渋谷区ゴミ処理券を高価買取します。

渋谷区ゴミ処理券 買取表 画像

金券 - その他商品券 買取価格
渋谷区ゴミ処理券
渋谷区ゴミ処理券(10・20・45リットル) 詳細はこちら
渋谷区ゴミ処理券(70リットル) 詳細はこちら
渋谷区ゴミ処理券
渋谷区ゴミ処理券 金券画像

(2013年6月7日現在のデザイン)



渋谷区

渋谷区(しぶやく)は、東京都の特別区のひとつ。区の成立は1932年(昭和7年)で、1962年(昭和37年)の住居表示施行後から現在まで32の町名がある。区役所の所在地は、区内神南。

概要

渋谷区は東京における城西地区に位置し、千代田区、中央区、港区、新宿区とともに「都心5区」に数えられる。 ターミナル駅である渋谷駅を中心とした渋谷地区は副都心のひとつとなっているほか、新宿駅に程近い代々木や千駄ヶ谷は新宿のオフィス街・繁華街と一体となっている。また、青山(港区)に隣接する原宿・表参道はファッションの中心として知られるほか、代官山周辺や恵比寿などには商業施設やファッション関連の産業が集積している。さらに渋谷区は明治神宮や代々木公園など、都心にありながら広大な緑地を有しており、周辺には松濤や代々木上原といった都内有数の高級住宅地も点在している。また、同様に高級住宅地として知られる広尾は麻布区に起源を持ち、現在でも麻布に近い地域性を持つ。 一方、区内北部、とりわけ甲州街道や京王線沿いよりも北側の地区は中野区や新宿区に続く過密な住宅商業地区となっており、他の町域とは趣を異にする。 区内の年間平均気温は約15℃。冬場の最低気温は気象観測所のある大手町付近と比べて低くなることが多く、冬日の日数も多い。積雪によって路面凍結が起きることもある。

昼と夜の人口差

2005年に夜間人口(居住者)は199,280人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内残留人口の合計である昼間人口は542,803人で昼は夜の2.724倍の人口になる(東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行132,133ページ 国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。上のグラフには年齢不詳のものを含め、昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないの数字の間に誤差は生じる)



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/6/7現在



渋谷区ゴミ処理券の買取の注意事項

■渋谷区ゴミ処理券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の渋谷区ゴミ処理券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は渋谷区ゴミ処理券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■渋谷区ゴミ処理券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は渋谷区ゴミ処理券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の渋谷区ゴミ処理券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ