ららぽーとTOKYO-BAY 買物券を高価買取します。

ららぽーとTOKYO-BAY 買物券 金券買取表

金券 - その他商品券 買取価格
ららぽーとTOKYO-BAY 買物券
ららぽーとTOKYO-BAY 買物券 詳細はこちら
ららぽーとTOKYO-BAY 買物券
ららぽーとTOKYO-BAY 買物券買取表

(2013年5月21日現在のデザイン)



ららぽーとTOKYO-BAY

三井ショッピングパーク・ららぽーとTOKYO-BAY(みついショッピングパーク ららぽーとトーキョーベイ、LaLaport TOKYO-BAY)は、千葉県船橋市浜町二丁目に所在する三井不動産商業マネジメントが運営するショッピングセンターである。



概要

1981年(昭和56年)4月2日、ハワイのアラモアナセンターを参考に[1]、船橋ヘルスセンターの跡地に開業した。三井不動産が初めて手掛けたショッピングセンターである[2]。開業時の名称は「ららぽーと船橋ショッピングセンター」[3]。「TOKYO-BAYららぽーと」を経て、2006年8月に「ららぽーとTOKYO-BAY」に変更した。 当初から日本最大規模の大型ショッピングセンターであり、その先駆けだった。当時は京葉線の開通前で、近隣の船橋駅・津田沼駅前は日本有数の商業激戦区(津田沼戦争)[4]。ショッピングセンター事業への経験不足、前例のない広大な敷地でもあり、成功を疑問視する声も多かった[5]。

開業初日は雨の中、開店前に4万人が列を作り、推定25万人が来場した[5]。初年度は200店舗、年間来場者数約1,200万人[6]。その後さらに規模が拡大していき、2011年時点では540の専門店、飲食店に加え、映画館などのアミューズメント施設を備え、年間約2,500万人が訪れている。

かつては売り場面積が日本全国で1位で、CMなどでもそのように紹介していた。イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)や大阪ステーションシティ(大阪府大阪市)が開業して以降は第3位。コート(広場)ではストリートパフォーマンスや音楽ライブなど、多様なイベントが催され、地元放送局bayfmの公開収録も行われる。生活・文化の拠点を目指し、時代に合わせて継続的に増床・リニューアルを繰り返している。

2000年には、近場の海浜幕張駅周辺にコストコ幕張倉庫店、カルフール幕張(現・イオン幕張店)が相次いで開業、また、三井不動産グループも三井アウトレットパーク 幕張を開業させた。舞浜駅前にはイクスピアリが開業し、さらに2004年には隣接地にビビットスクエアが開業するなど、周辺地域にショッピングセンターが乱立した。この影響で売り上げが落ち込むと予想する声もあったが、地域の集客力が上がったことにより、かえって以前よりも来客数が増える傾向にある。



沿革
  • 1981年(昭和56年)4月2日 - 「ららぽーと船橋ショッピングセンター」(ららぽーと1)が、ダイエー・そごうと2核1モールで開業。
  • 1985年(昭和60年)3月30日 - ホテルサンガーデンららぽーと(後に三井ガーデンホテル船橋ららぽーと)が開業。
  • 1986年(昭和61年)3月3日 - 日本国有鉄道(国鉄)京葉線西船橋駅 - 千葉貨物ターミナル駅(廃駅)間開通と同時に南船橋駅開業。
  • 1988年(昭和63年)3月 - ららぽーと2を増床。他施設に先駆けシネマコンプレックスを導入。
  • 1993年(平成5年)7月15日 - 世界最大の屋内スキー場、ららぽーとスキードームSSAWSが開業。
  • 2000年(平成12年)4月20日 - ららぽーと3を増床。
  • 2001年(平成13年)
    • 5月 - 経営再建中のそごうから船橋そごうの土地・建物を取得。
    • 6月2日 - ららぽーとの湯 常盤殿がオープン。
    • 9月21日 - 旧・船橋そごうをららぽーとウエストとしてリニューアルオープン。
  • 2002年(平成14年)9月30日 - ららぽーとスキードームSSAWSが閉館。
  • 2004年(平成16年)
    • 5月31日 - ダイエーららぽーとイースト店が閉店。
    • 7月16日 - 映画館10スクリーンが「TOHOシネマズ船橋ららぽーと」に統一されリニューアルオープン。
    • 11月19日 - 旧ダイエーをららぽーとイーストとしてリニューアルオープン。
  • 2006年(平成18年)8月 - 「ららぽーとTOKYO-BAY」に名称変更。
  • 2007年(平成19年)3月31日 - ららぽーとの湯 常盤殿が閉館。
  • 2008年(平成20年)5月22日 - ららぽーと2を建替え・リニューアル。それに伴い、ららぽーと1とららぽーとイーストを北館、ららぽーと2とららぽーと3を南館、ららぽーとウエストを西館へと、全館それぞれ名称変更。
  • 2011年(平成23年)11月12日 - 三井ガーデンホテル船橋ららぽーとが閉館。
  • 2012年(平成24年)1月29日 - 西館が閉館(一部店舗は北館に移転)。解体、建替え工事を行う。
  • 2013年(平成25年)秋 - 新たに西館がオープンする予定[7]。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/5/21現在



ららぽーとTOKYO-BAY 買物券の買取の注意事項

■ららぽーとTOKYO-BAY 買物券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のららぽーとTOKYO-BAY 買物券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はららぽーとTOKYO-BAY 買物券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ららぽーとTOKYO-BAY 買物券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■ららぽーとTOKYO-BAY 買物券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はららぽーとTOKYO-BAY 買物券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のららぽーとTOKYO-BAY 買物券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ