そごう商品券を高価買取します。

そごう商品券 金券買取表

金券 - 百貨店 買取価格
そごう商品券
そごう 商品券 詳細はこちら
そごう ギフト券 詳細はこちら
そごう商品券
そごう商品券買取表

(2012年4月16日現在のデザイン)



そごう

そごう(英称:Sogo)はセブン&アイ・ホールディングスの傘下の株式会社そごう・西武が運営する日本の百貨店。

2009年8月1日付で、かつての運営会社「株式会社そごう」が、西武百貨店と持株会社のミレニアムリテイリングを吸収合併し、株式会社そごう・西武に商号変更した。


店舗

2012年2月現在、国内10店舗。

経営破たん時、東京・旧大阪・神戸の各店は上場会社である「株式会社そごう(千葉そごう・興銀が大株主)」の直営店であったが、それ以外は水島廣雄が過半数株主の「千葉そごう(資本金1億円)」と、同社100%出資で完全子会社の「柏そごう」「廣島そごう」の出資によって、店舗ごとに子会社が設立されて経営が行われた。前述の3社と各地の店舗運営子会社の間で株式持ち合いが行われ、メインバンク(かつての長銀・興銀)を筆頭に、地方銀行からも出資会社の債務保証を取り付けて多額の融資を受けていた。この複雑な資本関係のため、経営破綻するまで、店舗ごとの財務状態は明らかにされなかった。報道では「そごうグループXX社」と称されていた。後項も参照のこと。

現在は全店「そごう○○店」の名称であるが、民事再生計画以前に前述の子会社が運営していた店舗は店名が先に来る「○○そごう」であり、一般には経営破綻前の名残から現在も通称として使われている(西武百貨店も同様)。

なお、東日本地域のほとんどの店舗は再開発組合や鉄道・デベロッパー会社など他の事業体によって竣工されたテナントビルに入居する形式を取り、1980年代以降1997年の錦糸町店(閉店、現在は「アルカキット錦糸町」で完全に無関係)まで立て続けに出店を行っていた。そごうのテナント区画外にある店舗・飲食店ではミレニアムカードや「全国百貨店共通商品券」などが使用できない。

日本国内店舗
横浜店(横浜そごう。横浜駅東口。横浜新都市ビルの核テナント)売場面積83,654m2 開店初年度売上額世界一のデパートであり、現在も破られていない。
そごう美術館を設置している。

千葉店(千葉そごう、運営会社は新千葉そごう。再開発ビル「センシティビルディング」の核店舗。京成千葉駅直結)売場面積69,648m2 売上高はそごう各店の中で横浜店につぐ第2位を誇っている。

大宮店(大宮そごう。大宮駅西口の街区再開発ビル「大宮スカイビル」の核店舗)売場面積40,295m2 同ビルの1 - 3階の西側は地権者テナント「OSS24」である。
パーキング棟(駐車場)の一部はビックカメラ大宮西口そごう店となっている。

川口店(川口そごう。川口駅東口の「川口再開発ビル」核店舗)売場面積39,149m2 別区画に三井住友銀行川口支店などが入居している。
同店の近くには、イトーヨーカドーのザ・プライス川口店が、また同市内には、セブン&アイグループのショッピングセンターアリオ川口(イトーヨーカドー・アリオ川口店)がある。

柏店(柏そごう。柏駅東口)売場面積32,593m2 かつては本館・プラザ館の2館体制だったが[5]、2005年より本館及び旧プラザ館8階(催し会場等)のみとなり、旧プラザ館の大半はビックカメラ柏店となった。この他、読売・日本テレビ文化センター柏等があるアネックス館がある。
かつてのそごう名物の一つ、最上階の回転展望レストランが営業しているのは、現在もそごうとして営業している店舗の中では柏店が唯一である[6]。
同店の近くには、イトーヨーカドー柏店がある。

神戸店(開店時より直営、倒産前の通称は「神戸三ノ宮そごう」)売場面積42,563m2 阪神三宮駅に直結しており、阪急三宮駅、JR三ノ宮駅、神戸市営地下鉄三宮駅、ポートライナー三宮駅などとも地下街さんちかを通じて結ばれている。地域一番店の座を大丸と争っている。
本館は三宮阪神ビル+三宮さくらビル+自社ビルを束ねて外装工事でひとつのビルに、新館はケイエスビル+S・ヨシマツビル。

西神店(西神そごう。神戸市営地下鉄西神中央駅前、ダイエー西神店と2核1モールを形成)売場面積17,904m2
広島店(廣島そごう+廣島そごう新館。広島バスセンタービル+基町クレドビル。広島電鉄紙屋町西電停前)売場面積57,839m2
呉店(呉そごう。呉駅前)売場面積21,395m2 2008年に広島店と外商機能などが統合された。呉そごう時代から資本上でも広島店の分店的存在。

徳島店(徳島そごう。徳島駅前)売場面積26,738m2 セブン&アイ・ホールディングスの完全子会社となったのに伴い、従来四国には店舗を持たなかったセブン&アイグループが店舗を持つこととなった。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/16現在



そごう商品券の買取の注意事項

■そごう商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のそごう商品券をお売りいただける場合はそごう商品券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■そごう商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■そごう商品券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はそごう商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のそごう商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ