトにしている。巨大水槽で環太平洋の海を再現し、従来の水族館の印象を劇的に変えた施設である。


概要

天保山のウォーターフロント再開発プロジェクト「天保山ハーバービレッジ」の中心的施設として1990年7月20日に開館した。

日プラ株式会社が新開発したアクリルガラスを使用することで、これまでにない巨大水槽を実現した。ジンベエザメが遊泳する「太平洋水槽」を含む14の大水槽を造るため、年間世界生産量の1.5倍(当時)にあたるアクリルガラスが使用された。海遊館以降に造られた水族館の大型水槽はほぼ全てがアクリルガラス製になっている。

建物外観の特徴になっている三色の色分けは、地と水と火の結合を模したもの。外壁に描かれた魚の壁画はアメリカ在住イギリス人デザイナーのサージ・アイヴァン・シャーメイエフの手によるもの、またケンブリッジ・セブン・アソシエイツ環境開発研究所を率いて建物全体の設計を担当したのは、その息子のピーター・シャーメイエフである。

2008年2月26日に、開業以来の入館者数が5000万人に達した。6317日(約18年)での達成は、国内では最速。入館者の約6割がリピーターである。

施設の保有・運営は大阪市の第三セクターの株式会社海遊館が隣接する商業施設「天保山マーケットプレース」や「ホテルシーガル」とともに行っており、大阪築港再開発事業としては成功をおさめている。

2007年9月に大阪市が財政再建の一環として運営会社の所有株式25%のうち22%を近畿日本鉄道に売却する合意に至ったが、最終的に大阪市議会の反対により断念させられた。異例の市議会による売却議案への反対の主な理由は大阪市の説明不足とされているが、何が説明不足だったのかについては明らかにされておらず、当時の大阪市政の混乱ぶりを象徴する一件とされる。


主な施設

水槽

入館者はまず8階までエスカレーターで上がり、回廊型の通路を4階まで下りながら、以下のような順序で鑑賞する事になる。そのため、水上と水中など、複数回鑑賞することが出来る水槽もある。

本州で唯一ジンベエザメを観ることができる「太平洋」水槽は、最大長34m、深さ9m、水量5,400m³。観客と大水槽を隔てるアクリルパネルは高さ5.9m、幅5.0m、厚さ30cm。

魚のとおりぬけ・アクアゲート(トンネル型水槽)
クロガネウシバナトビエイ、ヒフキアイゴ、スズメダイ類など
日本の森
コツメカワウソ、アマゴ、オオサンショウウオなど
アリューシャン列島
ラッコ、クロソイなど
モンタレー湾
ゴマフアザラシ、カリフォルニアアシカ
パナマ湾
ハリセンボン、アカハナグマなど
エクアドル熱帯雨林
ピラルク、リスザル、グリーンイグアナ、カピバラなど
南極大陸
オウサマペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギン
タスマン海
カマイルカ
グレート・バリアリーフ
チョウチョウウオの仲間、スズメダイの仲間など
太平洋(最大長34m、深さ9m、水量5,400m³)
ジンベエザメ、ナンヨウマンタ(マンタ)、クロマグロ、イタチザメ、イトマキエイ、シュモクザメ、マンボウ、メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)、グルクマ、ネムリブカ、マサバ、ギンガメアジなど
瀬戸内海
イシダイ、マダコ、マダイ、タカノハダイ、イセエビ、ゴンズイなど
特設水槽
アオリイカなど
チリの岩礁地帯
マイワシ、カタクチイワシなど
クック海峡
アカウミガメ、ピンクマオマオ、ブルーマオマオなど
日本海溝
タカアシガニ、タチウオ、ミズダコ、イズカサゴ、イガグリガニなど
  • 深海ゾーン
オオグソクムシ、アカザエビ、オニカナガシラ、サギフエなど
ふあふあクラゲ館
ミズクラゲ、アカクラゲ、ギヤマンクラゲなど

その他

  • 企画展示室
  • 海遊館ホール― 320名(固定席268席)、面積346.36m²
  • VIPルーム
  • 喫茶マーメイド
  • ミュージアムショップ
  • ボトルシップミュージアム
  • レストランハーバービュー
  • ジュースバー

交通アクセス
  • 鉄道
    • 大阪市営地下鉄中央線 大阪港駅
  • バス
    • 大阪市営バス 天保山停留所
      • なんばから60号系統で約40分
      • 大阪駅から88号系統で約50分
      • 淀屋橋駅から88号系統約45分
    • キャプテンライン ユニバーサルシティポートから海遊館西はとばまで約10分
    • 大阪市営渡船 天保山渡船場(桜島側)から天保山渡船場(天保山側)まで約5分
  • 道路
    • 阪神高速道路 天保山出入口

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/9/14現在



レジャー券の買取の注意事項

■レジャー券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびレジャー券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■レジャー券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はレジャー券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のレジャー券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ