ポプラ 商品券を高価買取します。

ポプラ 商品券 金券買取表

金券 - その他商品券 買取価格
ポプラ 商品券
ポプラ 商品券 500円 詳細はこちら
ポプラ 商品券
ポプラ 商品券買取表

(2013年5月7日現在のデザイン)



ポプラ

株式会社ポプラ(英: POPLAR. CO., LTD.)は、広島市安佐北区に本社を置く日本のコンビニエンスストアチェーン。中国地方を中心に、関東・北陸・近畿・四国・九州に店舗展開している。東証第一部上場企業。


概要

元々は、広島市中区流川にあった小さな酒類卸商がルーツ。1974年(昭和49年)にコンビニ業態に変更し、コンビニとしての歴史が始まる。1976年(昭和51年)に法人化。店舗数は業界9位で全国的な知名度はあまり高くないが、中国地方に限れば店舗数や規模などは大手チェーンにも引けをとらない。コンビニでの料金収納代行サービスを行うSMBCファイナンスサービスによる統計[1]によれば、2010年(平成22年)3月末現在、店舗数では鳥取県・島根県でローソンに次ぐ2位(島根県においては2006年9月時点ではコンビニチェーン店舗数が県内1位だった[2])、広島県と山口県ではセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートに次ぐ4位となっており、特に山陰地方での存在感が際だっている。

地場系チェーンから全国チェーンへの脱却を目指してM&Aを推進。酒類卸商を中心に多数の子会社を傘下に収めるが、近年は吸収合併(および子会社の解散)を立て続けに行い(2004年度から現在までに約100社を吸収合併)、ポプラ本体への事業集約を進めている。M&Aによって店舗網を拡大してきたため、グループ内でも「ポプラ(ポプラpal)」のほか、「生活彩家」(せいかつさいか)、「ハイウェイ彩家」(ハイウェイさいか)、「くらしハウス」、「スリーエイト」といった複数のブランドネームを有する(詳細は店舗名を参照)。なお、設立間もない時期は地域のスーパーの閉店後から翌朝までの営業で、“ナイトショップ・ポプラ”と名乗っていた[3]。他のコンビニチェーンと比べてオフィス・ホテル・病院への出店など出店形態が多様化しているのも特徴。

1990年代前半、九州で手広く展開を図った際、CMに鮎川誠を起用。「やっぱ九州のコンビニはポプラやね」というフレーズが九州で浸透した。2010年(平成22年)には鮎川誠出演のラジオCMが第49回福岡広告協会賞の銅賞に選出されている。

社訓は「お客様第一」。社名・店名の由来は、植物のポプラと「ポピュラー(popular)」を掛け合わせたもの。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/5/7現在



ポプラ 商品券の買取の注意事項

■ポプラ 商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のポプラ 商品券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はポプラ 商品券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ポプラ 商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■ポプラ 商品券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はポプラ 商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のポプラ 商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ