プリンスホテルプリンスチケットを高価買取します。

プリンスホテルプリンスチケット 金券買取表

金券 - その他商品券 買取価格
プリンスホテルプリンスチケット
プリンスホテルプリンスチケット 詳細はこちら
プリンスホテルプリンスチケット
プリンスホテルプリンスチケット買取表

(2012年6月15日現在のデザイン)



プリンスホテル

株式会社プリンスホテル(Prince Hotels, Inc.)は、西武グループに属し、グループ内でのホテル・レジャー事業会社であり、西武ホールディングスの子会社。また、同社が運営するホテルブランドである。


概要

西武グループによるホテル・リゾート事業は、国土計画(後のコクド、2006年2月解散)が主導して計画・立案した箱根・軽井沢などへの観光地への進出を図ったのが源流である。社名は、敗戦に伴い行われた皇籍離脱後、占領軍によって没収された旧皇族の土地がサンフランシスコ条約締結によって日本政府に返還された後、安価で購入し、その土地にホテルを開業した事に由来している(後述の千ヶ滝プリンスで命名されたのが起源)。

コクド・西武鉄道の創業者である堤康次郎が1964年に逝去し、三男・堤義明がコクド・西武鉄道の後継者の座に就くと、1971年に西武鉄道のホテル部門を独立させる形で「(初代)株式会社プリンスホテル」を設立し、康次郎の五男で西武百貨店寄りの要職に就いていた堤猶二が社長に就任する(後にセゾン下のIHGの社長・東京テアトル社長を歴任)。同氏によって『プリンスホテルスクール』が設立され、各種学校としてホテリエの育成を手がけ始めるが、1976年に笹川良一率いる日本財団が支援した財団法人日本ホテル教育センターに経営が譲渡され、「専門学校 日本ホテルスクール」として継承されている。ホテル会社によって設立されたホテル養成学校はプリンスホテルスクールが国内では唯一であり、設立に際しては一定の評価がなされている。

1980年代からは義明元会長と政界との繋がりが強まり、大規模なスキーリゾートやシティホテルを首都圏・東北・北海道を中心に数多く進出させる。また、時期を前後してアメリカ合衆国(ハワイ・アラスカ・グアム)・カナダ・東南アジア諸国・台湾・オーストラリアなどの海外リゾート企業を買収・提携のうえで進出を行い、バブル景気の中でプリンスホテルの母体であったコクドは一大ホテル・レジャー事業を運営する企業へ成長した。

コクドの下で行われてきた事業拡大に合わせて資金調達に用いた手法は、銀行などから巨額の融資を得て土地を取得後、ホテルやレジャー施設を建設して土地の付加価値を高め、値上がりした地価上昇分などでさらに融資を受けて新たな土地開発を進めることだった。マスメディアなどからは「借金経営」と呼ばれ日本の高度経済成長期に続いていた地価の上昇などがこの経営手法を可能にさせた。当時の経営基本は「土地は値上がりを待つ」「利益を押さえ節税する」だった。そごう・ダイエーも酷似した手法で店舗網を拡大させたが、後に経営破綻をしている。

日本経済がバブル景気にへ突入した1980年代からは地価上昇はさらに加速して、土地本位制経営[1]で融資を受けるビジネスモデルを活かした事業を拡大していたプリンスホテル事業は、さらに積極的なホテルチェーン事業の拡大を推し進めることになった。1990年代のバブル経済崩壊後は地価の価格上昇による事業計画は軌道修正されたが、2004年に堤義明がコクド会長を辞任して会社から去るまで平成不況期のプリンスホテル事業は基本的にリストラ・事業再編は実施されず、「東京プリンスホテルパークタワー」の建設など事業の拡大を続けていた。

その後2006年前半(2005年度末)に西武ホールディングスの元で西武グループが再編される際に、不採算施設については順次売却し、それ以外の(旧)コクド・(初代)プリンスホテル・西武鉄道(西武線沿線施設は除く)が所有するホテル・リゾート事業の不動産については「(二代目・新)株式会社プリンスホテル」のもとに集約・統合された。

2006年の西武グループ再編以前までの「(初代)株式会社プリンスホテル」は、コクドの筆頭株主であった堤義明元会長・オーナーの計画立案により西武鉄道・伊豆箱根鉄道・近江鉄道・西武不動産といったコクドの傘下企業(主に首都圏・近畿)が開発した、あるいは他企業とコクドの合弁や地方自治体の誘致による第三セクター方式で設立した運営会社(海外、苗場・軽井沢以外のスキーリゾートなど)が開発した「プリンスホテル」のフランチャイズや客室販売など対外的なマーケティング事業が主体であり、経営自体は各社が行っているため統一的な戦略はなかった。(初代)プリンスホテルの自社物件は「サンシャインシティ プリンスホテル」のみである。

2006年7月、高輪地区と品川地区の競合解消のため、2名いた総支配人を1名にし、高輪地区を上位とする地区統合を行なった。2007年12月中に、本社を所沢市くすのき台から豊島区東池袋へ移転した。

2007年4月1日より、プリンスホテルは、グレードに応じた3つのカテゴリーに分かれ、ブランドマークやサービスを一新した。


沿革
  • ・1971年8月1日 会社設立。
  • ・2006年2月1日 プリンスホテルを存続会社とし、コクドを合併した。
  • ・2006年2月3日 株式移転で新設持株会社の西武ホールディングスの100%子会社になる。
  • ・2007年4月1日 プリンスホテルを再編し、3つのカテゴリーに分ける。ロゴマークを変更。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/6/15現在



その他商品券(ギフト券)の買取の注意事項

■その他商品券(ギフト券)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他商品券(ギフト券)をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はその他商品券(ギフト券)の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■その他商品券(ギフト券)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■その他商品券(ギフト券)、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はその他商品券(ギフト券)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のその他商品券(ギフト券)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ