マックスバリュの株主優待券を高価買取します。

マックスバリュ株主優待券買取表

マックスバリュ中部 (100円)


マックスバリュ中部株主優待券買取表

(2012年3月26日現在のデザイン)


マックスバリュ中部株式会社

マックスバリュ中部株式会社(マックスバリュちゅうぶ、Maxvalu Chubu Co., Ltd. )は、三重県、愛知県、岐阜県、滋賀県に店舗を持つイオングループのスーパーマーケットである。本社は三重県松阪市。三重県最大のスーパーマーケットチェーンである。

概要

1947年(昭和22年)に三重県松阪市で開業した個人事業の青果店「八百久」と、1958年(昭和33年)に三重県津市で創業したスーパーマーケット「主婦の店」、および1961年に創業した「八百為商店」を源流とする。各社の法人化・営業譲渡・改名を経て、1999年(平成11年)に「フレックス(八百久改め)」「アコレ(主婦の店改め)」「中部ウエルマート(八百為商店改め)」の三社が合併し「フレックスアコレ」となった後、2002年(平成14年)にイオンによる株式公開買い付け (TOB) によってイオングループ入りし(ただしそれ以前からイオンとの営業上のつながりはあった)、中部地域におけるマックスバリュ運営店舗となって現在に至る。
2007年には、協同組合ナフコチェーンの有力な一社であったものの経営難に陥っていた「ナフコはせ川」を買収し「マックスバリュ名古屋」とした後に吸収合併し愛知県名古屋市内の同社の店舗を引き継いでいる。
このような複雑な経緯をたどっているため、イオングループ他社では見られない独自の店舗ブランド、顧客サービスを展開しているのが特徴でもある。
なお、イオンの前身である岡田屋は三重県四日市市で創業しているが、岡田屋と合併前の各社の間に直接的なつながりはない。また、イオンリテールが2008年9月にディスカウント業態実験店としてオープンした「アコレ」もマックスバリュ中部の前身の「アコレ」とは名称が一致しているだけで関係はない。

独自のサービス

マックスバリュ中部運営のマックスバリュとミセススマートにおいては、精算の際に提示し現金で支払うと、200円(税込)につき1ポイントが加算され(ナイスキッズデー及びお客さま感謝デーの5%引き併用不可。)、500ポイントになった時点で、特典として500円の「お買物割引券」が発行される。中学生以上(18歳未満は保護者同意書が必要。)であれば入会可能で、カード発行手数料は100円。但し、最終ポイント付加日から3年経過するとポイントが失効し、さらに2年経過するとカードそのものが失効する。これはマックスバリュ中部限定のポイントカードであり、店舗の外見だけでは運営法人が分からないため、特にマックスバリュ中京、マックスバリュ東海を含めた3社が混在している愛知県では注意が必要である(マックスバリュ中京が運営するマックスバリュの愛知県内の一部店舗や光洋が運営する滋賀県内のマックスバリュ膳所店などでは、このポイントカードが使えない旨がレジ前に掲示されている)。
なお、マックスバリュ中部運営の店舗では、このポイントカードを展開するため、イオングループ共通のPOSシステムの導入が遅れた(一般の汎用型POSシステムが導入されていた)。しかし現在は導入している。
電子マネーWAONに関しては2009年12月1日より全店で導入したが、ポイントカードについてはマックスバリュとミセススマートでは継続している。ポイントカードとWAONポイント又はマイルの同時付与はできない。(その他の電子マネーやクレジットカードとの併用も不可。) なお、iDやQUICPayやSuicaかICOCA並びにそれらと相互利用できる交通系電子マネーやイオンギフトカードの利用は現在全店で利用可能。
また、イオングループで謳っている「お客さまへ5つのお約束」は、マックスバリュ中部では謳っていないため「ご満足いただけない場合はいつでもお取替えご返金」など、応じてもらえないことがある。
レジ袋がほとんどの店舗ではすでに有料で辞退者特典は有料化実施店では行っていない。

店舗ブランド

イオングループが国内及び海外で展開する、食品中心のスーパーマーケット(SM)、並びにスーパー・スーパーマーケット(SSM)。 マックスバリュは運営会社の営業エリア分けが不明確でサービス内容にも相違があるため混乱が生じている地域も多い。特に当社は三重県を除き、他の運営会社と営業エリアが重なっている。愛知県では当社が運営する店舗のほかに、マックスバリュ中京、マックスバリュ東海が運営する店舗が混在する状況になっている[3]。特に、名古屋市内は中村区と東区と千種区にて、当社とマックスバリュ中京が運営する店舗が競合している。 電子マネーWAONへのチャージ機能を備えたイオン銀行ATMが設置されている店舗が多い。また、東京スター銀行の店舗外ATM(小型機種)が設置されている店舗もある。 イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン(毎月11日に精算額の1%が地域団体に寄贈)を実施していない店舗が多い。 店舗により 「フレックス」「アコレ」「バリューセンター」「ウエルマート」からの業態転換店舗、「ナフコ」から業態転換後にマックスバリュ名古屋から継承した店舗が存在する。後者は「ナフコ」と表示されていた上に「マックスバリュ」の看板やシールを被せただけの簡易的な修繕が目立つ店舗が多い。またナフコはせ川が販売したナフコ商品券での精算は不可能。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012/3/26現在



マックスバリュ中部株主優待券の買取の注意事項

■マックスバリュ中部株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびマックスバリュ中部株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■マックスバリュ中部株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はマックスバリュ中部株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のマックスバリュ中部株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ