楽天KCギフトカード を高価買取します。

楽天KCギフトカード 買取表

金券 - 信販(ギフト) 買取価格
楽天KCギフトカード
楽天KC 詳細はこちら
楽天KCギフトカード
楽天KCギフトカード

(2013年3月15日現在のデザイン)



楽天KC

2005年6月に楽天が買収し、2005年10月1日に商号を楽天KC株式会社に変更。2006年11月1日に吸収分割し、個品あっせん(クレジット)事業を株式会社オリエントコーポレーションに承継させ、ネット系クレジットカード会社に転換した。

クレジットカードは、親会社であった楽天との提携カードである「楽天カード」を中心に、取扱高を増やしていた。また、クレジットカードのキャッシングやマネーカードなどの融資残高も、2006年9月末時点で2,300億円を突破するなど、順調に推移していた。[要出典]

提携カードは、1000種類以上に及び、2007年3月末時点でクレジットカード有効会員数(ローンカードを除く)は約279万人であった(内、楽天カードは約40万人の会員を有していた)。2008年1月には楽天カード会員が100万人突破しており、その後も毎日3,000名以上の新規会員が増え続けていた。[要出典] クレジットカードの加盟店数は2007年3月時点で、30万3,000店であった。[要出典]


KCカードへの社名変更

2011年6月2日に楽天KCの親会社であった楽天が、過払い金請求の負担(長期間グレーゾーン金利で貸し付けていた国内信販時代によるものと推測される)と改正貸金業法による収益上の懸念などを理由に、楽天KCが行っている事業のうち「楽天カード」と「楽天VIP Loan Card」「楽天KCタクシーチケット」を除く全ての事業について、他のノンバンクを次々と傘下に収めた持株会社Jトラストに総額415億円で売却する、と発表した。楽天は譲渡に際して債権放棄を行うなど1000億円程度の損失を計上する見込み。

2011年8月1日に、楽天KCはクレジットカード事業のうち楽天との提携カードである「楽天カード」事業(楽天カード・楽天提携カード・楽天VIP Loan Cardなど)と「楽天KCタクシーチケット」業務について会社分割を実施し、楽天クレジットに吸収させ楽天カード株式会社へ商号変更させる。それら以外の「楽天KC提携カード」と「楽天KCカード(プロパーカード)」を含むレガシーカード事業(旧国内信販時代から継続して行ってきたクレジットカード事業)、「楽天MONEY Card」を含む消費者金融事業及び不動産事業の資産が残った楽天KCを、同日Jトラストに売却し、楽天KCはKCカード株式会社に商号(社名)変更した[2][3]。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/3/15現在



信販(ギフト)の買取の注意事項

■信販(ギフト)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の信販(ギフト)をお売りいただける場合は信販(ギフト)の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■信販(ギフト)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は信販(ギフト)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の信販(ギフト)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ