新宿発着特急あずさ回数券 を高価買取します。

新宿発着あずさ回数券 買取表

金券 - あずさ回数券 買取価格
新宿発着あずさ回数券
新宿─甲府(指定) 6枚綴り 詳細はこちら
新宿-松本(指定) 6枚綴り 詳細はこちら
新宿発着あずさ回数券

新宿駅

新宿駅(しんじゅくえき)は、東京都新宿区・渋谷区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京王電鉄・小田急電鉄・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)の駅である。

概要

東京の副都心・新宿に位置するターミナル駅である。1885年(明治18年)に日本鉄道により現在の山手線が開業したのが当駅の始まりである。4年後の1889年(明治22年)には南豊島郡淀橋町となる。開業時から新宿を副都心にする計画が発表されるまでは当駅周辺はまだ街の外れであり利用客は少ないものだったが、大正期に入り次第に市街地が拡大するにつれ、多くの私鉄が乗り入れるようになる。ターミナルとなって周辺が発展するにつれて利用客は増え続け、さらに1960年代から当駅西側一帯で進められた新宿副都心計画によって多くの超高層ビルが建てられ、利用者の増加に拍車がかかった。

そして、1966年(昭和41年)に池袋駅を抜いて乗車人員数日本一になった[1]。同年の当駅の乗車人員数は44万69人で、池袋駅の44万67人をわずか2人上回っての日本一だった。

現在ではJR・私鉄・地下鉄の多くの路線が周辺地域のベッドタウンとを結んでおり、多くのビジネス客が利用する。また、当駅周辺は日本最大の繁華街・歓楽街となっており、昼夜を問わず人の流れが絶えることはない。JRの駅を中心に東・西・南口、周辺の各地下鉄駅、商業施設などが通路や地下街などで広範囲に連絡している。

一日平均乗降者数は346万人と世界一(ギネス世界記録認定)多い駅であり、地下道などで接続する西武新宿駅まで含めると364万人以上になり、この数字は横浜市の人口に匹敵する。

乗り入れ路線

JR東日本、京王電鉄、小田急電鉄、東京メトロ、東京都交通局の5社局が乗り入れるターミナル駅である。以下のうち、京王線と小田急小田原線は当駅を起点としている。
JR東日本 JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は山手線と中央本線であり(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)、山手線を当駅の所属線としている。一方、当駅に乗り入れている運転系統は以下のように多岐にわたっている。また、特定都区市内制度における「東京都区内」および東京山手線内に属する。 (線路名称上の)山手線では、電車線を走行する環状線としての山手線電車のほか、山手貨物線を走行する埼京線と湘南新宿ラインが停車し、旅客案内ではそれぞれ別路線として扱われている。また、空港連絡特急「成田エクスプレス」や、東武日光線直通特急なども山手貨物線経由で乗り入れている。
中央本線では、急行線を走行する中央線快速電車と、緩行線を走行する中央・総武線各駅停車の2系統が運行されている。また、甲府駅・松本駅方面へ向かう特急列車も発着する(複々線区間では急行線走行)。
京王電鉄 京王電鉄の路線は、線路名称上は京王線のみであるが、運転系統は当駅を起点とする「京王線」と、都営地下鉄新宿線と直通運転を行っている「京王新線」に分かれており、後者が発着する駅は「新線新宿駅」と呼ばれている。 小田急電鉄 小田急の路線は、当駅を起点とする小田原線のみである。ただし、新百合ヶ丘駅から多摩線、相模大野駅から江ノ島線に直通する列車も運行されている。 東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄) 地下鉄は次の2社局3路線が乗り入れており、各路線ごとに駅番号が与えられている。 東京地下鉄丸ノ内線 - 駅番号「M 08」
都営地下鉄新宿線 - 駅番号「S 01」
都営地下鉄大江戸線 - 駅番号「E 27」

特急あずさ

あずさとは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が主に新宿駅 - 松本駅間を中央本線(東線)・篠ノ井線経由で運行する特急列車である。 なお本項では、同一経路で運転されているスーパーあずさとともに、中央本線東京駅 - 塩尻駅間(中央東線)で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。

運行概況

原則として、新宿駅 - 松本駅間を約1時間あたり1本の割合で運行しており、新宿駅の発車時刻は7時 - 19時台で0分と30分に統一されている。2008年3月15日のダイヤ改正で、「スーパーあずさ」・「あずさ」は、一部の時間帯を除いて交互に運転され、停車駅や一部の時刻が大幅に変更された。また、交互に運転されることから、車両数の関係で「スーパーあずさ」・「あずさ」の1日当たりの運転本数が変更された。2010年3月13日現在の運転本数は次の通り。

「あずさ」 新宿駅 - 松本駅間:上り7本、下り9本
松本駅 → 東京駅間:上り1本(あずさ2号)
松本駅 → 千葉駅間:上り1本(あずさ30号)
南小谷駅 → 新宿駅間:上り1本(あずさ26号)
千葉駅 → 南小谷駅間:下り1本(あずさ3号)

「スーパーあずさ」 新宿駅 - 松本駅間:8往復

新宿駅跨線橋架替工事のため中野行となったスーパーあずさの方向幕。2006年4月15日(松本駅にて)
季節臨時運行で東京発の設定もあり。新宿駅の甲州街道跨線橋の架け替え工事によって中央急行線の中野駅 - 御茶ノ水駅間が使用停止になる際は中野駅発着となったり(右写真)、三鷹駅 - 立川駅間の連続立体交差化工事によってこの区間の一部が運休となる場合は立川駅や八王子駅発着となっていた。

 

停車駅 [編集]

あずさ
(千葉駅) - (船橋駅) - (錦糸町駅) - 新宿駅 /(東京駅) - 新宿駅 - (三鷹駅) - 立川駅 - 八王子駅 - (大月駅) - (塩山駅) - (山梨市駅) - (石和温泉駅) - 甲府駅 - (韮崎駅) - (長坂駅) - (小淵沢駅) - (富士見駅) - 茅野駅 - 上諏訪駅 - (下諏訪駅) - 岡谷駅 - 塩尻駅 - 松本駅 - (豊科駅) - (穂高駅) - (信濃大町駅) - (白馬駅) - (南小谷駅)
スーパーあずさ
新宿駅 - (立川駅) - 八王子駅 - (大月駅) - (石和温泉駅) - 甲府駅 - (韮崎駅) - (小淵沢駅) - 茅野駅 - 上諏訪駅 - (下諏訪駅) - (岡谷駅) - (塩尻駅) - 松本駅 ( )は一部の列車のみ停車

新宿駅には、基本的に中央線特急専用ホームである9・10番線発着だが、「あずさ」2号・20号・24号・30号、「スーパーあずさ」36号は快速電車のホームである7番線に到着する。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(2012年2月17日現在の記述)

らくちん!!検索方法

あずさ回数券の確認の仕方
発券日を確認して下さい
表紙も同封して下さい

あずさ回数券の買取の注意事項

■あずさ回数券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびあずさ回数券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■あずさ回数券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はあずさ回数券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のあずさ回数券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ