平和堂 の株主優待券を高価買取します。

平和堂 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - スーパー 買取価格
平和堂 株主優待券
平和堂 (100円×50枚 1冊) 詳細はこちら
平和堂 (100円×100枚 1冊) 詳細はこちら

平和堂 株主優待券 ※参考


平和堂 株主優待券 画像

(2011年12月22日現在のデザイン)


平和堂

株式会社平和堂(へいわどう)は、滋賀県を拠点に近畿地方・北陸地方と東海地方を商圏とするスーパーマーケットチェーン。前身は1953年12月に開店した夏原商店で、1957年に「靴とカバンの店・平和堂」として創業[1]。1966年に衣料・雑貨・食品販売の総合スーパー(GMS)となる。日本流通産業(ニチリウ)の中核企業。


会社概要

滋賀県彦根市に本部ビルが所在する。社名は創業者の夏原平次郎(現名誉会長)が息子の夏原平和(現社長)の名前から付けたもの。

ドミナント戦略を特徴とし、滋賀県に71店舗、京都府に16店舗、大阪府に11店舗、兵庫県に2店舗、福井県に6店舗、石川県に5店舗、富山県に2店舗、岐阜県に11店舗、愛知県に11店舗を構える(2011年10月末現在。子会社店舗を含む)。通常のスーパーマーケット店舗のほか、大型店を「アル・プラザ(AL)」、小型店を「フレンドマート(FM)」または「スーパーフレンド(SM)」のブランドで展開している。

新規の大型店だけでなく、商店街組合と共同出店したり(堅田店の出店時に始められた出店方式で、「堅田方式」と呼ばれる)、他社が撤退した店舗(もしくは、閉店した書店などの建物も有効活用)に入居して再生させたり、マンションの1階に入居したりと、出店パターンが多様なのも特徴である。

本拠地の滋賀県においては、ユニーから得た地域ドミナント戦略を参考にし、「琵琶湖ネックレスチェーン構想」と称して駅前中心街から郊外地域まできめ細かく店舗展開している。また滋賀県内のケンタッキーフライドチキンやTSUTAYAなどは平和堂の子会社によってフランチャイズ運営されている。県内小売業界で圧倒的なシェアを誇り、県民生活に大きな影響力を有するが、近年はイオンモールなどの県内進出もあり、今後の動向が注目される。


店舗

一般店舗

滋賀県
・江頭店(近江八幡市)
・近江八幡店(近江八幡市) - 第7号店。2009年4月に大幅改装。
・篠原店(近江八幡市)
・石山店(大津市) - 第4号店。長浜店と非常に似たつくりの店舗。2005年に大幅改装。
・坂本店(大津市) - アルセ平和堂。滋賀県で唯一のマツヤデンキ(キャデン)が入っている。アル・プラザ型店舗。
・和邇店(大津市) - アルタ平和堂。
・信楽店(甲賀市)
・石部店(湖南市) - 2008年6月に改築。
・甲西店(湖南市) - 平和堂初の2階建て小型店舗。
・甲西中央店(湖南市)
・今津店(高島市)
・長浜店(長浜市) - 第3号店。
・平和堂湖東店(東近江市)
・平和堂大藪店(彦根市)
・彦根銀座店(彦根市) - 平和堂第1号店・創業の地。改装や増築を繰り返しているが、階段と屋上(現在は閉鎖)は創業当時の姿を留める。
・日夏店(彦根市)
・米原店(米原市)2008年3月に改築。
・守山店(守山市)
・栗東店(栗東市) - じぐざぐあべにゅー。
・木之本店(長浜市) - 滋賀県最北端の店舗。
・愛知川店(愛知郡愛荘町) - アモール。
・日野店(蒲生郡日野町)
・くさつ平和堂(草津市) - 第2号店。2000年に大幅改装。
・あどがわ店(高島市) - JR安曇川駅前にあった安曇川店(2010年4月16日閉店)が店舗の老朽化などの理由で新築移転し、国道161号高島バイパス沿いに2010年4月22日オープン。
京阪神
・小倉店(宇治市) - 京都府第1号店。2004年に全館改装。
・100BAN店(宇治市)
・真砂店(茨木市) - 大阪府第1号店。
東海
・ノースウエスト店(大垣市) - 旧ヤナゲンストアーノースウエスト店。2007年7月に改装オープンしたものの店舗内の一部にヤナゲンノースウエストの熊のマークが残る。
・寺内店(大垣市) - 旧ヤナゲンストアー寺内店。改築前は「店舗老朽化のため、営業が続けられません」との切実な張り紙があったという。2007年9月、旧ヤナゲンストアー寺内店の建物を改築してオープン。
・うぬま店(各務原市) - 旧ヤナゲンストアー(スーパーバリューハッピー)うぬま店。
・東海日野店(岐阜市) - 旧ヤナゲンストアー(スーパーバリューハッピー)日野店。
・穂積店(瑞穂市) - 旧ヤナゲンストアー(スーパーバリューハッピー)穂積店。
・高富店(山県市) - 旧タマコシ・SAMタカトミ。
・大野店(揖斐郡大野町) - 旧タマコシ・SAMオオノ。
・稲沢店(稲沢市) - 旧タマコシ稲沢店。
・祖父江店(稲沢市) - 旧タマコシ祖父江店。
・牛野店(一宮市) - 旧タマコシ牛野店。
・木曽川店(一宮市) - 旧タマコシ木曽川店。
・尾西店(一宮市) - 旧タマコシ尾西店。旧店舗はエレベーターなしの4階建であったが、改築で平屋に。
・江南店(江南市) - 旧タマコシ・SAMコウナン(通称SAMタマ)。
・扶桑店(丹羽郡扶桑町) - 旧タマコシ扶桑店。
・豊成店(名古屋市中川区)- 名古屋市内初店舗。
・なるぱーく店(名古屋市緑区)- 旧イトーヨーカドー鳴海店

フレンドマート

滋賀県
・スーパーフレンド大石店(大津市) - 現存するスーパーフレンド最後の店舗。
・フレンドマート八幡上田店(近江八幡市)
・フレンドマート・D武佐店(近江八幡市)
・フレンドマート石山寺辺店(大津市)
・フレンドマート唐崎店(大津市) - 開店当初は平和堂唐崎店だった。
・フレンドマート雄琴駅前店(大津市)
・フレンドマート膳所店(大津市)
・フレンドマート南郷店(大津市)
・フレンドマート追分店(草津市)
・フレンドマート上笠店(草津市) - 2007年までは平和堂上笠店だった。
・フレンドマート南草津店(草津市) - 2005年に平和堂老上店の建替え移転で誕生した店舗。
・フレンドマート菩提寺店(湖南市)
・フレンドマート浅井店(長浜市)
・フレンドマート長浜祇園店(長浜市) - 旧長浜ストアー。
・フレンドマート蒲生店(東近江市) - 2007年、平和堂蒲生店から変更。
・フレンドマート五個荘店(東近江市) - ホームセンターグッドマンの跡建物を使い開店。テナントとしてザ・ダイソーなども入居。
・フレンドマート能登川店(東近江市) - 2003年、JR能登川駅改築に伴って移転新築され、平和堂能登川店から変更。ツタヤなどが新たにテナントとして入居した。フレンドマート最大規模の店舗。2008年6月には平和堂初のセルフレジが導入された。
・フレンドマート稲枝店(彦根市) - 平和堂稲枝店から変更。
・フレンドマート彦根地蔵店(彦根市) - 2008年に閉店したフレンドマート原店の代替店舗。ドラッグユタカ併設。旧原店とは500m程度離れている。なお、旧原店の建物は現存。
・フレンドマート山東店(米原市)
・フレンドマート河西店(守山市)
・フレンドマート中主店(野洲市)
・フレンドマート・D大宝店(栗東市) - ネーブル大宝。4階建てだが、現在使用されているのは1階と2階のみ。平和堂大宝店から変更
・フレンドマート・D小柿店(栗東市)
・フレンドマート栗東御園店(栗東市)
・フレンドマート秦荘店(愛知郡愛荘町) -フレンドマートになる以前はスーパーフレンド秦荘店だったが、その後フレンドマートへ。建て替えのため閉店、移転し、跡地にはリカーマウンテン秦荘店が建っている。
・フレンドマート安土店(近江八幡市)
・フレンドマート湖北店(長浜市)
・フレンドマート志津東草津店(草津市) - ドラッグユタカ入居。
・フレンドマート守山水保店(守山市) - キリン堂入居。
・フレンドマートグリーンヒル青山店(大津市) - 2008年7月オープン。
・フレンドマート大津西の庄店(大津市) - 2010年5月21日オープン。
・フレンドタウンコウカ(甲賀市) - 2008年11月13日オープン。平和堂はフレンドマート業態で、メインテナントにケーヨーデイツーが出店。
・フレンドマート竜王店(蒲生郡竜王町)- 2011年2月6日オープン。
京阪神
・フレンドマート彩都店(茨木市)
・フレンドマート宇治店(宇治市) - ホームセンターコーナン宇治店1階に入居(他に上新電機やドラッグユタカ等も入居)。
・フレンドマート御蔵山店(宇治市)
・フレンドマート岸辺店(吹田市)
・フレンドマート高槻氷室店(高槻市)
・フレンドマート長岡京店(長岡京市) - JR長岡京駅前の商業公共施設、バンビオ長岡京1階に核テナントとして入居。
・フレンドマート東寝屋川店(寝屋川市)
・フレンドマートビバモール寝屋川店(寝屋川市)
・フレンドマート西淀川千舟店(大阪市西淀川区) - 2011年9月22日オープン。平和堂の大阪市内進出第1号店。
・フレンドマート・G 宇治市役所前店(宇治市) - 「フレンドマート・G」ブランド唯一の店舗。通常のフレンドマートよりも高級感を演出している。
・フレンドマート梅津店(京都市)
・フレンドマート木津川店(木津川市) - ガーデンモール木津川の1階に核テナントとして入居。
北陸
・フレンドマート開発店(福井市)-フレンドマートとしては初の北陸地区店舗。2010年11月25日オープン。

子会社店舗

エール

1921年創業の京都府舞鶴市のスーパーマーケット。1978年に平和堂子会社化。

  • ・エール東舞鶴店(舞鶴市)
  • ・エール峰山店(京丹後市)

ヤナゲン

1910年創業の岐阜県大垣市の百貨店。日本百貨店協会、ハイランドグループに加盟。2005年に食品部門の子会社・ヤナゲンストアーと共に平和堂子会社化。

  • ・大垣本店(大垣市)
  • ・FAL店(大垣市) - 家具・インテリア専門店。アル・プラザ鶴見2階。2011年7月、現在地に移転。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/12/22現在 Copyleft(c)



平和堂株主優待券の買取の注意事項

■平和堂株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および平和堂株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■平和堂株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は平和堂株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の平和堂株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ