ワンダーコーポレーション の株主優待券を高価買取します。

ワンダーコーポレーション株主優待券買取表

株主優待券 - 各種専門店 買取価格
各種専門店株主優待券
ワンダーコーポレーション 買物優待券 (500円券) 1枚 詳細はこちら

ワンダーコーポレーション


ワンダーコーポレーション

(2015/5/25現在)


ワンダーコーポレーション


1981年10月にカスミグループの家電部門として事業開始し、1988年3月に株式会社カスミ家電として分社化。
1990年代後半からは店舗の屋号を「カスミ家電」から「ワンダーステーション(Wonder STATION)」に変更する。さらにパソコン専門の「C-YOU」を「デジックスワンダー(DIGIX WONDER)」に改められた。
この時にはソフトに特化した「ワンダーグー(WonderGOO)」が新たに設けられている。
2000年にはJASDAQ上場を見添えて、現社名の株式会社ワンダーコーポレーションに変更した。
しかし家電量販店との競合には勝てず、わずか2年後の2002年に同業他社のケーズホールディングスと資本提携を結び、「ワンダーステーション」と「デジックスワンダー」を譲渡することになる。
また、カスミグループの書店部門だった株式会社ブックランドカスミを傘下におさめ、順次経営統合を進めた上2006年3月をもって吸収合併(簡易合併)、現在に至る。

「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とは業務提携関係にあり、提携後には合弁会社である株式会社TSUTAYAワンダーグーを設立。
「ワンダーグー」の店内に「TSUTAYA」が併設されるケースも多くなった。
2012年4月にはTSUTAYAの有力フランチャイジーの一社であるサンレジャー(2014年6月にケイ・コーポレーションを吸収合併しVidawayに商号変更)を子会社化したほか、
同年5月には元TSUTAYA社長の日下孝明を社長に迎えるなど、CCCとの関係は濃くなりつつある。
2013年2月には、大手CD・DVD・レコード・書籍販売会社の新星堂を連結子会社とした。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2015年5月25日現在 Copyleft(c)



ワンダーコーポレーション株主優待券の買取の注意事項

■ワンダーコーポレーション株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびワンダーコーポレーション株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ワンダーコーポレーション株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はワンダーコーポレーション株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のワンダーコーポレーション株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ