ツルハの株主優待券を高価買取します。

ツルハ株主優待券買取表

株主優待券 - 専門店 買取価格
専門店 株主優待券
ツルハ (500円券) 詳細はこちら
ツルハ (優待カード5%割引券) 詳細はこちら

ツルハ (500円券)


ツルハ (500円券)

(2011年5月25日現在のデザイン)


ツルハ (優待カード5%割引券)


ツルハ(優待カード5%割引券)

(2011年5月25日現在のデザイン)


ツルハ

株式会社ツルハは、ドラッグストア大手。北海道を中心に東北地方・首都圏にかけてツルハドラッグ・クスリのツルハなど930店舗(2010年11月15日現在)を展開する。

本社所在地は札幌市東区北24条東20-1-21。現在は、持株会社である株式会社ツルハホールディングスの100%子会社となっている。


店舗

ツルハの現在のドラッグストア店舗数は930に上る。北海道、東北、首都圏に主に展開している。

  • 北海道 302店舗(札幌市、旭川市、函館市をはじめ、ほとんどの都市で店舗数1位を誇り、道内店舗数2位のサッポロドラッグストアーに大きく差を付けている)
  • 東北 293店舗(企業単独の開発のほか、地元企業の買収による店舗も多い。秋田県、山形県、福島県では店舗数トップを誇る)
  • 関東 275店舗(リバースによるフランチャイズ店舗のほか、信陽堂薬局から譲渡された店舗などがある)
  • 甲信越 19店舗(数店舗はくすりの寺田から譲渡されたものだが、独自でも開発)
  • 中部・近畿 9店舗(スパークがフランチャイズで展開する8店舗に留まっている。一帯はスギ薬局、ジップドラッグ、スギヤマ薬品などが拠点を置いているため、開発は進んでいない)
  • 中国 32店舗
  • 四国・九州 店舗は存在せず。

会社概要

ツルハは早くから「2010年に1000店舗、売上高2000億円」を目標に掲げ、積極的な出店を行ってきた。

仕入れコスト削減による低価格販売、POSデータを用いた効果的な商品展開などによって消費者の支持を集めた。 また、同一地域内に多数の店舗を構える「ドミナント方式」によりその地域に同業他社が出店しても客を奪われにくくするなど道内では他チェーンや地元薬局を圧倒する存在となった。 これはホームセンターのホーマック、家具販売のニトリ、スーパーマーケットのラルズなどとともに、「北海道現象」(流通の各業態において、トップ企業がさらに売り上げを伸ばし「ひとり勝ち」する現象)の代表例とされた。

1995年以降に本州へ進出し、地元チェーンの子会社化や営業譲受によって店舗数を伸ばしていった。ツルハ本体としても、2008年7月31日に長野県に進出(ツルハドラッグ駒ヶ根店)するなど拡大している。

プライベートブランドは同社の主力商品であり種類が豊富にあり、またその売り上げもドラッグストア業界の中でもながらくトップを維持していることでも知られている。

しかし、業界最大手・マツモトキヨシの札幌進出、調剤薬局道内首位・アインファーマシーズによるドラッグストア展開など、その地位に安閑とはしていられないのも事実で、さらなる店舗網の拡大や、ハピコム(旧イオン・ウエルシア・ストアーズ)加盟による一層の仕入れコスト削減や「M's one」などのプライベートブランド開発なども進めている。 また最近では、薬事法改正によるOTC医薬品のコンビニエンスストアなどでの販売解禁に備え、薬剤師がいないと処方できない調剤薬局の併設店舗数を増やすことにも力を入れてい


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/5/25現在



ツルハ株主優待券の買取の注意事項

■ツルハ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびツルハ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ツルハ株主優待券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はツルハ株主優待券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のツルハ株主優待券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ