大丸百貨店商品券を高価買取します。

大丸百貨店商品券 買取表

金券 - 大丸百貨店商品券 買取価格
大丸百貨店商品券
大丸百貨店商品券 詳細はこちら
大丸百貨店ショッピングボンド 詳細はこちら
大丸百貨店商品券
大丸百貨店商品券

(2013年2月15日現在のデザイン)


大丸百貨店ショッピングボンド
大丸百貨店商品券

(2013年2月15日現在のデザイン)

大丸百貨店

大丸(だいまる、英称:DAIMARU)は、J.フロントリテイリンググループの百貨店の屋号である。

近畿発祥の老舗百貨店で、大阪(心斎橋・梅田)・京都・神戸・東京・札幌に主力店舗を構えており、この6店舗だけで単体の91%の売り上げを占めている。上記の主力店は現在株式会社大丸松坂屋百貨店による運営だが、2010年2月末までは(株)大丸が運営していた。


歴史・概要

1717年に下村彦右衛門正啓が今の京都市伏見区京町北八丁目77に呉服店 大文字屋を開業し、呉服商を出発点として両替商を兼営していた。1726年大阪心斎橋に進出。1728年に名古屋本町に名古屋店を開き、「大丸屋」(のち閉鎖)と称した。

大塩平八郎の乱では、「大丸は義商なり」と焼き打ちを免れたという。これは、往時の豪商が施餓鬼(せがき)として毎年貧しい人に食料や衣服等を援助し、今日のボランティア的な活動を行って利益の再分配をしていたことに対する庶民感情の表れでもある。また幕末には幕府軍に物資を調達した[1]。これら『先義後利』の精神は、現在も大丸の企業理念として継承されている。

1908年11月、個人商店「大丸呉服店」を株式合資会社に転換。その際、下村家当主が早稲田大学出身であった縁から、大隈重信の配慮で同じく早稲田出身の銀行家杉山義雄を専務理事として迎え入れ改革に乗り出した。杉山は専務理事就任時に資本金50万円のうち3万円を出資し、従業員や別家が20万円を出資していた[2]が、約40軒の別家は旧態依然としていたところに杉山が急激な改革を実施。これが古手の店員や別家の反感を買い、更に不況と重なったことから杉山は退任に追い込まれる。

その後、1910年に東京信託会社の岩崎一が改革案を作成し、ついで大隈の斡旋により、日本生命社長片岡直温が改革に乗り出す。同年秋には東京・名古屋の両店を閉店する一方で、京都・大阪・神戸店を拡張して再建に乗り出した。下村家も秘蔵の書画骨董を売却して約30万円を調達して資力を増強、1911年1月22日に別宅会を解散して積立金を割り戻す決定をした。1914年には大阪店が不渡りの手形を出して京阪二店が休業するなど、呉服店から百貨店への転換過程では問題が続発したが、幾度もの困難を乗り越え、1928年大丸と改称しその近代化に成功した。

大丸のマークは、当初は「大」の字を丸で囲んだ意匠だったが、1983年の梅田店開店の際に現在の孔雀の羽根を図案化したCIマークに改められた。但し正式な社章は現在も旧来のもので、呉服の包装・心斎橋店・南館屋

上のネオンサインや、一部店舗(下関大丸など)の外装にも健在である。 また2010年3月の大丸松坂屋百貨店の発足後は、各店の正面入り口脇の店名の銘板の表示も、「丸に大」のマークと、「大丸 創業1717年」と記されるようになった。ちなみに、それ以前の銘板は上部に「丸に大」のマークが孔雀の羽で縁取られ、その下に「株式会社大丸 The Daimaru,Inc.」と記されたものであった。特に心斎橋店のものは、「創業1717年」の文言が当初から記されていた。なお、梅田店の正面入り口の銘板は孔雀をモチーフとしたCIマークに、「DAIMARU UMEDA」と記されたものであったが、2011年4月19日の増床グランドオープンに合わせ、「丸に大」のマークのものに変更された。

高度成長期は三越(現:三越伊勢丹ホールディングス・並びに同社傘下の三越伊勢丹ほか)と並び「西の横綱」といわれたが、バブル崩壊後業績は低迷。奥田務が社長就任後、他の百貨店よりも一足早く1998年より事業構造改革に乗り出し、国内不採算店舗の閉鎖や海外店舗の全面撤退、人員削減に取り組んだ。その一方、2003年には札幌店を開店し軌道に乗せている。結果として改革は成功し、収益力を業界首位級に押し上げた。 なお、店名の呼称については通常、「~てん」と案内されるが、近畿圏の各店舗に関しては以前から「~みせ」と案内されるのが通例で、同地区の同業他店舗を含めて他に例を見ない特徴でもある。直営店では、札幌店・東京店は「~てん」、心斎橋店・京都店・神戸店・梅田店が「~みせ」と呼ばれている。

名物は、餡入りカステラ饅頭に「大」の焼き印が押された「大丸饅頭」。現在は大丸梅田店と博多大丸福岡天神店で販売している。かつては神戸店でも販売していたが、1995年の阪神・淡路大震災で製造機械が壊れ販売中止となった。その後、震災10年の記念として2005年に1週間だけ再現された。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/2/15現在



大丸百貨店商品券の買取の注意事項

■大丸百貨店商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の大丸百貨店商品券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は大丸百貨店商品券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■大丸百貨店商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は大丸百貨店商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の大丸百貨店商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ