ヤオコー の株主優待券を高価買取します。

ヤオコー株主優待券買取表

株主優待券 - スーパー 買取価格
ヤオコー 株主優待券
ヤオコー (100円×20枚 1冊) 詳細はこちら
ヤオコー (100円×50枚 1冊) 詳細はこちら

ヤオコー 株主優待券 ※参考


ヤオコー 株主優待券 画像

(2011年12月27日現在のデザイン)


ヤオコー

株式会社ヤオコーは、関東地方のスーパーマーケットチェーンである。


概要

埼玉県(66店舗)を中心に千葉県(12店舗)、群馬県(12店舗)、栃木県(5店舗)、茨城県(8店舗)、東京都(2店舗)と、関東地方に合計105店舗を持つ。商品等の鮮度維持等が難しいため、国道16号線付近での店舗展開を行なっている。神奈川県の出店はこれまで無かったが相模原市に下九沢店が2010年10月下旬にオープン。店舗の形態としては、通常の店舗の他、新形態の店舗として、「ヤオコーマーケットプレイス」があり、新しい店舗はこの形態である。売り場作りに熱心なチェーンで、流通業界でも注目されている企業である。2010年8月には、TV東京系『カンブリア宮殿』の「地方スーパーの逆襲」でとりあげられた。また、2011年1月には、ビジネス書『しまむらとヤオコー』(小川孔輔著、小学館刊)が発売されている。


沿革

  • ・1957年 埼玉県比企郡小川町に「八百幸商店」設立。
  • ・1968年 旧嵐山店を開店。チェーン展開開始。
  • ・1974年 「株式会社ヤオコー」に社名変更。
  • ・1986年 埼玉県川越市に本社移転。
  • ・1988年 株式店頭公開。
  • ・1993年 東京証券取引所市場第二部上場。
  • ・1997年 東京証券取引所市場第一部上場。
  • ・2006年 川越研修センターを開設。
  • ・2007年 CIロゴを創業50年目になり変更。
  • ・2010年 小型フォーマット実験の店舗である所沢美原店を開店。

ロゴマークの意味

ヤオコーの頭文字である“Y”と顧客とヤオコーが向き合っている姿を象徴した“二羽のハト”をモチーフにしたデザイン。 現在のロゴマークは2代目。


セルフサービスの導入

明治23年から川野家の家業として営まれていた八百幸商店がセルフサービス店への転換を行ったのは、セルフサービスを導入して成功を収めている店があるという噂を聞いた川野トモ(前会長)が噂で聞いた前橋の商店を飛び込みで見学したことがはじまりと言われる。店を見たあとにこの商店の社長にセルフサービス店について経営面等の説明を受け、セルフサービスを導入したいと強く感じたトモであったが嫁の身分で義理の両親を説得する自信がなかった。しかし、この商店の社長はトモの為に八百幸商店に説得に出向く決心をした。後日八百幸商店を訪れたこの社長はトモの義理の両親に対して説得を行い、これをきっかけに八百幸商店ではセルフサービス導入について議論がされ従業員たちと各地のセルフサービス店を見て歩き比較的早期にセルフサービスを導入することとなった。このときのトモの勇気と決断こそが現在のヤオコーの原点と言われている。またトモについては様々な逸話があり、新店オープン前の視察に行く際にトモを乗せた車が踏み切り待ちや信号待ちで停車すると車から降りて同じく信号待ち踏み切り待ちで停止している車に駆け寄り「こんにちは。ヤオコーでございます。こんど○○に新しい店がオープンしますのでどうぞ宜しくお願いいたします」と挨拶をしていたことや、小川SC用地取得に関する金策で取引先を頼って歩いたときにはそのことを知った小川信用金庫の理事長がトモを呼び出し、普段から熱心な商売をしているのは知っているからわたしにまかせてくださいと直々に伝えたという話など様々な逸話が残るほど地元では熱心な商売人として大変有名だった。


主な子会社・関連会社

(株)三味
ヤオコー店内での惣菜・寿司・ベーカリーの製造及び加工販売
(株)日本アポック
医薬品・医薬部外品の販売、調剤薬局の運営
(株)名友
建築物の企画・設計、管理

企業広告

本部を置く地元埼玉県のプロ野球チーム埼玉西武ライオンズの本拠地である西武ドームに「ライオンズバナナはヤオコー」という広告をホームベース後方の幕式看板に出していて1試合に2イニング程度ヤオコーの広告が出ることで球場来場者だけでなくTV中継、インターネット中継、スポーツニュース等で広く「ヤオコー」の名を目にすることができる、これはユニフルーティージャパンより発売された「ライオンズバナナ」をヤオコーが独占販売していることから出された広告であるが、子供達に夢をあたえる地元プロスポーツへの支援を通じて社会貢献をしている。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/12/27現在 Copyleft(c)



ヤオコー株主優待券の買取の注意事項

■ヤオコー株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびヤオコー株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ヤオコー株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はヤオコー株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のヤオコー株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ