日立 家電品 商品券を高価買取します。

日立 家電品 商品券 買取表 画像

金券 - 家電商品券(ギフト券) 買取価格
日立 家電品 商品券
日立 家電品 ギフト券 500円 詳細はこちら
日立 家電品 ギフト券
日立 家電品 商品券 画像


株式会社 日立製作所

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ)は、日本最大の総合電機メーカー。重電5社の一角。
通称は日立・HITACHIなどである。特に創業の地であり、主力工場を抱える茨城県日立市などでは、行政機関の日立市や他の日立グループ各社などと区別するため、日製(にっせい:「日」立「製」作所の略称)とも呼ばれている。
前身は、現在の茨城県日立市にあった銅と硫化鉄鉱を産出する、久原鉱業所日立鉱山である。日立鉱山を母体として久原財閥が誕生し、久原財閥の流れを受けて日産コンツェルンが形成された。また、日立鉱山で使用する機械の修理製造部門が、1910年(明治43年)に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させて、日立製作所が設立された。
また、Jリーグの柏レイソルは1940年(昭和15年)に創部された日立製作所本社サッカー部(1970年(昭和45年)に日立製作所サッカー部へ改称)が前身である。


概説

情報・通信システム、電力システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、コンポーネント・デバイス、デジタルメディア・民生機器、金融サービス、その他の11の部門から構成されてお、東芝、三菱電機とともに総合電機メーカー3社の一角を占める。
連結売上高9兆3158億円、連結純利益2388億円、総従業員数36万人強は、総合電機最大の規模であり、日本の全業種中でもトヨタ自動車、NTT、本田技研工業に次ぐ大きさである(全世界では48位)。
上記の企業群が比較的近年にピークを築いているのに対し1960年代を通じて日本最大の製造業として知られ、1970年(昭和45年)に分割2社を合併してこれを抜いた新日本製鐵とともに戦後第一期の日本経済をリードしてきた。
全世界に製造・販売拠点を広げる多国籍企業でもあり、売上の41%は日本国外からもたらされる。米国誌『フォーブス』が毎年発表する世界企業ベスト2000では、日本企業として唯一コングロマリット(複合企業体)に分類されている(他にコングロマリットとしてはGE、シーメンス等が分類されている)。
近年は他の各電機メーカーとの合弁会社設立が目立っている。
連結子会社913社、持分法適用会社164社、計1,077社を傘下に置き、日立グループを形成する。グループ全体のコーポレート・ステートメントは“Inspire the Next”(インスパイア・ザ・ネクスト)。
2010年(平成22年)4月に中西宏明が代表執行役執行役社長に就任した。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/11/30現在 Copyleft(c)




日立家電品商品券の買取の注意事項

■日立家電品商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の日立家電品商品券をお売りいただける場合は日立家電品商品券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■日立家電品商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は日立家電品商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の日立家電品商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ