トイザらスの株主優待券を高価買取します。

トイザらス株主優待券買取表

株主優待券 - 専門店 買取価格
専門店 株主優待券
トイザらス (1,000円券) 詳細はこちら

トイザらス (1,000円券)


トイザらス株主優待券買取表

(2011年10月04日現在のデザイン)


トイザらス

トイザらス(Toys“R”Us) は、世界展開しているおもちゃ大型量販店のチェーンストアである。

正式な英語表記は「Toys“R”Us」である。ただし、ウェブ等では「Toys"R"Us」と書くこともある。看板などのロゴでは現在は「TOYSЯUS」だが、2007年のロゴ刷新までは「TOYS“Я”US」だった。

社名は日本語でも英語でもよく間違われ、「トイざラス」「Toysarus」などが多い。


略史

アメリカ・ワシントンで子供家具・洋品店を運営していたチャールズ・ラザラスが玩具専門コーナーを設けたことに始まる。社名はそのラザラスの名前とおもちゃを意味する英語・トーイから絡ませた。その後世界各地に店舗を誘致するようになる。2005年、米投資会社コールスバーグ・クラビス・ロバーツに買収された。


社名・ロゴ

社名は"Toys are us."(おもちゃのことなら私たちに)の意味。なお"We are toys"にしなかったのは、創業者の姓の「ラザラス(Lazarus)」(ユダヤ系)に発音が近かったからという俗説もある。

ロゴでは R の字が左右逆になっているが、これはアルファベットを習いたての子供が R を間違って Я のように左右逆に書いてしまうことがあるところにならったもの。

TOYS“Я”USと書かれたロゴは1977年に採用された。2000年(日本では2001年4月)には、“Я”の背景に青い星型(★)が描かれた「スターロゴ」が採用された。

2007年に採用された、現在も使われているロゴでは、星が無くなり、かわりに、Яの色が黄色から(以前の星の色だった)青になり、Яの穴の部分が星型になった。また、Яの前後のクォーテーションマークがなくなった。文字の大きさは、ほぼ同じだったのがばらばらになった(特にЯが大きい)。新ロゴへの切り替えは2007年10月から順次行われた。

日本では、日本法人設立に携わった藤田田が設立に際し、「R」だけを反転させた表記に倣って、「ら」だけをひらがなにした日本語表記を考案、命名した。2006年6月現在、日本トイザらスのウェブサイトなどでは、日本のトイザらスに対しては「ら」をひらがなで、アメリカのトイザラスに対しては「ラ」をカタカナで(トイザラス)表記している。


日本での展開

「日本トイザらス」は、日本マクドナルド設立に寄与した藤田田が1989年にアメリカ・トイザラス本部と提携して設立したフランチャイズチェーン。

1991年12月20日に茨城県稲敷郡阿見町に1号店(荒川沖店-2008年8月31日閉店)を開設。折りしも当時は日米経済摩擦の最中でもあり、大きな話題となった。2号店である奈良県橿原市の橿原店(池原観光ビル1階にテナントとして入居。現在は同市にあるイオンモール橿原アルル内に奈良橿原店として移設され閉店)に、開店日前日の1992年1月7日にアメリカ合衆国のジョージ・H・W・ブッシュ大統領が視察に訪れたことからもわかるように、トイザらスは非関税障壁打破の目玉的存在とみなされていた。当初、橿原店は1月4日開店の予定であったが、奈良県警などと協議の結果、警備のために開店が1月8日に延期された[2]。1992年3月31日に相模原店(神奈川県)、4月14日に新宮店(福岡県)と開店が続き、日米構造協議で注目された新潟店(新潟県)が開店したのは、さらに1年以上後となった。

以来全国各地に独立店舗、およびスーパー・百貨店・ショッピングセンターのテナントなどの形で出店し、2000年11月3日に100店舗目(としまえん店)が開店し当初からの目標であった「2000年度100店舗達成」を達成、2009年3月17日現在で150店舗を展開している。近年は赤ちゃん用おもちゃの専門店「ベビーザらス」(2008年10月30日現在トイザらスへの併設を含め37店舗)も展開している。関東や関西などの人口集中地域では、郊外や再開発地域に出店し、店舗面積を確保している。

日本トイザらスは、1994年より写真館チェーンのスタジオアリスと提携しており、多くの店舗でスタジオアリス店と店舗面積を同居している。

動画配信も行っており、公式サイトには「アワーズスタジオ」というコーナーがある。

2010年9月14日、日本トイザらスは納入業者への不当な値引きや返品の強要による独占禁止法違反の疑いで、本社や物流センターなど数カ所で公正取引委員会の立ち入り検査を受けた[3]。


日本国内の店舗

2011年8月現在、島根県・徳島県には店舗がない。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/10/04現在



トイザらス株主優待券の買取の注意事項

■トイザらス株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびトイザらス株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたトイザらス株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のトイザらス株主優待券をお売りいただける場合は各トイザらス株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■トイザらス株主優待券の各トイザらス株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各トイザらス株主優待券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネットトイザらス株主優待券買取価格と店頭トイザらス株主優待券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はトイザらス株主優待券の各トイザらス株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のトイザらス株主優待券の各トイザらス株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していないトイザらス株主優待券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からのトイザらス株主優待券買取は行っておりません。

ページトップへ