伊豆箱根鉄道の株主優待券(定期)を高価買取します。

伊豆箱根鉄道株主優待券買取表

伊豆箱根鉄道株主優待乗車証

伊豆箱根鉄道株主優待券買取 乗車証(乗車券)

伊豆箱根鉄道

伊豆箱根鉄道株式会社(いずはこねてつどう、英: IZUHAKONE Railway Co., Ltd. )とは、神奈川県の小田原・箱根地区と静岡県の伊豆地区において鉄道路線と芦ノ湖の遊覧船を運営している西武鉄道グループの鉄道会社である。
本社所在地は静岡県三島市大場300。
地元ではその社名から「いずっぱこ」あるいは「いずはこ」と呼ばれている。

鉄道事業

駿豆線・大雄山線とも沿線に高校、工場などがあり通勤、通学輸送としての面が強いが、駿豆線に関しては沿線に観光地が多くJRより特急列車が乗り入れているために観光客も多い。
駿豆線と大雄山線はそれぞれ静岡県内、神奈川県内に路線があり、両線は直接つながっていない。
駿豆線は三島駅で、大雄山線は小田原駅で東海道本線と連絡しており、両線を乗り継ぐ場合は東海道本線を介して乗り継ぐことになる。
また車両の検査や修繕などは駿豆線にある大場工場で行っているため、大雄山線の車両の検査の際は東海道本線小田原 - 三島間を甲種輸送して同工場に入出場している。

現有路線

  • 駿豆線 : 三島駅 - 修善寺駅 19.8km
  • 大雄山線 : 小田原駅 - 大雄山駅 9.6km
  • 十国鋼索線(箱根十国峠ケーブルカー) : 十国登り口駅 - 十国峠駅 0.3km
  • 駒ヶ岳索道線(箱根駒ヶ岳ロープウェー) : 箱根園駅 - 駒ヶ岳頂上駅 1.8km

車両

駿豆線はJRからの乗り入れもあり全車両が20m車であるが、大雄山線は車両限界の関係から18m車以下である。
大雄山線は自社発注車の5000系で統一されたのに対して、駿豆線には譲受車も在籍しているので、平均車齢は大雄山線の方が低い。
また西武鉄道グループの会社らしくケーブルカーの外装はライオンズカラー、旅客用電車の外装はライオンズブルーの帯となっている。
ライオンズブルーは西武より採用が早かった。

現有車両

以下、車種を明記していない車両はすべて電車である。

駿豆線

  • 7000系
  • 3000系
  • 1100系(元西武701系)
  • 1300系(元西武新101系)

電気機関車

  • ED31形

貨車

  • ホキ800形
  • ワブ11形

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/5/16現在 Copyleft(c))




伊豆箱根鉄道株主優待券の買取の注意事項

■伊豆箱根鉄道株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および伊豆箱根鉄道株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■伊豆箱根鉄道株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は伊豆箱根鉄道株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の伊豆箱根鉄道株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。


ページトップへ