丸栄百貨店 商品券を高価買取します。

丸栄百貨店 商品券 買取表

金券 - 百貨店 買取価格
丸栄百貨店 商品券
丸栄百貨店 詳細はこちら
丸栄百貨店 商品券
丸栄百貨店 商品券買取表

(2013年2月26日現在のデザイン)


丸栄百貨店

株式会社丸榮(まるえい、丸栄、英: MARUEI DEPARTMENT STORE COMPANY, LIMITED)は、名古屋市中区栄に所在する百貨店。日本百貨店協会に加盟。
「4M」と呼ばれる百貨店の1つ。関連会社であった豊橋丸栄(現:ほの国百貨店)は2010年に売却した。


概要

1615年(元和元年)に創業した十一屋呉服店を母体とする老舗百貨店である。しかし、松坂屋が圧倒的な存在を持つ名古屋の百貨店業界にあって、差別化の観点からカジュアル路線を採っている。

近年ではその差別化傾向を更に推し進め、10代前半~20代の女性に人気が高いギャル系ブランドに注力したテナント構成となっており、黒く日焼けした派手な黒ギャルのショップ店員も数多く存在する。そうした路線からギャルたちには勿論のこと、派手さを好む名古屋嬢等の女性たちからも高い支持を集めている。 高島屋とは資本・商品面で交流が深く、高島屋が幹事社のハイランドグループに属してはいる。しかし、2000年(平成12年)のJR東海との合弁によるジェイアール名古屋タカシマヤ開店に伴う高島屋の名古屋進出後は、ハイランドグループに属していた京王百貨店との関係を強化している[1]。 また、地下の食品売り場は「栄市場」としてリニューアルされ、集客しているミセス層向けの売り場強化を図っている。その一環として成城石井がテナントとして出店している。

現社長は京極修二。興和が筆頭株主(発行済株式の69%を保有)だが、創業家である中林家・川崎家も大株主として名を連ねている。また、元々の中林資本だった丸物が近鉄百貨店などに吸収された現在では、最後に残った中林資本の百貨店となっている。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/2/26現在



丸栄百貨店 商品券の買取の注意事項

■丸栄百貨店 商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の丸栄百貨店 商品券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は丸栄百貨店 商品券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■丸栄百貨店 商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は丸栄百貨店 商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の丸栄百貨店 商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ