いなげや の株主優待券を高価買取します。

いなげや 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - スーパー 買取価格
いなげや 株主優待券
いなげや (100円×100枚 1冊) 詳細はこちら

いなげや 株主優待券 ※参考


いなげや 株主優待券 画像

(2011年12月20日現在のデザイン)


いなげや

株式会社いなげやは、東京都立川市に本社を置き、関東地方南部を中心に店舗を展開するスーパーマーケット大手チェーン。イオン株式会社と業務提携をしている。


概要

東京府南多摩郡稲城村(現・東京都稲城市)の農家の子であった猿渡浪蔵が、甲武鉄道(現・中央本線)の立川駅前に移り住み、その周辺(府中、村山、東大和、国分寺)において大八車による塩干物の引き売りを始めた。

次第に商売が繁盛し、野菜なども売るようになったが、引き売りできる品数に限界を感じ、1900年(明治33年)立川の住居を店舗に改装して「稲毛屋」として開業したことが、同社の始まりである。

「稲毛屋」の名前は、創業者の出生地一帯を鎌倉時代に統治していた、地方豪族の稲毛三郎重成にあやかりつけられたものである。


店舗

次の地域に出店している。

  • ・東京・多摩 ‐ 48店舗(いなげや:35、ina21:13)
  • ・東京23区 ‐ 13店舗(いなげや:10、ina21:3)
  • ・埼玉 ‐ 31店舗(いなげや:30、bloomingbloomy:1)
  • ・千葉 ‐ 10店舗(いなげや)
  • ・神奈川 ‐ 24店舗(いなげや:22、ina21:1、bloomingbloomy:1)

(全店合計:126店舗(いなげや:107、ina21:17、bloomingbloomy:2)
かつて、台湾現地企業との合弁により台湾中部において「裕毛屋」として出店していたが、現在は資本提携が解消され、名称のみが残っている。


屋号

いなげやが使用している屋号は次の通り。

いなげや (Inageya)
・通常の屋号。現在、5ブロック全店中107店舗が使用している。
ina21
・練馬東大泉店(練馬区)、杉並桜上水店(杉並区)、武蔵野桜堤店(武蔵野市)など、東京・神奈川の17店舗がこの屋号を使用している。
blooming bloomy
・鴻巣駅前店(鴻巣市)、港北店(横浜市)、狭山市駅店(狭山市)の3店のみ、この屋号を使用している。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/12/20現在 Copyleft(c)



いなげや株主優待券の買取の注意事項

■いなげや株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびいなげや株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■いなげや株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はいなげや株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のいなげや株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ