CGCグループ商品券を高価買取します。

CGCグループ商品券 金券買取価格表

金券 - その他金券買取表 買取価格
その他
CGCグループ商品券 詳細はこちら
CGCグループ商品券
CGCグループ商品券買取表

(2013年3月19日現在のデザイン)



シジシージャパン

株式会社シジシージャパン(英称:CGC JAPAN CO.,LTD.)は、日本のスーパーマーケットの共同出資により『CGC』の名称でプライベートブランドを運営する株式会社である。CGCグループの本部機能を担っている。
CGCとは、Co-operative Grocer Chain(共同食料品チェーン)の略称。登記上の社名表記は「シジシー」であるが、組織・ブランド名等の発音は通常「シージーシー(=CGC)」と呼ぶ。コーポレート・スローガンは「世界中から良いものを」。
2011年6月16日にテレビ東京系列で放送された『カンブリア宮殿』にて紹介されている《グループ代表の堀内淳弘がスタジオ生出演していた》[1]。


概説

一社でプライベートブランド商品を開発する大手のスーパーに対抗して、中堅クラスの食品スーパーが共同でPB商品を開発・販売するために、1973年、東京都新宿区に本部を持つスーパーマーケット三徳が設立した。
当初は三徳の貿易部だった部署が独立した会社組織になったもので、現在もCGCの本部は三徳本部ビルに設置されている。
設立当初は第一次オイルショックを機に、トイレットペーパーや洗剤などの石油関連商品の安定供給を第一目的としたが、その発想は先に欧米に存在していたコーペラティブ・チェーン(ボランタリー・チェーンとも言う)の日本版である。
2007年12月現在では全国で223社、3,265店舗が加盟しグループ総年商3兆6,836億円と日本最大のコーペラティブチェーンとなっている。
なお、全国の都道府県では唯一、香川県には加盟社が無い。以前は沖縄県にも加盟社はなかったが、2007年9月より地元スーパー3社が加盟している。
この会社の出している製品は、多くが他社製品と包装などが極めて似ている。この会社の仕組みを知らずに、この会社の製品をただの類似品だと勘違いしてしまう人もいる。
CGC加盟店ではCGCの各種ブランドがついた商品、CGCが国内外で開発した青果、鮮魚、精肉など1,000品目を超える商品が売場に並んでいる。また大手メーカーと共同開発し、加盟店限定販売の商品もある。店内ではCGCのテーマソングが流れている。
ただし、一部店舗や一部チェーンでは流していない場合もある。
2007年3月1日より、創業35周年を機に新CIを導入している。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/3/19現在



CGCグループ商品券の買取の注意事項

■CGCグループ商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびCGCグループ商品券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■CGCグループ商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はCGCグループ商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のCGCグループ商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ