イオン・マックスバリュ の株主優待券を高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページスーパー 株主優待券 買取価格表 > イオン・マックスバリュ 株主優待券 買取表

イオン・マックスバリュ 株主優待券 買取表 画像

株主優待券 - スーパー 買取価格
イオン・マックスバリュ 株主優待券
イオン・マックスバリュ (100円×25枚 1冊) 詳細はこちら
イオン・マックスバリュ (100円×50枚 1冊) 詳細はこちら

イオン・マックスバリュ 株主優待券 ※参考


イオン・マックスバリュ 株主優待券 画像

(2011年12月20日現在のデザイン)


イオングループ

イオングループは、イオン株式会社(英称: AON Co., Ltd.、旧:ジャスコ株式会社)を純粋持株会社に、イオンリテール株式会社を中核に、国内外180余の企業で構成される大手流通企業グループ。

なお、各社の展開する店舗ブランドの詳細については「イオングループの商業ブランド」を参考のこと。


概要

環境活動を中心に、永続性への投資を行う企業姿勢をあらわすグループスローガンは「木を植えています - 私たちはイオンです」。加えて、2004年9月からは「singing笙ォAON(シンギング・イオン)」も使用されているが、こちらは基本的にイオン北海道・イオンリテール・イオン九州・イオン琉球(旧・琉球ジャスコ)のショッピングセンターと、一部のMaxValu運営法人などが使うブランドメッセージとなっている。

1989年にグループ名称を「ジャスコグループ」から「イオングループ」へ変更。その後2001年8月21日の社名変更を機に、イオン株式会社は同社グループの呼称についても単に「イオン」と制定している。ただし、本項目では、"説明に際してのあいまい性"を回避する目的から、グループに関しては「イオングループ」、社名に関しては「イオン株式会社」と表記する。

2008年8月20日までは、統括会社であり事業持株会社の「イオン株式会社」が、マイカル、マックスバリュ地域会社、イオンクレジットサービス等の議決権過半数を所有する主要子会社、タカキュー等持分法適用会社とともにグループを形成し、イオン株式会社を中心に求心力のあるグループ体制を目指していたが、イオン株式会社の歴史が旧ジャスコと他社とのゆるやかな連携(『連邦系経営』と称していた)で発展してきたことから、持分法適用関連会社群のみならず連結子会社群の中にもグループ入り前の独自色を残す企業が多く存在しており、これによって事業分野の重複が発生していた。 しかし、2008年8月21日、イオン株式会社を会社分割によりイオングループ本社機能(持株会社)と事業会社のイオンリテール株式会社などに分割したことにより、イオングループとしての結束力を高められることが予想される。

グループ草創期の旧ダイヤモンドシティ(現 イオンモール)の設立以来、ショッピングセンター開発を中心に三菱商事との関係が深く、近年の積極的な店舗展開を支えるために提携を強化しており、持ち株会社のイオンの筆頭株主となったり、店舗開発では日本リテールファンド投資法人等のJ-REIT不動産投資信託の活用も目立ってきている。

グループのプライベートブランドとして「トップバリュ」 (TOPVALU) を展開しており、連結子会社のみならず、持分法適用関連会社群を始めとした業務・資本提携先企業群でも同ブランドの商品が販売させており(従来の各社のプライベートブランドの一部を置き換えさせている場合もある)、これには丸紅と共同でイオンが事業再建に協力しているダイエーも含まれる。

なお、英会話学校を展開しているイーオン、化粧品会社のイオン化粧品、横浜岡田屋はイオングループの企業では無い(岡田屋は創業者がたまたま同姓で前身が同じ呉服屋だったというだけである)。


グループ企業

各社の展開する店舗ブランドの詳細については「イオングループの商業ブランド」を参考のこと。

純粋持株会社

  • ・イオン株式会社 - イオングループの企業を統括する純粋持株会社。従来イオン本体が行っていた小売事業は後述のイオンリテールへ継承された。

GMS(総合スーパー) 事業

この項目はホームセンター・百貨店を運営する企業が含まれる。店舗ブランドなどの詳細は各社の項を参照。

  • ・イオンリテール - 以前から「商号保全」を目的として法人が存在していたが、2008年8月21日実施の純粋持株会社制移行により、下記各社以外(従来からイオン本体)が運営していた全ての店舗を引き継いだ。設立当初は不採算店舗の整理が優先されていたが、2010年12月にイオンマルシェを、さらに、2011年3月にマイカルも吸収合併され、イオングループの中枢企業となった。
  • ・イオン北海道 - 北海道内のイオンとイオンスーパーセンターを運営。旧マイカル北海道から独立して商号変更したポスフールを前身とする。2007年8月21日にイオン株式会社の吸収分割により、同社の道内店舗を統合して社名変更。
  • ・イオン九州 - 沖縄県を除く九州地区のイオン、イオンスーパーセンター並びにホームワイド(ホームワイドのみ山口県にも展開)等を運営。元々は福岡ジャスコ(後の九州ジャスコ)だったが、九州内のジャスコ地域法人を段階的に統合した上で2003年9月にホームワイドと合併し現社名に、2007年8月にマイカル九州を吸収合併して現在に至る。
  • ・イオン琉球 - 沖縄県内のイオン、マックスバリュ、ザ ビッグ、ザ・ビッグエクスプレスを運営。2011年5月21日付けで琉球ジャスコ株式会社からイオン琉球株式会社へ社名変更。
  • ・トップバリュコレクション - 2010年3月設立。グループのGMSに出店する同名のカジュアル衣料専門店の運営を行う他、衣料品の企画・開発も行う。同年8月27日にジャスコ津田沼店とイオン幕張店内に2店舗同時オープンした。
  • ・サンデー - 八戸市を中心とした東北地区に展開するホームセンター。東北地区の一部のイオンスーパーセンターのホームセンター部門もまかなっている。
    • ・ジョイ - 山形県に展開するホームセンターで、サンデーの子会社。なお、北海道に展開する同じイオングループの食品スーパー「ジョイ」(運営はマックスバリュ北海道)とは別である。
  • ・ボンベルタ - 百貨店「ボンベルタ成田」を運営。
  • ・ダイエー - 丸紅傘下での経営再建の過程で、イオン株式会社と資本業務提携が行われた。後に筆頭株主となるが、丸紅グループ全体の所有株式は、イオン株式会社を上回っており、実質的筆頭株主は丸紅である。このため、イオン株式会社の持分法が適用される関連会社ではあるものの、イオングループ企業としては扱われていない。しかし、近年は、プライベートブランドのトップバリュの導入など、イオングループとの連携が進んでいる。

SM(スーパーマーケット)事業

店舗ブランドなどの詳細は各社の項やイオングループの商業ブランドを参照。

  • ・マックスバリュ北海道 - 北海道内のマックスバリュ、ジョイ、ザ・ビッグ等を運営。2008年4月にジョイを吸収合併。
  • ・マックスバリュ東北 - 東北地区(現時点では、秋田県・山形県・青森県)のマックスバリュ、ウエルマート、ザ・ビッグを運営。
  • ・マックスバリュ北東北 - 岩手県下にてマックスバリュを運営。
  • ・マックスバリュ南東北 - 宮城県、福島県、栃木県にてマックスバリュ、ザ・ビッグ、ザ・ビッグエクストラを運営。
  • ・マックスバリュ関東 - 千葉県、東京都、埼玉県、茨城県、神奈川県にてマックスバリュ、マックスバリュエクスプレスを運営。
  • ・マックスバリュ北陸 - 石川県、富山県、新潟県にてマックスバリュを運営。
  • ・マックスバリュ長野 - 長野県にてマックスバリュ、ザ・ビッグ、メガマートを運営。
  • ・マックスバリュ東海 - 静岡県を中心に東海地区のマックスバリュ、マックスバリュエクスプレス、ザ・ビッグを運営。前身はヤオハンジャパン(なお、ヤオハンの屋号はマックスバリュへの統一に伴い廃止となった)。
  • ・マックスバリュ中京 - 愛知県、岐阜県にてマックスバリュ、マックスバリュグランドを運営。
  • ・マックスバリュ中部 - 三重県を中心に中部地区のマックスバリュ、ザ・ビッグエクスプレス、ミセススマート、バリューセンターを運営。
  • ・光洋 - 大阪府・兵庫県で展開するスーパーマーケット。2007年12月17日に創業家一族所有の株が、イオン株式会社に譲渡・子会社化されたことにより、イオングループ入り。2008年7月21日にイオン株式会社(当時)直営の京阪神地区のマックスバリュを吸収分割形式によりイオン株式会社より継承。
  • ・マックスバリュ西日本 - 中国地区(山陽地方)を中心にマックスバリュ、マックスバリュグランド、ウエルマート、ザ・ビッグ等を運営。
  • ・マックスバリュ九州 - 沖縄県を除く九州地区のマックスバリュ、ザ・ビッグ、くらし館、ハロー、アーガス等を運営。前身は2001年に民事再生法を適用した寿屋のくらし館事業で、多くのくらし館がマックスバリュ方式の「MVくらし館」に転換した。現在は「マックスバリュ」のブランド名へ順次統一しようとしている。
  • ・マルエツ - かつての親会社ダイエーの経営再建の過程で、丸紅およびイオン株式会社と資本業務提携が行われた。イオン株式会社が筆頭株主、後に持分法が適用される関連会社になる。2002年にマイカルから食品スーパーのポロロッカを買収している。
  • ・いなげや - 東京西部地区中心に展開。イオン株式会社が筆頭株主。トップバリュを採用。
  • ・カスミ - 茨城県を中心に展開するスーパーマーケット。2003年にイオン株式会社の持分法が適用される関連会社となりグループ入り。
  • ・ベルク - 埼玉県を中心に展開するスーパーマーケット。資本業務提携によりイオン株式会社が筆頭株主となり、後に持分法が適用される関連会社になる(ベルク (企業)#イオンとの提携を参照のこと)。
  • ・イオンキミサワ - 神奈川県・静岡県で「キミサワ」、「ザ・コンボ」を展開。2010年8月にCFSコーポレーションのスーパーマーケット事業を継承し、事業を開始。
  • ・マルナカグループ - 四国を中心に展開する「マルナカ」、岡山を中心に中国近畿地方に展開する「山陽マルナカ」で形成。いずれも地場では有力企業。2011年11月にイオンが株式の約95%を取得しグループ入り。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2011/12/20現在 Copyleft(c)



イオン・マックスバリュ株主優待券の買取の注意事項

■イオン・マックスバリュ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびイオン・マックスバリュ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■イオン・マックスバリュ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はイオン・マックスバリュ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のイオン・マックスバリュ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ