ピーシーデポの株主優待券を高価買取します。

ピーシーデポ株主優待券買取表

株主優待券 - 専門店 買取価格
専門店 株主優待券
ピーシーデポ 詳細はこちら

ピーシーデポ


ピーシーデポ株主優待券買取表

(2011年10月20日現在のデザイン)


ピーシーデポコーポレーション

株式会社ピーシーデポコーポレーション(PC DEPOT Corp.)は、神奈川県地盤の、パーソナルコンピュータなどを主に取り扱う家電量販店・パソコンショップである。ジャスダック上場。


概要

神奈川県および東京都を中心に、全国に65店舗(2010年12月3日現在)展開しているが、近年ではスクラップアンドビルドを繰り返している。直営店(44店舗)は関東甲信越地方へのドミナント戦略を徹底しており、他地域へはフランチャイズによる出店(21店舗)を行っている。

同業中堅のオーエー・システム・プラザとはかつて資本関係がありPCデポ傘下にあったが、2008年3月までに全株式を売却し、今後はPCデポの一フランチャイジーにとどまることとなった(ただし、フランチャイジーとしては最大手の10店舗を展開している)。他にはケーズホールディングスのフランチャイジーである北越ケーズ、ビッグ・エス、写真用品店チェーンのキタムラ、三菱電機系のエンジニアリングサービス会社である西菱電機とフランチャイジーの契約を結んでいる。

子会社のイージェーワークスを通じて、独立系インターネットサービスプロバイダの老舗「リムネット」の営業権を継承している。

代表取締役の野島隆久はノジマの代表執行役兼会長である野島廣司の実弟であるが、ノジマとPCデポの間に法人としての提携関係はない。ただし、野島隆久は野島廣司に次ぐノジマ第2位の大株主である。


沿革

  • ・1994年8月11日 - 株式会社ピーシーマーチャンダイズを相模原市に設立し、コンピュータ販売における調査・コンサルタント業務を開始。
  • ・1994年12月 - 新横浜店開店。
  • ・1995年 - POSシステム(販売時点情報管理)の本格駆動を開始。
  • ・1995年 - 株式会社ピーシーリテールと業務提携を締結。
  • ・1999年10月 - 株式会社ケーズデンキ(現・ケーズホールディングス)とPC DEPOTフランチャイズ契約を締結。
  • ・1999年10月29日 - 日本証券業協会に株式店頭登録(現在のジャスダック証券取引所)。
  • ・2000年4月 - イージェーワークス・ドットコム株式会社(現在の株式会社イージェーワークス)を設立。
  • ・2001年 - 株式会社インターネット・サービスパートナーズを設立。
  • ・2002年7月 - 株式会社ピーシーリテールの全株式を取得し、100%子会社化。
  • ・2004年4月 - PC DEPOTのオリジナルブランド「O'zzio」のパソコンを販売開始。
  • ・2008年10月 - 現在地へ本社移転。
  • ・2009年7月1日 - 株式会社ピーシーデポマックス(ミスターマックスのフランチャイジー)の全株式を取得し100%子会社化、社名を株式会社ピーシーデポ九州に変更、本社をピーシーデポ本社所在地へ移転。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2011/10/20現在



ピーシーデポ株主優待券の買取の注意事項

■ピーシーデポ株主優待券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびピーシーデポ株主優待券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたピーシーデポ株主優待券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のピーシーデポ株主優待券をお売りいただける場合は各ピーシーデポ株主優待券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ピーシーデポ株主優待券の各ピーシーデポ株主優待券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各ピーシーデポ株主優待券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネットピーシーデポ株主優待券買取価格と店頭ピーシーデポ株主優待券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はピーシーデポ株主優待券の各ピーシーデポ株主優待券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のピーシーデポ株主優待券の各ピーシーデポ株主優待券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していないピーシーデポ株主優待券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ