バローグループ商品券を高価買取します。

バローグループ商品券 金券買取表

金券 - その他商品券 買取価格
バローグループ商品券
バローグループ商品券 詳細はこちら
バローグループ商品券
バローグループ商品券買取表

(2014年2月7日現在のデザイン)



株式会社バロー

株式会社バロー(英: Valor Co., Ltd.)は、東海地方を拠点にスーパーマーケット・ホームセンターを店舗展開する株式会社。

伊藤喜美が岐阜県恵那市で主婦の店として創業。本部は岐阜県多治見市大針町661-1であるが、登記上の本店は現在も恵那市である。現在の社名の由来は「勇気ある者」を意味する英語の古語から(wikt:en:valor参照)。

日本のスーパーの中でも最も販売管理費比率の低いチェーンストアとして知られ、週刊東洋経済は「日本のウォルマート」であると評している。


沿革
  • 1958年7月 - 伊藤喜美が株式会社主婦の店を資本金450万円で岐阜県恵那市大井町251-1に設立。
  • 1958年9月 - スーパーマーケット恵那店営業開始。
  • 1974年11月 - 岐阜県恵那市大井町270-1に本店を移転するとともに、社名を株式会社バローに変更。
  • 1977年10月 - 岐阜県多治見市東町1-9-3に本部を移転。
  • 1984年2月 - 中部薬品株式会社(ドラッグストア)設立。
  • 1989年1月 - 物流センターを開設。
  • 1993年10月 - 名古屋証券取引所2部上場。
  • 1994年6月 - 伊藤喜美の娘婿である田代正美が2代目代表取締役社長に就任。
  • 1996年6月 - 岐阜県多治見市大針町661-1に本部および物流センターを移転。
  • 2003年12月 - 東京証券取引所2部上場。
  • 2005年3月 - 東京証券取引所、名古屋証券取引所各1部上場。
  • 2005年4月 - 株式会社ユースを子会社化。
  • 2006年 - 株式会社オカノを子会社化。
  • 2007年
    • 5月 - 株式会社サンフレンドを子会社化。
    • 10月 - 山成商事株式会社を関連会社化。
  • 2010年3月 - 株式会社ビックポンドストアーを子会社化。
  • 2011年
    • 3月 - 中部開発株式会社を子会社化。
    • 4月 - 株式会社オカノを吸収合併。
    • 7月 - 株式会社ファミリースーパーマルキを子会社化。
    • 9月 - VARO CO.,LTD.を子会社化。
  • 2013年10月 - 株式会社ユースを吸収合併。

プライベートブランド

バローではプライベートブランド(PB)の開発・販売が活発で、2008年4月より新規PBの導入・切り替えを進めており、現在ではPB商品は1000品目を超えている。PB商品の一部はバローグループ内だけでなく、他社にも外販されている。ピーコックストアでもイオングループによる買収までは販売されていた。これら商品は特性ごとに以下の3つのブランドに分けられている。

  • 「V select」(V セレクト) - 「味のクオリティ」のコンセプトを継承するもので、毎日の暮らしに欠かすことのできない商品が提供されている。バローは安心・安全に求めやすい価格で提供している、としている。
  • 「V Quality」(V クオリティ) - 「バロープレミアム」のコンセプトを継承するもので、おいしさ、製法、素材がこだわられた商品が提供されている。こちらも同様に求めやすい価格で提供している、としている。
  • 「V organic」(V オーガニック) - 変更に当たって新たに設定された、有機認定商品専用ブランドで、有機農法によって収穫された材料が使用されており、有機JAS認定を取得した商品が提供されている。バローは食生活において欠かすことのできない「健康・安心・安全」をテーマにしているとしており、バローおすすめのアイテムを品揃えしている。

なお、バローのプライベートブランドとよく似た名称のプライベートブランド「Vマーク(バリュープラス)」を展開する八社会は、当然ながら同社と関係は全くない。

2008年に変更される以前のPBは、以下の4種類であった。

  • 味のクオリティ バロー・プレミアム - 原材料や産地、生産者を厳選し、昔ながらにじっくりと手間と時間をかけて、本来の味をそこなわないように製造されている。おいしさはそのままに塩分、脂肪分を出来る限り減らして出来る限り添加物は使用せず、自然の味に仕上げられている。
  • 味のクオリティ - 牛乳や食パン、豆腐、食用油など生活必需品をおいしさや安全性にこだわっている。バローは求めやすい価格で毎日提供している、としている。
  • バロー・ベーシック - シンプルな使いやすさ、基本を大切にした日用品のブランドで、バローによるとリーズナブル価格になっているようだ。
  • バロー・オリジナル - バローが使う人のことを考えてクオリティにこだわった商品。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/2/7現在 Copyleft(c)



バローグループ商品券の買取の注意事項

■バローグループ商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のバローグループ商品券をお売りいただける場合はバローグループ商品券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■バローグループ商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はバローグループ商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のバローグループ商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ