つくばエクスプレスの株主優待券(乗車証・定期・冊子)を高価買取します。

つくばエクスプレス株主優待券買取表

株主優待券 - 鉄道 買取価格
鉄道会社 全線乗車証
つくばエクスプレス 1日優待乗車証 詳細はこちら

つくばエクスプレス株主優待券

つくばエクスプレス株主優待

つくばエクスプレス

つくばエクスプレスは、東京都千代田区の秋葉原駅と茨城県つくば市のつくば駅を結ぶ、首都圏新都市鉄道 (MIR) の鉄道路線である。
首都圏新都市鉄道による旅客案内は「つくばエクスプレス」に統一されており、会社名は会社そのものを指す時以外では基本的に使用されない。
なお「つくばエクスプレス」は一般公募による名称だが、最多応募は「つくば線」であった。
略称のTXは「Tsukuba Express」から採られている。
同路線内においてロゴマークとしても多用されている公式の略称である一方で、路線名の文字数が長いため「つくばEX」「つくばEXP」といった独自の略記述も各新聞の記事やテレビなどで見られる。


概要

2005年8月24日に開業した。最高速度130km/h(通常125km/h)の高速運転を行っており、秋葉原 - つくば間58.3kmを最速45分(快速)で結ぶ。
全線で自動列車運転装置 (ATO) による自動運転で、運転士は乗務しているが、車掌は乗務しないワンマン運転を実施。全駅に可動式ホーム柵を装備している。
起点側の秋葉原 - 八潮間は南千住から荒川の鉄橋(北千住 - 青井間)までを除いて地下線であり、終点のつくば駅も地下駅となっている。
地上区間はすべて高架または掘割構造であり、踏切が存在しない。
東京および筑波研究学園都市への通勤路線としての性格や、高速バス(つくば号)から取って代わった東京 - 筑波研究学園都市間の都市間輸送のほか、開業前から期待の強かった東京都・千葉県・埼玉県方面から筑波山への観光輸送の主要ルートとしても利用され、つくば駅では筑波山直行のシャトルバスなどが接続する。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2011年6月6日現在 Copyleft(c)

らくちん!!検索方法


つくばエクスプレス株主優待券の買取の注意事項

■つくばエクスプレス株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびつくばエクスプレス株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■つくばエクスプレス株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はつくばエクスプレス株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のつくばエクスプレス株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。


ページトップへ