長崎バイオパーク 入園券を高価買取します。

長崎バイオパーク 入園券 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
長崎バイオパーク 入園券
長崎バイオパーク 入園券 詳細はこちら
長崎バイオパーク 入園券
長崎バイオパーク 入園券

(2013年8月13日現在のデザイン)



長崎バイオパーク

長崎バイオパーク(ながさきバイオパーク)は、長崎県西海市にある動物園である。長崎バイオパークは、バイオパーク株式会社が運営している。


施設

長崎バイオパークは、長崎オランダ村に先立って1980年11月に開園した。

大型の肉食動物は飼育していないが、リャマ、カピバラ、リスザルなど哺乳類を中心に淡水魚、昆虫類まで多数飼育している。また、長崎バイオパークは、1994年には日本で初めてカバの人工哺育に成功した。行動展示も積極的に行っている。

園内は檻などが少なく、シロサイやシマウマなどの動物を除いてほとんどの動物を間近で見ることができ、餌付けもできる。長崎バイオパークは、他のゾーンとの仕切りは低い塀や水路、暗い通路などで、それぞれの動物の習性により他のゾーンへ逃げ出すことは少ないが、カピバラやマーラなどはたまに他の区域に出没する。

2004年7月に民事再生法の適用を申請をした。負債総額は21億7,700万円。

2008年6月19日 マレーシア国立マラッカ動物園と姉妹動物園提携を結んだ。これに伴い、マレーシア国立公園・動物園管理局ならびにPAMAJAからコツメカワウソ10頭が寄贈されることが決まった。2009年1月現在 先行して寄贈された4頭のコツメカワウソが展示されている。

2005年春より福岡市郊外の福岡県久山町にあるショッピングモール「トリアス」に「トリアスふれあい動物園」を開園した。「長崎バイオパーク」から主要な動物が1-10匹程度派遣され、狭い敷地面積ながらかなりの動物の種類が放し飼いされており「ミニバイオパーク」的なふれあいが体験できる。入園料は3歳以上300円。

順路

長崎バイオパーク園内は順路に沿って歩いて観覧する。12のゾーンに分かれているが、そのうち最初の4つは往路と復路の両方で通る。また、長崎バイオパーク園全体が雑木林と照葉樹林内にあり、在来の動物も見かけられる。

  • トトーラの池 - ハクチョウ、マナヅルなど。冬季には野生のカモ類が飛来し、トモエガモやアメリカヒドリの記録もある。池の中にはクモザルのやぐらが建つ
  • インカの石積み - 熱帯館に通じる階段とスロープ。リャマ、コンゴウインコなど
  • フラワードーム - 南アメリカの熱帯雨林を中心とした各種植物と多様な蘭の花、オオコウモリ、カメ、オオゴマダラなど
  • アマゾン館 - 二段構造になっている。往路では水槽上のオオハシ、グリーンイグアナ、ナマケモノなどの陸上動物、復路では水槽内のナマズ、シクリッド、コロソマ、ピラルクー、淡水エイなど大型淡水魚がみられる。通路では在来の水生生物の展示なども行っている。
  • そうしの滝とフラミンゴの池 - キツネザル、ペリカン、マゼランペンギンなどがいる坂を上るとフラミンゴの区域がある
  • アンデス広場とラマの岩山 - プレーリードッグ、リャマなど。レストラン、昆虫館などもここにある
    • 昆虫館 - 日本産は勿論、世界各地のカブトムシ・クワガタムシの生体・標本が多く展示されている
  • カピバラの池とオマキザルの島 - カピバラ
  • シャボテン・ロックガーデン - コツメカワウソ、シロサイ、ハナグマ、ヤマアラシ、シマスカンクなど
  • アライグマとレッサーパンダの丘 - レッサーパンダ、アライグマ、ミーアキャットなど。区域内はパタゴニアに分布するげっ歯類・マーラが歩き回っている
  • キリンとシマウマの見える坂道 - ダチョウなど
  • カンガルーの丘とリスザルの森 - ワラビー、エミューの区域を過ぎるとリスザルが頭上を跳びまわる区域がある
  • カバの池とキツネザルの島 - カバ一家の池を上から眺められる

カバの「モモ」

「モモ」は、長崎バイオパークで人工哺育によって育てられたカバである。 1994年3月6日に誕生したが、ふつうのカバは水中で出産するところを陸上で産み落とされたため、子カバ(モモ)は動くことができず衰弱していった。ここで職員が子カバをとり上げ、人工哺育が始まる。 しかし人工哺育されたため、その年の5月に池に戻っても水を恐れて泳げなかった。ここでも職員が泳ぎの訓練をおこなう。最初は水に入っても鼻孔や耳を閉じることができなかったが、訓練を経て泳げるようになった。モモの訓練の様子はテレビ番組などでもたびたび取り上げられ、絵本にもなった。6月1日には公募によって「モモ」という名前がつけられた。 そんなモモも2009年現在では2児の母となり、一家とともにカバの池で愛嬌を振りまく。 このモモの保育に携わったバイオパーク職員の伊藤雅男はチョウの研究も行っており、アサギマダラのマーキング調査で近畿地方と長崎県の間の長距離移動を実証したことでも知られている。また、長崎バイオパークの温室で生きたチョウの展示を行っていた時期には、日本でも有数の高い飼育技術で、低コストで熱帯のチョウを大量増殖して常時展示する体制を構築するのに大きく貢献していた。


開館時間

年中無休・9:00-17:00・入園は16:00まで。ただし8月に限り17:30まで開館し、16:30まで入園できる。

料金

大人1,600円・中高生1,000円・3歳以上小学生以下700円。ただし15人以上の団体や学校・幼稚園・保育園には団体割引がある。大人3,500円・3歳-小学生1,500円の年間パスポートもある。

長崎バイオパーク園内の飲食や餌付け用の餌は別料金が必要である。また、別料金が必要な施設やイベントもある。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/8/13現在 Copyleft(c)



長崎バイオパーク 入園券の買取の注意事項

■長崎バイオパーク 入園券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および長崎バイオパーク 入園券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■長崎バイオパーク 入園券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は長崎バイオパーク 入園券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の長崎バイオパーク 入園券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ