福田屋百貨店 商品券を高価買取します。

福田屋百貨店 商品券 買取表

金券 - 百貨店 買取価格
福田屋百貨店 商品券
福田屋百貨店 詳細はこちら
福田屋百貨店 商品券
福田屋百貨店 商品券

(2013年2月26日現在のデザイン)


福田屋百貨店

株式会社福田屋百貨店(ふくだやひゃっかてん)は、日本の百貨店の一つ。

栃木県宇都宮市に2つの郊外型ショッピングセンターなどを展開する、地場資本の百貨店。日本百貨店協会に加盟していないので「全国百貨店共通商品券」は使用できないが、百貨店を名乗り、フロア構成や商品展開も完全に「百貨店」である。


来歴

1934年、紳士服・子供服の小売店として宇都宮市日野町(バンバ)に創業、1952年に株式会社に改組して衣料の総合店となる。1962年、同市杉原町(現・馬場通り二丁目)の駅前大通り沿いに百貨店業態(旧宇都宮店)を出店した。 増床工事中の1970年9月には工事現場から火災が発生し店舗が全焼、営業時間外だったため死者などは無かった。全焼したものの建物の外枠は再利用可能だったため急ピッチで再築を進め、約半年で再オープンしている。休業期間中、仮店舗営業は行わなかった。

全国屈指の百貨店過密都市といわれた宇都宮市内での競争が激化した1970年代より、真岡店出店を皮切りとして県内各地に売り場を広げる多店舗戦略をすすめていく。真岡店の成功で得た利益を原資に 後の福田屋ショッピングプラザ宇都宮店となる敷地をバブル景気の前に購入しており、かなり早い時期から米国のショッピングセンターがモデルの「車社会対応型百貨店」の出店時期をうかがっていた。1990年代に入り、バブル景気崩壊後の不況や中心市街地の空洞化により全国の地方百貨店が生き残りを模索する中、同社は大店法の大幅な規制緩和を受けて本店(旧宇都宮店)の郊外脱出を図り、旗艦店となる「福田屋ショッピングプラザ宇都宮店」を開店、全国有数のモータリゼーション社会となった地域特性に対応して大成功を収めた。

2003年、北関東自動車道宇都宮上三川インターチェンジと新4号国道が交わる交通の要衝インターパーク宇都宮南に、宇都宮店をさらに進化させた新店舗として「FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店」、2005年にはその隣接地に専門店モール「インターパークショッピングビレッジ」、2008年に「インターパークスタジアム」を出店し、北関東最大規模の商業施設として茨城県西地域を含めた広域商圏からの集客に成功している。

同業者による店舗視察も多く「百貨店業界の勝ち組」として注目されていたが、インターパーク3施設への過剰な設備投資が重荷となったことや2008年秋のリーマン・ショック以降の売り上げ減少が響き2010年2月期決算は4億円強の最終赤字に転落。不採算店舗の赤字穴埋めができなくなった。 2010年7月には、開店当初から不採算であった「栃木店」(栃木市)とインターパーク店と自社競合し売り上げ減少に苦しむ「真岡店」(真岡市)を2011年度中に閉鎖すると発表[5]。経営陣刷新を条件に地元金融団の全面的支援を受けながら、宇都宮・インターパーク両店の抜群の集客力を生かした経営の立て直しを図っている。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/2/26現在



福田屋百貨店 商品券の買取の注意事項

■福田屋百貨店 商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の福田屋百貨店 商品券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は福田屋百貨店 商品券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■福田屋百貨店 商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は福田屋百貨店 商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の福田屋百貨店 商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ