図書カードを高価買取します。

図書カード 金券買取価格表

金券 - 図書券・図書カード 買取価格
図書カード
図書カード(額面500円)
※100万円以上は問合わせ下さい
詳細はこちら
図書カード(額面1000円)
※100万円以上は問合わせ下さい
詳細はこちら
図書カード(額面2000円)
※100万円以上は問合わせ下さい
詳細はこちら
図書カード(額面3000円)
※100万円以上は問合わせ下さい
詳細はこちら
図書カード(額面5000円)
※100万円以上は問合わせ下さい
詳細はこちら
図書カード(額面10,000円)
※100万円以上は問合わせ下さい
詳細はこちら
図書カード(上記以外額面) 詳細はこちら
図書カード
図書カード買取表

(2011年8月9日現在のデザイン)



図書カード

1990年12月より発行が開始された。プリペイドカードになってつり銭の処理が不要なため、従来の図書券に代わって主流となった。正式名称は「全国共通図書カード」で、この名称は日本図書普及株式会社の登録商標である。大きさは86×54mmで、上部に残額の目安の指標が印刷されており、パンチ穴が開けられる。
多くの書店で利用可能だが、個人経営の書店などでは利用できない店もある。また、コンビニエンスストアやAmazon.co.jpでも利用できない。


概要

日本において、金券の中では最も知名度、普及度が高いものの1つである。少額のお礼をする時や、子供へのプレゼントなどに非常によく使われている。例えば、進学祝いなどの際に贈答に利用される。また、雑誌等の懸賞や各種クイズの賞品として用いられることも多い。副賞として賞金を贈呈するコンクールで、未成年者や高校生以下の場合などに現金ではなく同額の図書券でプレゼントすることもあった。一時期は献血の謝礼として図書券を提供する献血ルームもあったが、「換金性の高い物を提供するのはいわゆる売血行為に相当し好ましくない」として、現在は提供されていない。

2005年に図書券は販売終了し、図書カードに移行したため、本稿では、図書券と図書カードに分けて説明する。


額面
  • ・500円
  • ・1,000円
  • ・2,000円
  • ・3,000円
  • ・5,000円
  • ・10,000円

注文製作向けでない500円券は、山陰地区・東北地区・中国地区・四国地区は図書券販売終了時から、その他の地域では2005年夏頃より発売。その他、集英社『MORE』のアンケート謝礼用560円券などのように、市販されていない額面のものも存在する。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2011/8/9現在

図書カードの買取の注意事項

■図書カードの買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の図書カードをお売りいただける場合)は図書カードの 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■図書カードの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は図書カードを現金にて買取いたします。

■当サイト記載の図書カードを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ