テレカを高価買取します。

テレホンカード(テレカ)買取表

金券 - テレカ 買取価格
テレカ
テレカ 詳細はこちら
テレカ
テレホンカード(テレカ)

(2012年12月28日現在のデザイン)



テレカ

テレホンカードとは、公衆電話で使用できるプリペイドカードである。日本で発売・流通し利用ができるものはテレカと呼ばれることが多いが、これはNTTカードソリューションの登録商標である。本項では、特筆がない限り、日本電信電話公社および後継企業のNTT東日本・NTT西日本が発行するテレホンカードについて述べる。また、公衆電話も参考にされたい。 。


概要

日本では1982年(昭和57年)12月に旧日本電信電話公社(電電公社)が発行・発売を開始した。テレホンカード対応の公衆電話は首都圏から設置が進められ、全国に普及した。

1972年(昭和47年)に日本国内で100円硬貨の利用できる黄色の公衆電話機が設置され始めたが、100円硬貨が電話機の金庫に収納された場合、釣り銭の返却は行われない構造になっている[1]。当初は釣り銭式電話機の開発も検討されたが、製造・運用コストの増嵩が見込まれ、見送られた。そこで、釣り銭の現金払い出しに代わる手段として磁気媒体を利用するカード式公衆電話が製造された。

小銭が不要で、1度数(10円)単位で引き落とされるため無駄がなく、長時間通話時にも、常に硬貨を投入し続ける必要がない。設置者も、金庫が硬貨で一杯になり、機能が停止する事態を避けられる他、硬貨集金の巡回経費を節減できるメリットがあった。 しかし、携帯電話が普及することにより、公衆電話の利用率が減少したため、テレホンカードの必要性も大きく変化した。また、公衆電話事業がNTTにとって不採算事業であることから、公衆電話そのものが撤去されつつあり、小銭不要で電話がかけられるというテレホンカード本来の利便性も薄れつつある。

「テレフォンカード」と表記される事があるが、NTTでは「テレホンカード」と表記する。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/12/28現在



テレカの買取の注意事項

■テレカの買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた商品は消印日の価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のテレカ をお売りいただける場合(買取総額300万円以上)はテレカの 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■テレカ の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券 、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット掲載の買取価格と店頭買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭ではテレカを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のテレカ を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない商品の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの買取は行っておりません。

ページトップへ