台東区ゴミ処理券を高価買取します。

台東区ゴミ処理券 金券買取表

金券 - その他商品券 買取価格
台東区ゴミ処理券
台東区ゴミ処理券 詳細はこちら
台東区ゴミ処理券
台東区ゴミ処理券買取表

(2013年6月7日現在のデザイン)



台東区

台東区(たいとうく)は、東京都の特別区のひとつで、23区東部に区分される。



概要

東京23区の中央からやや北東寄りに位置する。東側は隅田川に接し、対岸の墨田区との区境となっている。また、区南端で隅田川との合流点付近の神田川に接する。

江戸時代を通じて、東京で最も古い市街地のひとつで、浅草にある浅草寺は建立1400年の歴史となる。江戸時代は元禄文化(町民文化)が息づき、明治期からは美術館や博物館が建築され、東京芸術大学などアートの発信地ともなっている。関東大震災(1923年(大正12年))や第二次大戦にも焼け残った浅草橋界隈の問屋街などにはいまだ大正、昭和初期の街並みや風情が残っている。

区の中心駅である上野駅は古くから北関東・東北地方からの玄関口と知られ、新幹線も停車する。面積は23区の中で最も狭い。区は全般的に商業地であるため、純粋な住宅地は一部で、供給量も少ない。戸建も一部地域を除くと少なく、ビルやマンションなど土地の高度利用が進んでいる。

近年では(財)古都保存財団が選定する「美しい日本の歴史的風土100選」において次世代に残す美しい日本の歴史的風土が、良好に保存されている全国の事例の一つとして寛永寺・上野公園周辺、谷中の街並みが選ばれた。 現在、ル・コルビュジェの国立西洋美術館などを世界遺産登録などを目指している。東京国立博物館表慶館や東京国立博物館など国の重要文化財が多い区である。

昼と夜の人口差

2005年に夜間人口(居住者)は163,528人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は303,522人で昼は夜の1.856倍の人口になる(東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行124,125ページ 国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。上のグラフには年齢不詳のものを含め、昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないので数字の間に誤差は生じる)



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/6/7現在



台東区ゴミ処理券の買取の注意事項

■台東区ゴミ処理券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の台東区ゴミ処理券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は台東区ゴミ処理券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■台東区ゴミ処理券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■台東区ゴミ処理券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は台東区ゴミ処理券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の台東区ゴミ処理券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ