神奈川中央交通 バスカード(神奈中) を高価買取します。

神奈川中央交通 バスカード(神奈中) 買取表

金券 - バスカード(バス共通カード) 買取価格
神奈川中央交通 バスカード(神奈中)
神奈川中央交通 バスカード(神奈中) 1,000円
※100万円以上は問合わせ下さい
詳細はこちら
神奈川中央交通 バスカード(神奈中) 3,000円
※100万円以上は問合わせ下さい
詳細はこちら
神奈川中央交通 バスカード(神奈中) 5,000円
※100万円以上は問合わせ下さい
詳細はこちら
神奈川中央交通 バスカード(神奈中)
神奈川中央交通 バスカード(神奈中)

(2012年12月21日現在のデザイン)



神奈川中央交通

神奈川中央交通株式会社(かながわちゅうおうこうつう)は、神奈川県平塚市に本社を設置するバス事業者である。東日本では最大のバス事業者で、バス専業の事業者としても日本一の規模であり、日本のバス業界のリーダー的存在とされている。

三浦や足柄を除く神奈川県の大部分の地域と町田市・多摩市などの東京都多摩南西部を中心に路線バスや貸切バスの運行を行っているほか、東京駅・新宿駅からの深夜急行バスや、東京国際空港・成田国際空港への空港連絡バスを運行する。かつては横浜・町田・本厚木などから近畿地方各地や盛岡駅への高速バス路線の運行も行っていた(後述)。通称「神奈中バス(かなちゅうバス)」。 小田急グループのうちの1社で、神奈川県バス協会と東京バス協会の双方に加盟している。


歴史

創業期
2009年現在の神奈川中央交通が主な営業エリアとしている神奈川県中央部に乗合自動車が走り始めたのは、1910年に佐藤某[注釈 1]が設立した合資会社による、厚木と平塚を結ぶ幌つき自動車による路線の開設に端を発する。これに続くように、1911年には相陽自動車が車両3台で秦野と平塚を結ぶ路線の運行を開始している。しかし、乗合馬車や人力車の方が安かったことや、道路が悪く運転技術も未熟だったこともあり、いずれも1年程度で廃業となっている。

第一次世界大戦後の好景気により、横浜市内ではまず賃貸自動車営業が開始され、続いてその兼営という形で乗合自動車の運行開始が行われるようになった。1917年頃から個人営業による乗合自動車業が設立されるようになり、当時市街地として発展していた弘明寺を中心に、複数の乗合自動車が激しい乗客争奪戦を行っていた。そのうち、無益な競争をやめて整理統合する機運が高まり、1921年6月5日には横浜市大岡町を拠点として相武自動車が設立された。これが神奈川中央交通の直接的な起源である。

その後、1920年には伊勢原自働車運輸が平塚と伊勢原市を結ぶ路線で運行を開始、さらに1921年には秦野自動車が秦野と平塚を結ぶ路線の運行を開始した。同年には大谷仁三郎により橋本と田名村(当時)を結ぶ路線などの運行が開始されているほか、厚木と横浜を結ぶ路線が厚木町(当時)の有力者により開設されている。厚木と横浜を結ぶ路線は1923年に設立された中央相武自動車に営業譲渡されている。この他にも、厚木と藤沢を結ぶ片瀬自動車商会、厚木と戸塚を結ぶ鶴屋自動車商会の路線が開業するなど、1930年でに10数社のバス事業者が設立されている。東海道本線の鉄道駅と大山道の宿場町を結んで開設された路線が目立った。一方、東京府(当時)でのバス営業は1934年に原町田乗合自動車が原町田と鶴川・淵野辺と小野路を結ぶ路線を開業させたのが端緒である。


自主統合の流れ
小規模なバス事業者の乱立は、結果的に競合による疲弊を招き、資本力のある事業者が小規模事業者を買収し合併することで、事業規模を拡大すると共に無益な競合を解消する気運が現れ始めた。こうした自主的な統合という方向性は、1931年に公布された自動車交通事業法の目的である「交通企業の合理化と交通事業の統制」にも叶うものであった。

1928年には、伊勢原自働車運輸が同じく伊勢原を拠点としていたサンエキ自動車と合併し伊勢原サンエキ自動車と改称、1932年には伊勢原自動車へ社名変更を行った。1931年には、江之島自動車、片瀬自動車商会、鵠沼自動車を合併して藤沢自動車が設立された。この藤沢自動車は藤沢近辺にとどまらず、厚木・津久井方面まで沿線事業者と合併の上規模を拡大した結果、1937年には営業キロが約300kmに達し、車両数約60台を有する大手事業者となった。同年、藤沢自動車は京王電気軌道(現在の京王電鉄)の傘下に入っている。一方、1936年には原町田乗合自動車が関東乗合自動車に合併されているほか、相武自動車が鶴屋商会と戸塚自動車商会を合併した上で翌年に相武鶴屋自動車と改称した。1938年に東京横浜電鉄(現・東京急行電鉄)の傘下に入り、1939年には先に東横傘下に入っていた中央相武自動車を合併の上東海道乗合自動車と改称し、主に東海道本線沿線への路線展開を行った。1941年にはやはり東横系となっていた関東乗合自動車の町田営業所を継承して東京都内に進出、1942年には同じく東横系となっていた秦野自動車を合併したほか、江ノ島電気鉄道の2路線を譲受した。

その一方、藤沢自動車と競合する相模鉄道では自社の相模線(現・JR相模線)を擁護するため、1935年に大谷仁三郎の個人経営だった橋本・渕野辺から田名にいたる路線を譲り受けた上、1936年には愛高自動車商会の厚木と上溝を結ぶ路線を買収し、沿線を自社バス路線の営業エリアとした。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/12/21現在



神奈川中央交通 バスカード(神奈中) の買取の注意事項

■神奈川中央交通 バスカード(神奈中) の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の神奈川中央交通 バスカード(神奈中) をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はバスカードの在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■神奈川中央交通 バスカード(神奈中) の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は神奈川中央交通 バスカード(神奈中) を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の神奈川中央交通 バスカード(神奈中) を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ