コストコ ワンデーパス付商品券を高価買取します。

コストコ ワンデーパス付商品券 金券買取表

金券 - その他商品券 買取価格
コストコ ワンデーパス付商品券
コストコ ワンデーパス付商品券 5,000円 詳細はこちら
コストコ ワンデーパス付商品券 5,000円
コストコ ワンデーパス付商品券買取表

(2014年2月7日現在のデザイン)



コストコ

コストコ(Costco、正式社名:Costco Wholesale Corporation)は、アメリカ合衆国に本社を置くウェアハウス・クラブ(会員制倉庫型卸売小売)チェーン。本社はワシントン州シアトル郊外のイサカ(Issaquah)。


概要

入荷したままのパレットに乗っている商品を大型の倉庫に並べて販売することにより、管理や陳列にかかるコスト(費用)などを徹底的に抑えるコンセプトである。


沿革

1983年9月15日に創業者のジェームス・シネガル(英語版)とジェフリー・ブラットマン(英語版)が倉庫型小売店をシアトルに開店。そもそもシネガルはフェドマート(英語版)とプライス・クラブ(英語版)にてその創業者ソル・プライス(英語版)に仕えていた。ブラットマンは小売業の家系に生まれた弁護士だったため、若い頃から小売業に携わっていた。

1993年、同スタイルでほぼ同規模であった競合企業プライス・クラブと合併し、社名を「プライスコストコ(PriceCostco)」とし両社の幹部で経営を行ったが、その後1994年にソル・プライスとその息子ロバート・プライスが経営から離脱した。両社の合併前には、ウォルマート創業者のサム・ウォルトンは自社の会員制ウェアハウスチェーンである「サムズ・クラブ」とコストコの合併を狙っていた。

1997年、社名を「コストコ・ホールセール(Costco Wholesale)」(ホールセール=大量販売(量販))とした。

2013年、日本の中部空港倉庫店(愛知県常滑市)オープン前の事前入会者が世界最高の5万人以上を記録した 。


特徴
  • 年会費形式の会員制である(アメリカではゴールドスター会員(個人会員)または法人会員$50、日本ではビジネスメンバー(法人会員)年会費3,675円、ゴールドスターメンバー(個人会員)年会費4,200円、共に全世界の店舗で利用可能)。会員カードには顔写真が添付または印刷されるようになっており、使い回し対策が施されている。この顔写真は紛失時の対応にも使われる。ゴールドスターメンバーおよびビジネスメンバーは家族カードが1枚作成出来る。ビジネスメンバー会員はその会社の従業員6名まで追加会員登録が可能。ゴールドスター会員は最大で会員本人と非会員の大人同伴者2名が入場出来る。
  • 日本においては、コストコで販売されている商品を紹介した雑誌に一日体験入場券(ワンデーパスと呼ばれる)が添付されていることがある。有効期限が券面に記載されており、入会受付で入場の手続きを取る必要がある。
  • 日本国内店舗の店内ではコストコで利用できる商品券が販売されており、額面は5,000円と10,000円の2種類がある。商品券は会員のみが購入でき、日本国内の店舗において使用できる。商品券1枚で大人3名、こどもは何名でも入場可能。有効期限は設けられていない。利用は1名につき1度のみ。ワンデーパスまたは商品券を使用して商品を購入の際は購入価格に5%の追加料金が加算される。商品購入後、会員に入会した場合は追加料金は払い戻しされる。一度ワンデーパスや商品券で入場した人は再び商品券もしくはワンデーパスを利用して入場することができない。
  • 土曜日や日曜日・祝日など店舗開店時刻前に長蛇の列が発生した場合は、一部店舗でオープン時刻を早める「アーリーオープン」が行われることがある。
  • ショッピングカートが日本のスーパーマーケットなどとは大きさが違い、米国でみられる大型のものである。店舗通路もカートが容易にすれ違えるぐらい広くとられている。
  • レジは、ベルトコンベアー式で、レジ袋のサービスが一切ないので、マイバッグ等が必要となる。レジで「コストコバッグ」が購入可能。ただし駐車場までカートを持ち出せるので、自家用車で来店している客に対しては車に直接積み込むことを前提にしている。
  • 支払いには、現金またはアメリカン・エキスプレスカードしか使用できない(ただし日本ではオリコカード(コストコ店舗内で申し込む「コストコ-オリコカード」)も使用可能)。またキャッシュディスペンサーも設置されている。
  • 盗難やレジ打ちミス防止のレシートチェックが退店時にある。また、外部の店舗の購入商品は入口の会員証チェックで止められ店内ロッカー(出口そばにあるデポジットロッカー)に入れるよう求められる。
  • 会員には年2回「パスポート」と「ウォレット」と呼ばれるクーポンブックが送付されている。国によっては店頭配布となっている。以前はハンドアウトクーポンが入り口で配られていることがあった。現在では、店舗入口や定期的に送られてくるメールマガジンでクーポン割引対象の商品が告知され、日本国内店舗においてはレジで会計の際自動的に割引が適用される。
  • 荷物を宅配業者に委託する「配送カウンター」が設置されている。一部店舗を除き、家電製品などの大型商品に限られる。
  • 会員を脱退した際に年会費は返戻されるが、会員都合による脱退である場合は、以後1年間、同一人物または同一住所での新規登録を拒否される。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/2/7現在 Copyleft(c)



コストコ ワンデーパス付商品券の買取の注意事項

■コストコ ワンデーパス付商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のコストコ ワンデーパス付商品券をお売りいただける場合はコストコ ワンデーパス付商品券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■コストコ ワンデーパス付商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はコストコ ワンデーパス付商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のコストコ ワンデーパス付商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ