東急ギフトカードを高価買取します。

東急ギフトカード 金券買取表

金券 - 百貨店 買取価格
東急ギフトカード
東急ギフト 詳細はこちら
東急ギフトカード
東急ギフトカード買取表

(デザインは過去の物です)



東急百貨店

株式会社東急百貨店(とうきゅうひゃっかてん、英称:TOKYU DEPARTMENT STORE)は、同名の百貨店を運営する企業。東京急行電鉄関連子会社1958年に東横百貨店と白木屋が合併し1967年に東急百貨店に改称した。株式会社東急百貨店は東急グループの中核企業である。


概説

東京横浜電鉄(現・東京急行電鉄)が渋谷駅に1934年に設立した「東横百貨店」が、呉服店系デパートの老舗「白木屋(創業1662年)」と1958年に合併して現在へと至る。白木屋との合併は、実業家として名を馳せた横井英樹が株を買い占めて経営権獲得を目論んだものの難航し、五島慶太総帥率いる東急に持株分を譲渡した経緯による。
日本の百貨店は呉服店系と鉄道系に大別されるが、現在の東急百貨店は鉄道系であると同時に、白木屋との合併により呉服店系の伝統も受け継いだ。 その白木屋の流れを直接汲み、都心の主力店舗の一つだった日本橋店は、売上不振のため、1999年に336年の歴史に幕を下ろし閉店。東急不動産と三井不動産による跡地と周辺の一体再開発により、2004年に賃貸オフィスと商業テナント「COREDO日本橋」を複合した日本橋一丁目ビルディングが竣工・開業している。東急グループの名残として東急ストアによる食料品スーパー「プレッセ」が出店している。
連結売上高は2,700億円以上になり、売上高営業利益率は1.94%である(2009年1月期)。
旗艦店の一つである本店の売上高は1,243億円(2008年度)で、店舗別の売上高では全国8位だが、若者の街渋谷では、慢性的な売上不振が続いているといわれている。決算後などにメディアで報じられる本店の売上高は、本店、東横店、法人外商事業部、通信販売事業部の売上高を合わせて、「本店の売上高」として発表しており、本店単体の売上高は非公開。
また、子会社で総合スーパーの「東急バラエティストア」(2007年撤退)、百貨店(たまプラーザ店、青葉台店、日吉店、港北店)を出店し、多摩田園都市の流通分野の中核を担っていた。
現在のスローガンは「上質な日々、ごいっしょに。」
TOKYUポイント加盟店。
2012年に、東急文化会館跡地の再開発ビルである渋谷ヒカリエへの新店舗出店を計画している。東京急行電鉄中期3か年経営計画


店舗

日本国内
吉祥寺店
たまプラーザ店(たまプラーザ東急SC.)
さっぽろ店
百貨店
渋谷本店(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)- 地上9階(9階は屋上)地下3階・売場面積35,367m²
渋谷駅からやや離れている。
2008年度の売上高は1,243億円で、店舗別の売上高では全国8位。ただし売上高は、東横店、法人外商事業部、通信販売事業部を含めて公表している。
元々本店の駐車場があった場所に建てられた隣接する複合文化施設のBunkamuraとは連絡通路(地上1・2・8階、地下1・2・3階)で結ばれていることから、複合商業施設の一面もある。
グッチ、シャネルなど高級ブティックが多く入っている。
東横店(東京都渋谷区渋谷2-24-1) - 売場面積 35,675m²(3館合計)
東館 - 地上8階(8階は屋上)地下1階
暗渠化された渋谷川の上に建っており、日本唯一の橋上百貨店である。なお、東京都が2009年に都市計画変更を実施し、同館を含む約250mの区間は河川から下水に変更された。今後の渋谷駅再開発計画では流路を変更し、雨水貯留槽を設ける予定。下水に変更されたことにより、河川ではなくなった[1]。
現在、地下1階は売場としては使用していない。
再開発に伴い、2013年3月をもって閉館し、解体予定
。 西館 - 地上11階(11階は屋上)地下1階
1954年(昭和29年)に行われた増改築工事で、当時日本一高い11階建て(43m)の建物であった。
9・10階部分には、1954年(昭和29年)から1985年(昭和60年)まで大劇場「東横ホール」(のちに「東横劇場」と改称)があり、新派劇や落語などの舞台上演の場として日本橋の三越劇場と並んで人気を集めていた。
3階部分を貫通するように地下鉄銀座線の駅がある関係で、3・4階部分には百貨店としての売場は無い。
老朽化のため、東京メトロ副都心線との直通運転による東横線渋谷駅の地下化をめどに建て替えも計画されている。
南館 - 地上9階(9階は屋上)地下2階(地下2階は従業員施設)
西館、東館に比べて、敷地面積が狭い。
西館と南館とは、地下1階~地上2階、地上5階~8階、屋上で連絡通路で繋がっており、西館と東館とは地上1階、地上5階~7階、屋上で連絡通路で繋がっている。
かつては、「オレンジ館(現:東館)、ブルー館(現:西館)、イエロー館(現:南館)」と呼称していた時期もあった。
吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1) - 地上10階(10階は屋上)地下3階・売場面積 31,731m²
2010年(平成22年)3月14日に伊勢丹吉祥寺が閉店したことにより、武蔵野市内で唯一の百貨店となった。
吉祥寺駅北口にあり、近辺にはダイヤ街、パルコなどがある。2008年まではダイヤ街の東急側から駅側までの名称を「東急チェリーナード」としていた(現在はWest Zone、East zone)。
たまプラーザ店(神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-7) - 地上6階(6階は屋上)地下3階 売場面積・24,835m²
別館 - 地上1階
「スポーツプラザ109」がある。
隣接する専門店街とは地下1階~地上2階で繋がっている。
さっぽろ店(北海道札幌市中央区北4条西2丁目) - 地上11階(11階は屋上)地下3階・売場面積 30,084m²
さっぽろ東急百貨店として、新千歳空港ターミナルビル「フルール」に第一売店、第二売店を出店している。新千歳空港には、同じ東急グループのじょうてつも売店を出店している。
食品売場
東横のれん街
「東横のれん街」という形で、百貨店への出店を躊躇していた老舗食品店の導入を図り、今日の百貨店の食品売場「デパ地下」の基礎を築いたことでも知られる。
1950年(昭和25年) - 東京急行電鉄渋谷駅下の遊休地の有効利用として「有名食品街」の構想が立案される。
1951年(昭和26年)
2月 - 出店者の打診が始まる。
10月27日 - 日本初の「名店街」(テナント集積型食料品フロア)として、東横百貨店渋谷店(現:東横店東館)1階に15店(泉屋東京店、入船堂、榮太樓、小倉屋山本、菊廼舎、玉英堂、コロンバン、志乃多寿司、清月堂、玉木屋、ちとせ、梅林堂、花園万頭、味の浜藤、麻布文明堂、諸国銘菓)の出店で開設された。
1964年(昭和39年)6月 - 売場を増床。
2003年(平成15年)10月2日 - 開設以来となる大規模リニューアルを行う。
TOKYU Food Show(東急フードショー)
1999年(平成11年)2月、東急百貨店本社内に東横店食品売場の「リモデル準備室」が正式発足。
2000年(平成12年)4月7日、「食」を「流行」「ファッション」として捕らえ直した「食のテーマパーク」をコンセプトにリニューアルされた食品売場で、東横店西館・南館の地下1階に開設された。
リニューアルに伴う投資額は12億円、売り場面積も約40%増床。
東横店を皮切りに、吉祥寺店、町田店、札幌店、ながの東急百貨店の各食品売場を、同じく「フードショー」というコンセプトで順次リニューアルを行った。
専門店ビル
当初は百貨店として開業したが、専門店ビルに業態変更した。
日吉東急avenue(旧:日吉東急百貨店)(神奈川県横浜市港北区日吉2-1-1) - 売場面積 13,967m²(2館合計)
本館(地上3階地下1階)、南館(地上3階建てで1階部分は東急東横線日吉駅)
本館と南館とは2階と3階の連絡通路で繋がっている。
港北東急(旧:東急百貨店港北店)(神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央5-1) - 地上7階地下1階 売場面積 19,235m²
隣接する港北 TOKYU S.C.とは地下1階~地上6階で繋がっている。
町田東急ツインズ(旧:東急百貨店町田店)(東京都町田市原町田6-4-1)
EAST(地上9階(9階は屋上)地下3階) - 売場面積 22,950m²(旧:百貨店)
  WEST(地上8階地下1階) - 売場面積 9,002m²(旧:専門店ビル「TOKYU まちだ and YOU」)
EASTとWESTとは地上5階の連絡通路で繋がっている。
食品売場
当初は百貨店として開業し専門店ビルに業態変更したが、東急百貨店として運営している食品売場。
FOOD PATIO レ・シ・ピ
FOOD PATIO レ・シ・ピ青葉台
神奈川県横浜市青葉区青葉台2-1-1 青葉台東急スクエア South-1 本館 地下1階売場面積 3,163m²
青葉台東急百貨店が閉店後も、そのまま百貨店直営食品売場として「青葉台東急百貨店・食品売場」の名称で営業していたが、2000年(平成12年)11月の青葉台東急スクエアの第一期開業時に変更された名称。
FOOD PATIO レ・シ・ピ町田
町田東急ツインズ EAST 1階
東急百貨店町田店が閉店し、2007年(平成19年)10月の業態変更後の町田東急ツインズの百貨店直営食品売場としての名称。
百貨店での営業時には地下1階で、「東急フードショー」の名称で営業していたが、2004年(平成16年)より「東急ストア Q's MARKET」の名称で営業していた。
港北東急 食品売場
港北東急 地下1階
港北東急百貨店として開業し、専門店ビルに業態変更して「港北東急」となり食品売場のみの店舗となったが、2011年1月16日13年間の営業を終了・SCで改修予定。
日吉東急avenue 食品売場
日吉東急avenue 本館地下1階
日吉東急百貨店として開業し、専門店ビルに業態変更し「日吉東急(現:日吉東急avenue)」となったが、百貨店直営として運営している食品売場。
関連会社の店舗
百貨店
ながの東急百貨店本館
ながの東急百貨店(長野県長野市南千歳1-1-1) - 売場面積 22,166m²(2館合計、サテライトショップは含まず)
本館(地上8階(8階は屋上)地下1階)、別館Cher-Cher(シェルシェ、地上7階(7階は屋上))
長野県内で最大規模の百貨店である。
本館と別館(新館)とは地上3階と5階で連絡通路で繋がっている。
サテライトショップ - 中野、更埴、上田(「上田東急イン」内)、松本
専門店ビル
当初は、百貨店のクイーンズイースト(株式会社よこはま東急百貨店)として開業したが、専門店ビルに業態変更した。
QUEEN'S EAST(クイーンズイースト)(神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-2) - 地上4階地下1階・売場面積 17,976m²
海外
百貨店
東急百貨店マーブンクロン店(タイ王国・バンコク)
持分法適用子会社である株式会社バンコク東急百貨店により営業
ショッピングモール「マーブンクロンセンター」の主要テナント


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/5/4現在



東急ギフトカードの買取の注意事項

■東急ギフトカードの買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の東急ギフトカードをお売りいただける場合は東急ギフトカードの在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東急ギフトカードの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■東急ギフトカード、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は東急ギフトカードを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東急ギフトカードを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ