マキヤ の株主優待券を高価買取します。

マキヤ 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - スーパー 買取価格
マキヤ 株主優待券
マキヤ (200円×30枚)1冊 詳細はこちら

マキヤ 株主優待券 ※参考


マキヤ 株主優待券 画像

(2011年12月27日現在のデザイン)


マキヤ

株式会社マキヤは、静岡県富士市に本社を持つ小売企業。エスポット・ひのや・POTATOを経営。静岡県、山梨県で業務スーパーをフランチャイジーとして展開。


沿革

  • ・1800年(寛政12年)頃 - 創業。
  • ・1895年(明治28年)6月 - まきや金物店始める。
  • ・1953年(昭和28年)8月 - 有限会社マキヤ金物店設立。
  • ・1963年(昭和38年)4月 - 社名を有限会社マキヤに変更。
  • ・1972年(昭和47年)6月 - 株式会社マキヤに改組。
  • ・1980年(昭和55年)2月 - マキヤ吉原店(吉原商店街に所在していた)を吉原ショッピングセンター(富士市浅間本町1番)に移転するかたちで、初めてひのやとの共同店舗としてオープン。(現在は建て替えられて2店とも撤退)
  • ・1990年(平成2年)
    • ・10月 - 株式を店頭登録(現在のJASDAQ)。
    • ・11月21日 - マキヤ富士店(富士市本町10番24号)を富士市川成島に移転しエスポット1号店(新富士駅南店)をオープン。(ひのやとの共同店舗。2009年にひのや新富士店を吸収し、生鮮フードマーケットに改装)
  • ・1996年(平成8年)2月 - 前年11月に自己破産したミツヤ駿東店(同年11月再オープン)・静岡東店(同年4月再オープン)の2店舗跡地を取得。
  • ・2004年(平成16年)5月 - グループ共通ポイントカード(初代)発行開始。
  • ・2011年(平成23年)4月 - グループ共通ポイントカード(2代目)の移行予定。

マキヤグループポイントカード

2004年5月に発行開始。210円(消費税込み)1ポイント獲得(日・木曜日は2倍)。250ポイント獲得でマキヤグループ商品券1枚進呈。3枚で、1000円の買い物券として利用可能。2011年4月に新カードへ移行予定。


その他

かつては家電販売部門のヤベデンキを静岡県内各地に展開していたが、経営不振で相次いで閉店。2005年7月14日をもってヤマダ電機のフランチャイジーとなるため東海テックランドを設立(マキヤ80%・ヤマダ20%)。残った3店舗(湯河原・修善寺・伊東)をヤマダ電機として運営。それでも経営は回復せず2007年にマキヤ保有株をヤマダ電機に譲渡し、東海テックランドはヤマダ電機の連結子会社となったことで、マキヤは家電販売部門から撤退した。

現在、湯河原店がエスポット内にあり、伊東店・修善寺店には業務スーパーが隣接している。これは運営が同じマキヤであった頃の名残である。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/12/27現在 Copyleft(c)



マキヤ株主優待券の買取の注意事項

■マキヤ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびマキヤ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■マキヤ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はマキヤ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のマキヤ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ