丸井商品券を高価買取します。

丸井商品券 金券買取表

金券 - その他商品券 買取価格
丸井商品券
丸井商品券 詳細はこちら
丸井商品券
丸井商品券買取表

(2012年6月15日現在のデザイン)



丸井

株式会社丸井(まるい、OIOI・0101、英称:MARUI)は、日本で首都圏を中心にファッションビルなどの商業施設を展開する企業の一つである。

2007年(平成19年)10月1日、(旧)株式会社丸井が、「株式会社丸井グループ」に商号変更し、「小売事業」、「カード事業」、「小売関連サービス事業」からなる持株会社制へ移行。その際に、新たな小売事業会社(新)「株式会社丸井」が設立された。


概要

日本百貨店協会には属さず、月賦百貨店をルーツに持ち、新宿や渋谷という目立つ都心部の店舗が繋がっていない複数の建物に分散してファッションやインテリア、スポーツ用品など分野別にバラバラに展開していることや、DCブランド最盛期にそれらのブランドを大量に導入した頃からパルコと類似した売り場となっている場合があること、日本のデパートの代表的な売り場であるデパ地下と呼ばれるような食品売り場を展開してない店舗が多いことなどから、百貨店ではないとの見方をされることも多い。しかし、日経流通新聞は「日本の百貨店調査」の対象として扱い、その中で注目企業として記事を組んだこともあるほか、「一つの事業者が複数の分野にわたる多種類の商品を一つのの店舗で扱う大規模な小売店舗で、セルフサービス方式の売り場が50%以下のもの」に適合し経済産業省の商業統計調査の百貨店の定義に当てはまる(パルコ等の他のファッションビルも当てはまる)。しかし会社概要では小売事業としており、百貨店事業とする他の百貨店とは異なる。Yahoo!ではデパートではなくファッションビルとして掲載されている。

グループ3事業のうち、小売事業は売上の76.4%を占める。ファッションを軸に、家具・雑貨・メガネ・宝石など、多くの商品を自前主義で展開。小売事業には、食品やレストラン、通信販売、Eコマース事業も含まれる。首都圏では大きな若年層シェアを獲得している。グループの連結子会社は18社、小売事業の関連会社は(株)丸井も含め10社あり、グループ連結の売上高営業利益率は7.9%, 小売事業単独では4.5%と、伊勢丹(連結4.1%, 国内百貨店事業3.76%)などより高い。

かつてはテレビコマーシャル「駅のソバの丸井」「赤いカードの丸井」のキャッチコピーのもと、駅前一等地に次々と出店することでブランド認知度を高め、かつてのDCブランドブームに乗って若者を取り込んだ。店舗形態は、丸井、マルイシティ、マルイファミリー、in The Room, FIELDなどがある(後述)。

1960年(昭和35年)に日本で初めて「クレジット」という名称を使用した「クレジット・カード」(現在の「エポスカード」)を発行。ファッションのイメージが強い丸井であるが、経営上は同等、あるいはそれ以上に金融業を重視している。元々月賦百貨店であり、割賦販売のノウハウを蓄積していた。店舗においては自社カードによる分割払いを勧め、単に衣服を売る利益でなく、分割手数料を得ることができ、さらにカード会員によるキャッシングなどの融資事業からも収益をあげている。これにより流行や気候に左右されるアパレル販売だけでなく、カード・金融事業から安定した利益を稼ぎ出すことに成功している。現在はグループのカード事業は持ち株会社への移行に伴い、株式会社丸井とは分けられている。

本社は創業地である東京都中野区中野。中野駅北口の本社ビル、南口にグループ各社、マルイグループユニオン、マルイグループ福祉会、丸井健保組合などがある。

なお、北海道にある百貨店の丸井今井との関係はない。


出店形態
  • ・丸井(マルイ)- 一般型店舗。古くからある店舗は漢字表記(丸井○○店)、1980年代以降に開店した店舗はカタカナ表記(○○マルイ)である。
  • ・マルイシティ(OICITY)- 都市型店舗。渋谷、池袋、横浜の各店舗。かつては新宿にもあったが現在はワン、アネックスに改称されている。また上野にもあったが現在は上野マルイに名称が変更された。
  • ・マルイジャム - ファッション激戦区・渋谷の立地に対応したレディス専門店。
  • ・マルイファミリー - 郊外型ショッピングセンターを意識。食料品も扱う。溝口、海老名、志木の各店舗。
  • ・マルイミニ - 一般・小規模店舗。現在は店舗なし。立川(→modi)、町田(現町田マルイ)にあった。
  • ・in The Room(インザルーム) - インテリア専門店。現在は単独店舗は存在しない(テナント形態は存続)。
  • ・FIELD(フィールド) - スポーツ用品専門店。旧・池袋スポーツ館。現在はテナント形態のみ。
  • ・VAT - ティーンズ世代のファッション専門店。マルイの109とも言われている。柏店のみ。
  • ・まるい食遊館 - 食料品専門店。国分寺、戸塚、北千住など。
  • ・OIOI The DISH - レストラン街。新宿アネックス、上野など。錦糸町は類似形態の"錦糸町ダイニング 0141"。北千住は類似形態の"千寿万彩"(せんじゅまんさい)。
  • ・マルイザッカ - ファッション雑貨専門店。現在は店舗なし。
  • ・マルイヤング - ヤングファッション専門店。新宿と渋谷にあったが前者はカレン、後者はジャムとなり店舗なし。
  • ・マルイビィ- 一般・小規模店舗。現在は店舗なし。町田大丸の跡地に開設されたが閉鎖となり、2006年(平成18年)9月にmodi町田店となった。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/6/15現在



その他商品券(ギフト券)の買取の注意事項

■その他商品券(ギフト券)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他商品券(ギフト券)をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はその他商品券(ギフト券)の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■その他商品券(ギフト券)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■その他商品券(ギフト券)、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はその他商品券(ギフト券)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のその他商品券(ギフト券)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ