AOKI 和幸グループ 食事券<とんかつ和幸>を高価買取します。

和幸グループ 食事券<とんかつ和幸> 金券買取表

金券 - その他商品券 買取価格
和幸グループ 食事券<とんかつ和幸>
和幸グループ 食事券<とんかつ和幸> 1,000円 詳細はこちら
和幸グループ 食事券<とんかつ和幸> ※参考
和幸グループ 食事券<とんかつ和幸>

(2014年9月15日現在のデザイン)



和幸グループ<とんかつ和幸>

和幸商事株式会社(わこうしょうじ)は「とんかつ和幸」の商号で豚カツ店チェーンを営む企業。神奈川県川崎市幸区に本社を置く。
「和幸」の由来は、創業者 日比生一虎のペンネーム日比生和夫の「和」と数寄屋橋ショッピングセンター内にあったパーラー「ステーションパーラー」の共同経営者だった名和幸夫の「幸」をあわせたもの。
1958年(昭和33年)に「とんかつ和幸」1号店を開店した。
2010年(平成22年)現在、子会社の東邦事業、和幸フーズとともに以下業態で24都道府県に店舗を展開している。

展開している業態
○:和幸商事が展開する業態
△:東邦事業が展開する業態
◇:和幸フーズが展開する業態
・とんかつ和幸(○△◇)
・恵亭(○△)
・かつ玄(△)
・さき亭(幸亭)(△)
・かつ工房和幸(○△◇) - とんかつ和幸レストランの高級化店舗
・日本料理ひよく(△)
・さが野 - 釜めし店(△)
・東紅 - 中華料理店(◇)
・かつ丼和幸(◇) - カツ丼・カツカレーに特化させたテイクアウト店舗

3つの和幸

同じ「和幸」の名称を掲げた豚カツ店のチェーンを展開する会社が、別会社で3つ存在する。。
1社目は「和幸」の店名で展開する和幸商事株式会社(当社)。
2社目は和幸の由来ともなっているパーラーの共同経営者の一人、名和幸夫が立ち上げた「とんかつ和幸」の店名で展開する協和株式会社。
3社目は、協和の元役員が独立して立ち上げた「いなばとんかつ和幸」の店名で展開する和幸株式会社(株式会社いなばグループ)である。
3社がいずれも店名に「和幸」を掲げているため、客に同じ会社が運営していると勘違いされやすい。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/09/09現在 Copyleft(c)



和幸グループ 食事券の買取の注意事項

■和幸グループ 食事券の買取価格は弊社保有在庫枚数および和幸グループ 食事券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた和幸グループ 食事券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の和幸グループ 食事券をお売りいただける場合、和幸グループ 食事券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■和幸グループ 食事券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、又は使用できない和幸グループ 食事券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケットにおいて、店頭買取は和幸グループ 食事券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ