長崎屋 商品券を高価買取します。

長崎屋 商品券 買取表

金券 - その他商品券 買取価格
長崎屋 商品券
長崎屋 商品券 詳細はこちら
長崎屋 商品券
長崎屋 商品券

(2013年4月26日現在のデザイン)



株式会社長崎屋

株式会社長崎屋(ながさきや、英称:Nagasakiya Co., Ltd.、本社:東京都目黒区)は、衣料品を主力商品とするスーパーマーケットチェーン。愛称「サンバード長崎屋」。
現在は、大手ディスカウントストアチェーン「ドン・キホーテ」の連結子会社であり、親会社が展開する店舗ブランドである「ドン・キホーテ」の運営も手がけている。


歴史

創業から衣料品に強いスーパーへ 

家業の衣料品店を経営の引継いでいた岩田孝八が1948年(昭和23年)に平塚市に長崎屋布団店を設立して[1]ふとん製造・販売を行ったのが始まりである[2]。

創業から数年で蒲団・綿製品をはじめ、洋品雑貨や食品も取り揃えるなど早くからアメリカのチェーンストアの経営理論を取り入れて衣料品中心のチェーンストアを全国展開した[1]。1967年(昭和42年)に 東京証券取引所第1部上場し[3]、流通業界準大手に成長した[4]。

優れた衣料品の仕入れ担当者(バイヤー)が複数存在したため、スーパーが「安物売り」と見下されていた1960年代や1970年代でも衣料品メーカーや問屋の営業担当者が意見を聞きによく訪れるなど別格の扱いを受け、百貨店としか取引しないような老舗の衣料品メーカーや問屋とも取引していた[5]。

また、1969年(昭和44年)に自社開発製品(プライベートブランド)サンバードの肌着を発売し、独自の商品テストを行うなど消費者の立場から厳しい評価を行うことで知られていた雑誌暮しの手帖から肌着専門メーカー大手のグンゼと並んで最も高い評価を受けるなど衣料品に関して高い評価を獲得し、衣料品に関してスーパー業界内ではずば抜けた力を持ち、名門スーパーとしての評価をされていた[5]。

こうした衣料品の仕入れ・開発力の強みを生かしてフランチャイザーとして衣料品店の加盟店募集も行い、海外では類を見ない衣料品のフランチャイズを行っている企業としても注目が浴びた事もあった[6]。

その一方、1950年代半ばに実験的に鮮魚を販売した際に大量の売れ残りを出して廃棄処分を行ったのに伴い、面倒な食品販売を避けて得意とする衣料品に特化する方針を採ったため、食料品販売への取組みがスーパー業界の中でも非常に遅くなり、他の総合スーパー各社が注力していた消費者が一ヶ所で商品を購入出来るワンストップショッピングと呼ばれるニーズへの対応が出来なかった[5]。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/4/26現在



その他商品券(ギフト券)の買取の注意事項

■その他商品券(ギフト券)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他商品券(ギフト券)をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はその他商品券(ギフト券)の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■その他商品券(ギフト券)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はその他商品券(ギフト券)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のその他商品券(ギフト券)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ