阪神百貨店商品券を高価買取します。

阪神百貨店商品券 買取表

金券 - 阪神百貨店商品券 買取価格
阪神百貨店商品券
阪神百貨店 詳細はこちら
阪神百貨店商品券
阪神百貨店商品券

(2013年2月12日現在のデザイン)

阪神百貨店

阪神百貨店(はんしんひゃっかてん)は、エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社傘下の株式会社阪急阪神百貨店が運営する日本の百貨店である。また、株式会社阪神百貨店は、2008年(平成20年)9月30日までこれを運営していた企業である。


歴史・概要

1925年(大正14年)4月に阪神急行電鉄梅田停留所構内にあった白木屋出張所を契約満了を理由に退去させられた白木屋が代替の店舗として1926年(大正15年)10月1日に当時の阪神電気鉄道梅田停留所構内に白木屋阪神出張店を開業させたのが阪神によるターミナルデパートの始まりである。

大正時代の終わり頃から大阪市営地下鉄御堂筋線の新設計画に合わせて現在地付近への延伸と駅の移転を含む大阪市の構想への対応を求められていた阪神電気鉄道は、その延伸費用の回収のために1929年(昭和4年)に大阪市に百貨店用地の分譲を求め、そのテナントとして南海電気鉄道難波駅に進出していた高島屋と1930年(昭和5年)にビルの賃貸の予約の覚書を交わし、直営ではなくテナントの招致によるターミナルデパートの開設を当初は計画し、その計画に基いて1931年(昭和6年)12月には建物の設計まで終えた。

その後、1933年(昭和8年)3月には阪神電気鉄道梅田停留所構内の店舗を直営の阪神マートを開業して直営によるターミナルデパート経営の第一歩に踏み出し、1937年(昭和12年)1月22日に阪神電気鉄道の役員会で「阪神ビルの百貨店は資本金2百万円の株式会社阪神百貨店を新設し阪神傍系の別会社として経営する」と決定し、その日のうちに創立総会を開いて株式会社阪神百貨店を新設し、一般から公募せずに全株式を阪神電気鉄道が引き受ける完全子会社とすることで事実上直営化する方向へ方針転換をした。 そして同年3月に計画地のうち御堂筋沿いの角地を取得したが、1月の百貨店新設の発表に猛反発した阪急電鉄が一日平均1.8万人の乗客で混雑する梅田駅の混雑緩和を目的に昭和初期から計画していた南側への新駅開設に必要だとして、ビルの建設予定地の西半分に当たる約2,000坪を地主から密かに買収してしまったため、大阪市や中央政界・中央官庁などを巻き込んでその土地の取得を巡って阪急電鉄と激しい紛争を繰り広げることになったが、1938年(昭和13年)5月19日に大阪市の決定で無事構想通りの用地取得に成功した。

しかし、この間に戦時体制の一環として鉄材の節約を理由に同年7月に百貨店などの高層建築の中止命令が出され、百貨店法による許可も受けていなかったため構想の実現が不可能になり、1940年(昭和15年)5月26日に地上8階の予定が縮小されて地上4階地下2階として建設された梅田阪神ビルディングの地下1階に阪神マートを移転させて規模を大幅に縮小して開業することを余儀なくされた。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/2/12現在



阪神百貨店商品券の買取の注意事項

■阪神百貨店商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の阪神百貨店商品券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は阪神百貨店商品券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■阪神百貨店商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は阪神百貨店商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の阪神百貨店商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ