フジ の株主優待券を高価買取します。

フジ 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - スーパー 買取価格
フジ 株主優待券
フジ (100円×20枚 1冊) 詳細はこちら
フジ (100円×50枚 1冊) 詳細はこちら

フジ 株主優待券 ※参考


フジ 株主優待券 画像

(2011年12月22日現在のデザイン)


フジ (チェーンストア)

株式会社フジ(英: Fuji Company, Limited)は、愛媛県をはじめとする四国4県および広島県・山口県に店舗を展開するスーパーマーケットチェーンである。愛媛県松山市に本部を置く。東証一部上場(証券コード8278)。


概要

1967年(昭和42年)9月、広島市の繊維卸売業の十和(後のアスティ、事業者格はF&Aアクアホールディングス)の小売り部門として、全額出資で愛媛県松山市湊町に開店した。広島市の会社が、あえて愛媛県に出店した理由は、親会社の十和が広島を中心にして中国地方に約2,000店の取引先があり、中国地方で小売業を行った場合に不安と不振を与える可能性があったこと。また、十和の商圏外で比較的輸送に有利な場所として、あえて愛媛県への出店になった。

フジの中国地方への本格進出は1980年代以降で、その方針は1978年(昭和53年)に決定したが、大手スーパーの進出で経営不振になっていた福山のスーパー『くらや』の支援として、フジ・十和・くらや共同出資で『ニューくらや』を設立し運営するなど、親会社の問屋と小売業に進出しようとする微妙な立場での中国地方での営業も行っている。

2010年(平成22年)2月現在、複数の店舗ブランド名(後述)で93店舗(愛媛県46、広島県18、山口県10、高知県8、香川県8、徳島県5)を展開する。

なお、神奈川県、東京都のスーパーマーケットチェーン「フジ」は富士シティオによる運営であり、両者の間に資本関係等は全くない。


店舗形態

フジの展開する店舗には、複数のブランドが存在しており、別名の商業施設内に展開する店舗ブランドもあるため、構成がやや複雑になっている。店舗の詳細は公式サイトの店舗情報を参照のこと。

フジ (Fuji)
開業当初から展開する店舗形態。いわゆる総合スーパー (GMS) だが、現在は地域特性に合わせて「フジグラン」「パルティ・フジ」「ヴェスタ」へのリニューアルが行われるケースが多く、現在の店舗はいずれとも位置付けられない中規模店舗のみで、店舗数としては少数となっている。後述の「フジグラン」に近い業態のものと「パルティ・フジ」に近い業態のものが存在する。シンボルカラーは赤。ロゴマークは「Fuji」の文字の上に富士山を模したマークを配置したものが使用されている。
フジグラン (Fuji GRAND)
7万人から10万人規模の商圏を対象としたコミュニティ型ショッピングセンター (CSC)。直営テナントとして、食料品を扱う「グランヴェスタ」と衣料品・住環境商品を扱う「グランフジ」が入居する。シンボルカラーは青。シンボルマークはFとGを合成したような文字が使用されている。以下の店舗を展開している。
  • ・愛媛県 - 川之江・新居浜・西条・今治・松山・重信・大洲・北宇和島
  • ・高知県 - 野市・葛島・高知・四万十
  • ・香川県 - 十川・丸亀
  • ・徳島県 - 北島・石井・阿南
  • ・広島県 - 尾道・三原・東広島・緑井・安芸・高陽・広島・ナタリー・神辺
  • ・山口県 - 岩国・山口・宇部・小野田
店舗業態が類似する、広島県発祥であるイズミの展開する「ゆめタウン」などと激しい競合関係にある。
なお、より大規模なショッピングセンターであるエミフルMASAKI(愛媛県松前町)もフジグランの派生店舗の一つとされている。
パルティ・フジ (Palty Fuji)
2万人程度の近隣商圏を対象とした近隣型ショッピングセンター (NSC)。大半の店舗では、直営テナントとして後述の「ヴェスタ」と衣料品フロアの「ザ・カジュアル」が入居する。シンボルカラーは紫。
ヴェスタ (VESTA)
食料品をメインにしたスーパーマーケット。「フジ」「パルティ・フジ」のテナントの他、単独店舗としても出店している。シンボルカラーは赤。
ゼットワイ (ZY)
既存の不採算店舗を業態転換する形で展開を開始した、食料品・日用品メインのディスカウントストア。1号店として、2009年8月8日に「フジ高岡店」を「ZY高岡店」として開店させた。ブランド名の「ZY」とは、ゼッタイ (Z)、ヤスイ (Y) のゴロ合わせ。取扱い品目を従来の4割程度に絞込み、過剰なサービス(梱包や陳列、エフ・カードの取扱いなど)を廃止して、既存ブランドとは一線を引いている。シンボルカラーは赤。
ピーエフ
カジュアルファッションの専門店。香川県・徳島県・広島県のみで展開しており、創業地の愛媛県には存在しない。単独店舗が基本だが、パルティ・フジ庚午(広島市西区)では「ザ・カジュアル」の代わりにテナントとして入居している。

主な併設テナント

核テナント以外の主な併設テナントについて記す。

直営または系列会社運営
・バッハ書店/メディアシティバッハ(書店・セル及びレンタルビデオ/CD/DVD、TSUTAYAのフランチャイジー)
・どんと(ファミリーレストラン)
・じゃんじゃか(焼肉を中心としたファミリーレストラン)
・メディコ21(ドラッグストア) - フジ薬局部門が発祥。現レデイ薬局子会社。
・フィッタ(スポーツクラブ)
・フジトラベルサービス(旅行代理店)
・ミスタードーナツ - フジ系列のフジファミリーフーズにより運営
その他
・シネマコンプレックス(SCとの対応は次の通り)
  • ・フジグラン今治 - シネマサンシャイン今治
  • ・フジグラン重信 - シネマサンシャイン重信
  • ・パルティ・フジ衣山 - シネマサンシャイン衣山
  • ・エミフルMASAKI - シネマサンシャインエミフルMASAKI
  • ・フジグラン北島 - シネマサンシャイン北島
  • ・フジグラン東広島 - T・ジョイ東広島
  • ・フジグラン緑井 - TOHOシネマズ緑井
  • ・フジグラン神辺 - エーガル8シネマズ
  • ・フジグラン宇部 - シネマスクエア7
・マクドナルド
・カプリチョーザ など

このほか、英会話教室、理髪店や美容院も入居している店舗や、滞在型リゾート温泉(見奈良温泉 利楽)、アウトレットモールが併設されている店舗もある。

また、同ショッピングセンター周辺には大手家電量販店(コジマ・デオデオなど)等も並んでいる。中には重信や松前のように店舗内、あるいは駐車場敷地内に店舗を設営する場合も見られる。また、その影響か一部のグラン(松山・重信・松前・新居浜など)では家電売り場の極端な縮小(いわゆる白物家電やAV機器などは全くなく、電池や蛍光灯、プリンターインク等の消耗品やこたつやファンヒーター、扇風機と言ったその時々のシーズンもの、オーブンなどの小型調理家電程度しか置かないこともある)が見られるようになった。


グループ

主な併設テナントに記載されてないもの

  • ・フジセキュリティ(警備業・ビルメンテナンス)
  • ・フジデリカ・クオリティ(生鮮食料品加工)
  • ・大東青果(青果卸売業)
  • ・リブライト(保険代理店)
  • ・フォードフジ(フォード車・マツダオートザム車及び中古車の販売・サービス。オートザム/オートラマ販売網に加入)
  • ・レデイ薬局(ドラッグストア)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/12/22現在 Copyleft(c)



フジ株主優待券の買取の注意事項

■フジ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびフジ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■フジ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はフジ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のフジ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ