日光江戸村 入場券を高価買取します。

日光江戸村入場券買取表

金券 - レジャー 買取価格
日光江戸村 入場券
日光江戸村 優待入場券
詳細はこちら
日光江戸村 通行手形
詳細はこちら
日光江戸村 優待入場券
日光江戸村 優待入場券

日光江戸村 通行手形 ※参考
日光江戸村 通行手形

(2014年8月15日現在のデザイン)



日光江戸村

日光江戸村(にっこうえどむら)は、江戸時代の文化や生活を集大成したテーマパークである。
株式会社時代村が運営する「江戸ワンダーランド」の一つ。正式名称は2003年より「江戸ワンダーランド 日光江戸村」となった。
1986年4月23日、栃木県塩谷郡藤原町(現在の日光市鬼怒川地区)に開設された。総敷地面積は495,000m2(15万坪)。
園内は江戸時代中期(元禄から享保年間)の町並みを再現し、忍者活劇や華麗な花魁道中などのアトラクションが呼び物である。
近年では、キャラクター「ニャンまげ」を用いたテレビCMが有名。時代劇撮影ができるオープンセットもある。


日光江戸村劇団

日光江戸村では、園内アトラクションを行う俳優たちを「日光江戸村劇団」として自前で抱えており、特定俳優のファンも多く存在している。
劇団員の大部分は、時代村の関連会社「ジャングル」と雇用関係にある「会社員」である。
江戸村でのアトラクションのほかにも、TV・映画に出演したり、地方の町おこしイベントにも参加している。


関連施設
江戸ワンダーランド
・登別伊達時代村:北海道登別市
・加賀百万石時代村:石川県加賀市(2006年1月30日閉鎖)
・伊勢・安土桃山文化村:三重県伊勢市
その他
・歴史公園「ワープステーション江戸」:茨城県つくばみらい市
2002年4月、当時の親会社「大新東株式会社」が茨城県の第三セクター「メディアパークつくば」より運営全般を受託(アウトソーシング)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/7/18現在 Copyleft(c)



日光江戸村 入場券の買取の注意事項

■日光江戸村 入場券の買取価格は弊社保有在庫枚数および日光江戸村 入場券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた日光江戸村 入場券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の日光江戸村 入場券をお売りいただける場合、日光江戸村 入場券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■日光江戸村 入場券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、又は使用できない日光江戸村 入場券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケットにおいて、店頭買取は日光江戸村 入場券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ