富士急行の株主優待券(乗車証・定期・冊子)を高価買取します。

富士急行株主優待券買取表

株主優待券 - 鉄道 買取価格
鉄道会社 全線乗車証 (有効期限90日以上)
富士急行(有効期限5月末迄) 詳細はこちら
鉄道会社 定期型(電車バス) (有効期限90日以上)
富士急行 電車バス全線パス 詳細はこちら
富士急行 電車全線パス 詳細はこちら
鉄道会社 冊子 (有効期限90日以上)
富士急行(未使用品) 詳細はこちら

富士急行株主優待券 ※参考

富士急行株主優待券"

(2012年11月29日現在のデザイン)


富士急行株主優待定期 ※参考

相模鉄道株主優待券買取 定期"

(2012年11月29日現在のデザイン)


富士急行株主優待券 冊子 ※参考

相模鉄道株主優待券買取 冊子"

(2012年11月29日現在のデザイン)


富士急行

富士急行株式会社(ふじきゅうこう、Fuji Kyuko Co., Ltd. )は、山梨県、静岡県東部を中心に、運輸、観光、不動産、流通事業などを行なう会社である。東証1部上場。本社は山梨県富士吉田市新西原5丁目2番1号に所在。また東京本社が東京都渋谷区初台1丁目55番7号に所在する。日本民営鉄道協会、全国登山鉄道‰会加盟。「富士急(ふじきゅう)」の愛称で知られている。
1926年9月18日に、富士山麓電気鉄道(ふじさんろくでんきてつどう)として設立され、1960年5月30日に、現在の富士急行に改称した。
鉄道・自動車(バス)などの運輸事業を創始とする企業であるが、現在、売り上げに占める鉄道事業の割合は5%程度で、自動車事業を合わせても2割程度に過ぎない。沿線の豊富な観光資源を背景にした遊園地、ゴルフ場等の観光事業の割合が約7割を占めている。
2007年3月18日に、バス事業でPASMOを導入した。


路線

以下の2路線を運営している

  • 大月線 大月 - 富士山 23.6km
  • 河口湖線 富士山 - 河口湖 3.0km

両線は直通運転を行っており、両線の境界である富士山駅でスイッチバックが行われる。普通列車のほか、特急「フジサン特急」、快速「富士登山電車」が、それぞれ運行されている。また、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線の東京・高尾方面から直通運転がある。
なお、この他に 下部 - 富士吉田(現・富士山) - 御殿場間の未成線が存在したが、下部 - 富士吉田間・山中湖 - 御殿場間が1930年、残る区間も1934年に免許が失効している。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(2012年11月29日現在)


らくちん!!検索方法

相鉄(相模鉄道)株主優待券の買取の注意事項

■相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の相鉄(相模鉄道)株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。


ページトップへ