名鉄百貨店商品券を高価買取します。

名鉄百貨店商品券 買取表

金券 - 百貨店 買取価格
名鉄百貨店商品券
名鉄百貨店 詳細はこちら
名鉄百貨店商品券
名鉄百貨店商品券

(2013年2月12日現在のデザイン)

名鉄百貨店

株式会社名鉄百貨店(めいてつひゃっかてん、英称:MEITETSU Department Store Co., Ltd.)は、日本の百貨店である。名鉄グループの企業として、1954年(昭和29年)12月に開業した。登記上の設立は1952年(昭和27年)12月17日。


歴史・概要

名古屋市中村区名駅の本店(店内設備として[要出典]名鉄名古屋駅がある)の他に、愛知県一宮市の名鉄一宮駅隣接地に一宮店がある。また関連会社「金沢名鉄丸越百貨店(店名は現在「めいてつエムザ」)」が石川県金沢市に1店舗ある。

1936年(昭和11年)8月に現在のJR(当時の国鉄)名古屋駅建設した際に駅と駅前広場を作った残り約3万坪の土地が余剰となったため、1937年(昭和12年)2月に阪急の小林一三よりターミナルデパートの経営戦略の指導を受けて同年3月には建築申請を愛知県知事に行い、翌年1938年(昭和13年)1月 - 百貨店法に基く百貨店の出店申請を名古屋鉄道が行ったが実現せず、百貨店の開業は第2次世界大戦後に持ち越されることとなった。 第2次世界大戦後に名鉄が駅ビルに百貨店を開くにあたっては、名古屋の名門松坂屋と話合いを持ち出店する方向で進んでいたが、これが暗礁に乗り上げたため、戦前に指導を受けた小林一三が創業した電鉄系百貨店の老舗阪急百貨店の支援を受けて創業した。その関連から名鉄東宝(閉館)や名鉄ホール等の阪急電鉄文化の名残が残る。

こうした経緯から、その競争に伴う経営悪化への対応として、名鉄の完全子会社化と、伊勢丹による支援・業務提携を受けている。それに伴い、同社のクレジットカードについても、セントラルファイナンス(現・セディナ)やクレディセゾンとの提携カードから、伊勢丹アイカード(現・エムアイカード)との提携による、「名鉄百貨店アイカード」に変更された。 なお、伊勢丹と三越の経営統合に伴い、栄地区にある名古屋三越栄店との競合が考えられるが、名駅地区・栄地区共に競い合うことにより相乗効果が見込める、という期待も寄せられている。

同様の伊勢丹による支援・業務提携の例は、福岡の岩田屋(現在は福岡三越とともに岩田屋三越へ統合)や北海道の丸井今井(三越伊勢丹ホールディングス傘下へ)などがある。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/2/12現在



名鉄百貨店商品券の買取の注意事項

■名鉄百貨店商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の名鉄百貨店商品券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は名鉄百貨店商品券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■名鉄百貨店商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は名鉄百貨店商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の名鉄百貨店商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ