東海汽船の株主優待券を高価買取します。

東海汽船 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - バス船舶 買取価格
東海汽船 株主優待券
東海汽船 詳細はこちら

東海汽船 株主優待券 ※参考

東海汽船 株主優待券 画像

(2012年3月14日現在のデザイン)

東海汽船

東海汽船株式会社(とうかいきせん)は、日本の海運会社。東京と伊豆諸島などを結ぶ航路を運航している。


概要

関連会社の伊豆諸島開発(伊豆諸島の各島間などのローカル航路)・神新汽船(下田から各島への航路)・伊豆七島海運(貨物航路)と一体的な航路運営を行っており、他の関連会社を含めて伊豆諸島および小笠原諸島への海運をほぼ独占している。また、主力の海運業の他にも子会社などを通じて、路線バスの運行(伊豆大島)・ホテル経営(同上)および、各島へのセメントや燃料等の販売なども手がけている。 竹芝支店をのぞく島嶼部(大島・三宅島・八丈島)の各支店は代理店となっている(伊豆大島及び八丈島代理店は連結対象)。同様に熱海支店も代理店となっており、富士急行に業務が委託されている。 ビジネスホテル運営大手の藤田観光が筆頭株主であるが、これは戦後の東海汽船の経営危機にあたり同社が支援をしたことに由来する。なお、戦前は東武グループや日産コンツェルンの支援を仰いだこともあった。 このほか房総航路や東北地方・北海道に進出していたこともあった。房総航路はライバルとなる房総西線が本格的な車両・設備改良を行う1950年頃までは競争力を保っていた。ただし進駐軍在留中は浦賀水道通過が軍艦優先となったため、度々ダイヤが乱れる原因となった。[1]東北地方の航路では老朽化した船舶を使用していたほか、船賃が高水準にとどまるなど独占的地位にあって競争原理が働かなかったことから三陸地方では地元の反感を買い、のちに地元資本によって設立された三陸汽船との競争の末に撤退を余儀なくされた。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編

2012/3/14現在 Copyleft(c)




東海汽船株主優待券の買取の注意事項

■東海汽船株主優待券の買取価格は弊社保有在庫枚数および東海汽船株主優待券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東海汽船株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケットなど、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は東海汽船株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東海汽船株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ