プランタン銀座 商品券を高価買取します。

プランタン銀座 商品券 買取表

金券 - 百貨店 買取価格
プランタン銀座 商品券
プランタン銀座 詳細はこちら
プランタン銀座 商品券
プランタン銀座 商品券

(2013年2月26日現在のデザイン)


プランタン銀座

株式会社プランタン銀座(プランタンぎんざ、英称:PRINTEMPS GINZA Company, Limited、仏称:LE PRINTEMPS GINZA S.A.)は、東京都中央区銀座三丁目にある日本の百貨店の運営会社。プランタン銀座を運営している。
当項では、プランタンが日本に上陸するきっかけとなったダイエー所有時代も含めて記述する。


概要

ダイエー経営時代

大手スーパーダイエーが百貨店事業に乗り出し、1980年3月に、フランスの百貨店オ・プランタンと提携調印、同年4月には合弁会社「オ・プランタン・ジャポン」を設立。1年後の1981年3月6日に1号店として兵庫県の三宮に出店したのが始まりである。 その後、新さっぽろ・なんばと出店していき、最終的に現存する銀座は4番目(1984年4月27日)に開業した。因みに、株式会社プランタン銀座が設立されたのは開業する1年前の1983年である。

一時期、「オ・プランタン・ジャポン」の完全子会社「プチ・プランタン」を設立し、プランタン以外の場所で婦人服や雑貨を取り扱う店舗「プチ・プランタン」を展開していたが、親会社の経営悪化が響き、1989年にダイエー出資で設立されたロベリアに吸収合併される形で消滅した。
開業当時は華々しかったプランタンも、1980年代に入ると銀座を除く3店舗は、1983年2月期にはアラモアナセンターの投資負担などもあって初の連結ベースで160億円もの赤字を出し、ダイエー内ではPCB企業問題と言われるまで経営悪化に陥った[注 2]。ダイエーは、地域の運営部門が商品供給と管理業務を行い、テコ入れを図る方針を採用するが不発に終わってしまう。そこで三宮・なんばの2店舗をダイエー直営に、さっぽろをダイエー子会社の北海道ダイエーに移管して合弁会社を清算することで負の流れを食い止めた。

この後、ダイエーはプランタンを名乗ったダイエー店舗を何店か出店した(西武百貨店と西友『西武』店の関係に近似)が、すべてダイエーやカテプリに業態転換した(なんばは、カテプリに転換後、閉店)。
2000年3月には、プランタンとの「プランタン」の名前を使用する許諾契約が満了するのに伴い、最後まで現存していた銀座を除く2店舗を「カテプリ」(qualite prix)に名称変更した。

ダイエーの銀座売却の流れ

最後まで現存することとなった銀座はダイエーの関連会社だったが、ダイエーの経営悪化に伴い、株式が売却されることになった。当初は経営陣による買収(MBO)が予定され、2001年8月7日にダイエー、富士キャピタルマネジメント、プランタン銀座経営陣の三者で基本合意書を締結。

しかし、この合意が賃貸借契約の特約に反して、店舗が入居する土地・建物のオーナーである読売新聞社に無断で行われたため、読売新聞社が賃貸借契約の解除通知をする事態になる。
そこで、読売新聞社を含めて協議を行い、2002年5月30日にダイエーが99.06%の株式を読売新聞社に売却することで合意。2002年6月14日に読売新聞社は株式を買い取った後、三越に30%を売却した。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/2/26現在



プランタン銀座 商品券の買取の注意事項

■プランタン銀座 商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のプランタン銀座 商品券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はプランタン銀座 商品券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■プランタン銀座 商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はプランタン銀座 商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のプランタン銀座 商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ