ららぽーと 商品券を高価買取します。

ららぽーと 商品券 金券買取表

金券 - その他商品券 買取価格
ららぽーと 商品券
ららぽーと 商品券 詳細はこちら
ららぽーと 商品券
ららぽーと 商品券買取表

(2013年5月21日現在のデザイン)



ららぽーと

ららぽーと(英称:LaLaPort)は、三井不動産グループの三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する複合型大型ショッピングセンター(複合商業施設)である。千葉県船橋市のららぽーとTOKYO-BAY(旧称:ららぽーと船橋ショッピングセンター)が1号店。本項目では「三井不動産商業マネジメント株式会社」及び関連施設についても説明する。



沿革

ららぽーと等50以上の商業施設を運営・管理している。一部の施設は施設名称の前に「三井ショッピングパーク」の名を冠する。三井不動産がデベロッパー(開発事業者)となり、ららぽーとマネジメントが運営する形態の店舗が多い。

かつてはピーナッツのキャラクターショップ「スヌーピータウン」の事業も展開してきたが、契約切れにより2008年(平成20年)3月末をもって全店舗を閉店し事業から撤退した[1]。同事業については同年春以降、キデイランドによって継承されている[2]。



ららぽーと

1955年(昭和30年)2月に千葉県船橋市の埋立地に開設された船橋ヘルスセンター(三井不動産所有)が1977年(昭和52年)5月に閉鎖され、その跡地に1981年(昭和56年)4月2日、開業した。当時の名称は「ららぽーと船橋ショッピングセンター」。初期の核店舗は西端のそごうと東端のダイエーでその間に約200の専門店舗を展開して「団塊の世代」をターゲットとする形をとっていたが、そごうは2000年(平成12年)のそごうグループの民事再生法適用を受け閉鎖、ダイエーも2004年(平成16年)に業態再編に伴って撤退し、その後は若者向けを中心とした専門店舗街を前面に押し出した形態に転換。2006年(平成18年)8月にはブランド戦略の一環で「ららぽーとTOKYO-BAY」に名称変更した。

最寄り駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉線南船橋駅及び京成電鉄本線船橋競馬場駅であるがどちらも若干の距離があり、両駅発着の無料送迎バスが運行されている。この他にJR東日本総武線・東武鉄道野田線船橋駅、京成本線京成船橋駅からの路線バスがある。一方で国道357号に面した立地でもあり、広大な駐車場も整備されている。近隣にはIKEA、ビビット南船橋、船橋競馬場、船橋オートレース場が立地する。
ららぽーとの中で最大の店舗面積を持つ。日本のショッピングセンター全体では第3位。




出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/5/21現在



ららぽーと 商品券の買取の注意事項

■ららぽーと 商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のららぽーと 商品券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はららぽーと 商品券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ららぽーと 商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■ららぽーと 商品券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はららぽーと 商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のららぽーと 商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ