マックスバリュの株主優待券を高価買取します。

マックスバリュ株主優待券買取表

マックスバリュ東海 (100円)


マックスバリュ東海株主優待券買取表

(2012年3月26日現在のデザイン)


マックスバリュ東海株式会社

マックスバリュ東海(マックスバリュとうかい)は、静岡県を拠点に神奈川県、愛知県、山梨県の東海地区に店舗を持つイオングループのスーパーマーケット。本社は静岡県駿東郡長泉町。東証2部上場。

概説

1997年に経営破綻したヤオハン・ジャパンを前身とする。当初はイオンによる100%子会社化・社名変更前からの既設店舗である「ヤオハン」が中心だったが、「ヤオハン」の改装後の店舗並びに新たに開店した店舗は「マックスバリュ」で展開しており、それと並行する形で「ヤオハン」も営業が続けられていた。しかし、2011年1月に当社が既存の「ヤオハン」全店舗を2月末までに「マックスバリュ」に統一することを発表[1]。その後、同年1月29日に稲取店と湯河原店を「マックスバリュ」に屋号変更したのを皮切りに、他の「ヤオハン」も順次「マックスバリュ(一部店舗は「マックスバリュエクスプレス)」に屋号変更され、同年2月19日のエクスプレス長泉店、二宮店の屋号変更をもって既存の「ヤオハン」全店舗が「マックスバリュ」に統一され、ヤオハン・ジャパン時代から長きにわたって展開された「ヤオハン」の屋号は姿を消した。
また、2006年に譲り受けた「ジョイフル東海」や2008年にエコスから譲受、子会社化したシーズンセレクト(旧・松菱商事)が展開していた「マツビシマート」、「シーズンセレクト」についても、店舗ブランドを「マックスバリュ」に転換されており、これにより、当社は既存店舗ブランドから「マックスバリュ」への統一を全て完了したこととなる。なお、「マツビシマート」を「マックスバリュ」に展開する際に誕生した独自の店舗ブランドである「マックスバリュEX」についても、順次、マックスバリュ関東などが展開している「マックスバリュエクスプレス」への屋号変更が進められ、2011年7月22日に「ザ・ビッグ浜松葵町店」への業態転換をもって「マックスバリュEX」の屋号も姿を消した。
さらに、2009年7月にイオンリテールが運営する「マックスバリュ」の内、静岡県の5店舗と愛知県豊橋市にある豊橋橋良店を譲り受ける契約を締結[2]。同年9月17日に先行で蒲原店・浜岡店・大須賀店の3店舗を、同年9月25日に磐田西貝塚店(旧・磐田店)・湖西店・豊橋橋良店の3店舗を譲り受け、当社運営の店舗としてオープンした。これにより、これまで運営会社が分かれていた静岡県と愛知県豊橋市の店舗はMV東海運営に統一した。
マックスバリュ東海では旧ヤオハンの流れで火曜だけでなく水曜も対象となる「火・水曜市」を実施している。
寿司製造販売部門のブランドは、旧ヤオハンの「大吉」をそのまま使っている。なお、旧ヤオハンがニューヨーク・マンハッタンで展開した寿司店「大吉」は現在も存在するが、マックスバリュ東海との関係は無くなっている。また、かつてヤオハンが販売したヤオハン商品券は、屋号が「ヤオハン」である店舗でのみ利用可能であったが、2011年2月19日ですべて「マックスバリュ」に統一されたため、清算は不可能となった。
WAON・Suica・iD・QUICPay・イオンギフトカードについては、全店舗で利用できるようになった。なお、Suicaとの電子マネー相互利用により、PASMO・Kitaca・ICOCA・TOICA・SUGOCA・nimoca・はやかけんも利用可能。将来的には manacaも相互利用できるようになる予定。

店舗一覧

マックスバリュ

イオングループが国内及び海外で展開する、食品中心のスーパーマーケット。当社が運営する「マックスバリュ」は静岡県・神奈川県・山梨県・愛知県の4県に出店している。
なお、神奈川県は津田山店のみマックスバリュ関東が運営する。また、愛知県では3つの運営会社が混在しており、大府市(大府店)、刈谷市(刈谷店)、名古屋市の一部(有松駅前店、太閤店、千種若宮大通店、徳川明倫店)はマックスバリュ中京が、名古屋市(一部を除く)・小牧市(小牧堀の内店)・扶桑町(扶桑店)はマックスバリュ中部がそれぞれ運営している。
当社では以前から豊橋市でイオンリテール(当時)と混在する状況となり、サービス内容の違いで混乱になっていたが、WAON等の電子マネーはサービス内容統一直前になり、豊橋南店でも利用可能となっていた。その後、イオンリテールから豊橋橋良店を譲り受けたことで、豊橋南店と豊橋橋良店は当社が提供するサービス内容に統一された。あわせて、静岡県内においても、一部の店舗がイオンリテールの運営になっていたが、こちらも譲受によりサービス内容が統一された。
また、当社が運営する店舗は新規に開業した店舗、イオンリテールから譲り受けた店舗だけでなく、当社の前身であるヤオハン・ジャパン時代から営業していた「ヤオハン」からの転換店舗(2010年までは改装等のタイミングで転換、2011年1月~2月は屋号変更)、子会社化した店舗ブランド(ジョイフル東海・マツビシマート・シーズンセレクト)からの転換店舗に大別される。
なお、石和店は総合スーパーのイオン石和店(旧:石和サティ)1階の食品売り場として出店している、特殊な出店形態である。

マックスバリュエクスプレス

「マックスバリュエクスプレス」は"シンプル&フレッシュ よいものを、手軽に"をコンセプトに展開する都市型小規模店舗業態。
この店舗ブランドはもともと2009年3月にイオンリテール(現・マックスバリュ関東)が立ち上げたもので、当社は「ヤオハン」から「マックスバリュ」への屋号変更に際し、旧「ヤオハン沼津店」から屋号変更したエクスプレス沼津原町西店の開業により事業を開始し、「ヤオハン」として営業していた3店舗を順次追加。さらに、既存の「マックスバリュ」3店舗も追加された。
また、これまで当社が独自業態として展開していた「マックスバリュEX」15店舗のうち、12店舗が「マックスバリュエクスプレス」に屋号変更され、さらに、2011年6月に店舗建替により新規開業した大仁店も「マックスバリュエクスプレス」となった為、最終的に当社が運営する店舗は20店舗に拡大し、マックスバリュ運営会社の中でも最多の店舗数となった。同年10月に清水町徳倉店が開業したため、現在は21店舗となっている。
なお、神奈川県の木月住吉店は津田山店同様、マックスバリュ関東による運営である。

ザ・ビッグ

「買えば買うほど安さがわかる店」を目指して展開するディスカウントストア業態。
元々はマックスバリュ西日本が展開する独自業態だったが、2009年からイオンリテール(現・イオンビッグ)やほかのマックスバリュ運営会社が順次展開を開始し、全国展開になりつつある。当社では2011年5月にマックスバリュから業態転換した山梨中央店をオープンし、同業態に参入。同年7月には「マックスバリュEX」業態で唯一残っていた浜松葵町店が業態転換され、静岡県に進出した。その後、同年9月以降、1ヶ月に1店舗のペースで既存の「マックスバリュ」からの業態転換により4店舗(湖西店・蒲原店・櫛形店・白根店)が順次開業され、現在は山梨県と静岡県に計6店舗を展開している。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012/3/26現在



マックスバリュ東海株主優待券の買取の注意事項

■マックスバリュ東海株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびマックスバリュ東海株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■マックスバリュ東海株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はマックスバリュ東海株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のマックスバリュ東海株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ