小田急百貨店商品券を高価買取します。

小田急百貨店商品券 買取表

金券 - 百貨店 買取価格
小田急百貨店商品券
小田急百貨店商品券  詳細はこちら
小田急百貨店商品券
小田急百貨店商品券

(2013年1月15日現在のデザイン)



小田急百貨店

株式会社 小田急百貨店(おだきゅうひゃっかてん、英称:Odakyu Department Store Co.,Ltd.)は、小田急グループに属する百貨店。新宿、町田、藤沢に店舗がある。小田急ポイントサービス加盟店。


概要

小田急電鉄による都市型オープンモール「ミロード」が本厚木(1982年(昭和57年))、新宿(1984年(昭和59年))、新百合ヶ丘(1992年(平成4年))に開業、相模大野駅には「相模大野ステーションスクエア」(1996年(平成8年))が開業するなど、小田急グループ内でも流通分野は拡大を続けた。

しかし小田急百貨店相模大野店の閉店、「母と子の原宿カリヨン館」の閉店、新宿百貨店戦争、バブル崩壊などで経営環境が悪化する中、2002年(平成14年)5月23日には、家具販売の不振からインテリア専門の「別館小田急ハルク」の2階の一部から6階のフロアをビックカメラへの賃貸に切り替えるなど、体制の立直しを行った。

更に、小田急電鉄主導の下、2005年(平成17年)3月1日に百貨店業の再編を実施した。小田急百貨店を営業と資産に分割し、小田急百貨店の営業部分を藤沢小田急へ吸収分割する事により2社を経営統合した。承継会社である藤沢小田急は、商号を「株式会社小田急百貨店」に変更した。また、従来の小田急百貨店は資産部分を保有管理する会社となり、商号を「株式会社小田急百貨店ビル」に変更した。その後、同年6月1日、小田急百貨店ビルは小田急電鉄に承継され、今日に至っている。 1980年代初頭まで、百貨店の営業時間内限定で、小田急百貨店新宿店より毎時時報が流され、バスターミナルに向け決まった音楽も流れた。新宿駅や副都心周辺を主要ロケ地としていたテレビドラマ「太陽にほえろ」で、しばしばその音楽を耳にするシーンがある。

最近は経費削減でエレベーターガールを常設させる百貨店が減ってしまったが、新宿店本館の中央エレベーターは現在でも常設している。

小田急ポイントカードが利用できる。
小田急百貨店の全社スローガンは「つぎのわたしへ、グッドアクセス」。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/1/15現在



小田急百貨店商品券の買取の注意事項

■小田急百貨店商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の小田急百貨店商品券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は小田急百貨店商品券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■小田急百貨店商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は小田急百貨店商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の小田急百貨店商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ